iPS細胞やロボットスーツ、最先端技術が一堂に

このエントリーをはてなブックマークに追加

最先端研究プロジェクト30件の5年間の成果が一堂に会する「FIRST EXPO2014」が2月28日と3月1日、ベルサール新宿グランド(東京・新宿)で開催される。国が1000億円を集中的に投資した「FIRST(最先端研究開発支援)プログラム」の集大成だ。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

全国565件から選ばれた30件には、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥博士(京都大学)の「iPS細胞再生医療応用プロジェクト」や、すでに介護現場で活躍しているロボットスーツHALを開発した山海嘉之博士(筑波大学)の「健康長寿社会を支える最先端人援技術開発プログラム」も含まれる。

各成果発表のほか、科学の祭典として多彩な企画がある。高校生・大学生向け「FIRSTサイエンスフォーラム」では、学生が山海博士や2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一博士(島津製作所)、新超電導物質を発見した細野秀雄博士(東京工業大学)と語り合える。

FIRSTプログラムは、「日本の中長期的な国際的競争力、底力の強化」を目的に内閣府が2009年に創設。30プロジェクトそれぞれの「中心研究者」に自由度の高い研究資金約15億~60億円が一任される前例のない制度だった。

「FIRST EXPO2014」への参加申し込みは公式サイトまで。入場は無料。

◆「FIRST EXPO2014」
http://first-pg.jp/

2014年2月25日(火)13:28

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑