『べっぴん』のCSR

このエントリーをはてなブックマークに追加
~ ビジネスと社会課題解決を両立させ、『らしさ』で競争優位を創り出す!待望の戦略メソッド ~

~ ビジネスと社会課題解決を両立させ、『らしさ』で競争優位を創り出す!待望の戦略メソッド ~

CSRブランディング最前線 第9回

NHK朝ドラの「べっぴんさん」が人気放映中です。タイトルの『べっぴん』は、「美しい女性」を意味する「別嬪」だけでなく、 特別なものや本物 を示す『別品』の意味あいを合わせ持ちます。戦後から高度成長期、ヒロインが思いを込めて真摯に作り出していく子供服は、それを着せる母親や着る子供を、この上ない愛情で包み込みます。まさに、普通の品物とは違う、特別に良い『別品』です。

先進のCSRは、「事業戦略」に「時代の要請や期待」を組み込み、時代にふさわしいビジネスとして磨きをかけます。ただし、最終的に競争力となるのは、他社との『違い』を作ること、『ならでは』を発揮することです。「CSRブランディング」とは、ビジネスと社会課題解決を両立させ、『らしさ』で競争優位を創り出す戦略メソッドです。これこそが、『べっぴん(別品)』のCSRです。
「らしさ」を触媒に、競争優位を獲得する

年が明け、経営トップの年頭メッセージに接すると、持続的成長に向けて、時代の変化への対応や社会との関係を強めていこうという意識は一段と高まってきているようです。そうした経営姿勢が「企業価値・コーポレートブランド向上」に資するという考え方が拡まってきました。

先進のCSRは、従来からのビジネスに時代性を組み込み、時代を味方に付けながら、社会との価値共創のビジネスへと脱皮する重要戦略です。そして、その上で、「自社らしさ」が触媒になることで「差異化」が実現し、競争優位につながります。「CSRブランディング」のメインフレームの3つのリングの真ん中の「★(レッドスター)」がそのゾーンとなります。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年1月25日(水)22:45

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑