スーパーのうなぎ、種の認識はいい加減

このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見するグリーンピース・ジャパンの花岡和佳男・海洋生態系問題担当。右は北里大学海洋生命科学部の吉永龍起講師

記者会見するグリーンピース・ジャパンの花岡和佳男・海洋生態系問題担当。右は北里大学海洋生命科学部の吉永龍起講師

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンが7月10日に、大手スーパー4社が種を誤認したままウナギを販売していたと発表した。同団体の独自調査と、第三者機関によるDNA分析によって判明したものだ。また、資源管理体制の強化を求め、水産庁に要望書を提出した。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

世界に19種いるウナギは、乱獲によって次々と絶滅に追い込まれている。ヨーロッパウナギは既にワシントン条約付属書Ⅱの対象種で、2009年以降は貿易許可のない輸出入が禁止されている。

グリーンピースは5、6月に、国内大手スーパーマーケット14社で店頭の輸入ウナギ商品を1、2サンプルずつ買い求め、DNAを検査した。その結果をアンケート調査と照合したところ、回答のあった12社のうちアークス、イズミ、マルエツ、ヨークベニマルが、ウナギの種を誤解したまま販売していた。

誤認があったのはヨーロッパウナギとアメリカウナギ。ウナギの遺伝子解析を別途実施してきた北里大学海洋生命科学部の吉永龍起講師は「ヨーロッパウナギ減少に伴い、アメリカウナギの混在例が増えた。種別の管理は浸透しておらず、同一パッケージでも複数種が混じっている場合がある」と話した。

2014年7月10日(木)17:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑