西友、セカンドハーベスト・ジャパンのフードバンク活動への支援を拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加

■「社会貢献活動助成プログラム」について
「社会貢献活動助成プログラム」は、ウォルマート・ストアーズ・インクがグローバルで展開している社会貢献活動の方針に沿って、「女性の経済的自立支援」、「食品寄付活動」、「環境活動」、「その他地域固有の活動」の4つの分野で、社会的な課題の解決に向けて活動を行っている団体に対して、西友が助成金を提供するものです。

詳細については、西友ホームページ内「社会貢献活動への助成」ページをご覧ください。
http://www.seiyu.co.jp/company/sustainability/subsidy/

■セカンドハーベスト・ジャパンについて
セカンドハーベスト・ジャパンは日本で初めてフードバンク活動を始めた NPO 法人です。フードバンク活動とは、賞味期限内であるにもかかわらず、包装の不具合や賞味期限が迫っている、季節商品である、などの理由から、食品企業や量販店、輸入業者、卸業者、農家などが市場に流通できない食品を、食料を必要としている福祉施設や貧困者に配分する活動です。1967年に米国アリゾナ州で始まり、日本では2000年にセカンドハーベスト・ジャパンが活動を開始しました(2002年3月11日に法人化)。

日本で排出される食品廃棄物は年間約1800万トン(※注)に及び、食べられるのに捨てられてしまう、いわゆる「食品ロス」が約500-800万トン(※注)(コメの年間生産量とほぼ同量)発生しています。

提供者側にとっては廃棄コストを大幅に削減することができ、食糧問題と環境問題を解決する一助として注目されています。

セカンドハーベスト・ジャパンでは、東日本大震災後の3月13日以降、被災地に食料などの支援物資を運搬しており、2013年現在、東京からの被災地への往復回数は 150回を超えています(メーカ直送便は含まず)。

注1) 農林水産省2012年のデータより

【リリース発行元】
合同会社西友
〒115-0045 東京都北区赤羽二丁目1番1号
TEL: 03-3598-7000(代表)
URL: http://www.seiyu.co.jp

ページ: 1 2

2013年9月4日(水)17:43

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑