日本の温暖化対策が後退――環境保護団体が強い懸念

このエントリーをはてなブックマークに追加

政府は3月15日、2013年度以降の温暖化対策計画を定める「地球温暖化対策推進法(温対法)の一部を改正する法律案」を閣議決定した。これを受け、WWFジャパン(東京・港)と気候ネットワーク(東京・千代田)は、日本の温暖化対策が後退するとして、強い懸念を表明した。

■ 「基本法の制定」から「現行法の改正」に後退

ページ: 1 2 3 4

2013年3月16日(土)0:12

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑