米インビスタ、環境に配慮したデニム生地を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
6つの段階を経て作られた繊維は、アパレル向けに開発されたものだ

6つの段階を経て作られた繊維は、アパレル向けに開発されたものだ

世界最大級の繊維総合企業のインビスタは、昨年、クールマックスエコメイドテクノロジーデニムを開発、2017年から量産を開始した。涼しく快適な着心地を保てるのが特徴のクールマックスを、デニムに採用した初めてのこの素材は、同社が行った1500人の男女を対象にした調査で、75%が求める素材だ。さらに原料の97%がリサイクル素材によって作られている点も注目したい。欧州と米国のデニム展示会「キングピンズ」で初公開された。(寺町 幸枝)

インビスタのグローバルデニムセグメントディレクター、ジーン・ヘジェダス(Jean Hegedus)氏は、「クールマックスエコメイド繊維は、これまで主に靴下に使用され、その他ニットや布帛のアクティブウエアでも採用されてきた。今回初めて「デニム」というジャンルへ使用を開始する」とコメントした。

2016年10月下旬と11月初旬に、アムステルダムとニューヨークで催されたデニムの展示会「キングピンズ」で、初披露されたのを受け、先述のヘジェダス氏は「バイヤーからの反応は上々」と話した。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年1月19日(木)22:12

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑