玄米和食が中心の保育園、味噌は園児の手作り

照井 敬子
NPO法人Liko-net 理事長
このエントリーをはてなブックマークに追加

作品HPより①先日、「いただきます みそをつくるこどもたち」というドキュメンタリー映画を鑑賞した。舞台は福岡県、高取保育園。0歳から5歳まで約200人の園児たちが在籍している。「知育、体育、徳育の根本に食の教育がある」という、西福江園長の信念のもと、30年以上続く玄米和食を中心とした保育が続けられ、県外からの視察が絶えないという。

食はいのちをつくる
「食育」という概念がなかった時代から独自の試行錯誤を重ね、その食育スタイルは全国に波及していった。ひとつの生命体を丸ごと食べる「一物全体」、土地柄と季節に合った食べ物をとる「身土不二」などの考えを基にした給食の献立は、玄米、味噌汁、納豆が中心。

味噌は園児たちの手作り。自分たちで配膳を済ませると「百回噛めよ」の歌を合唱し、食べ物に感謝して美味しそうに食事を頬張る。園庭や裏山を裸足で駆け回る。これが高取保育園の日常。その中で園長が語る言葉の一つひとつが、観ている私たちの胸に深く染みわたる。

作品HPより③『100回噛んでたべましょう』
高取保育園では、最初の1口めは、リーダーの号令に従ってみんなで100回噛む。そうするとよく噛む癖がつき、その食材の栄養を丸ごと身体取り込むことができるのだそう。そしてよく噛んで食べると自然におしゃべりなどせず、食べることに集中できる。

『空腹は最高の調味料』
こどもは風の子。野山を駆け回るのが本来の自然な姿。目いっぱい運動したこどもたちは食欲旺盛で、給食をほとんど残さない。自然の中を動き回り、自然の恵みを感謝して丸ごといただく。これが高取流の自然とのつきあい方、魂と肉体の育て方である。

『灰がたまったストーブでは、薪は燃えない』
出すことあっての食べること、こどもたちの立派なウンチの源は、納豆やお味噌汁などの発酵食品と玄米、皮ごといただく野菜たちです。おかげで、風邪ひとつひかない、アトピーもない丈夫な身体に育っている。

『昔はアトピーもアレルギーもなかった』
戦後流入した洋食により日本人の食が大きく変わり、今では日本人にとって和食は、数ある選択肢の中のひとつにすぎなくなってしまった。しかし、本来、日本人の消化器官は野菜や米を消化しやすく、肉や乳製品、小麦を消化するのは得意ではない。日本人の遺伝子は何百年もの間、和食に適した構造をしているのだ。

ページ: 1 2

照井 敬子
NPO法人Liko-net 理事長
一般社団法人ソーシャルユニバーシティ総合研究所主席研究員を併任。日本大学理工学部卒業。「健康」を人、社会、地球という領域で捉え、これらが繋がってこそ人は健康に生きることができる、との考えのもと、イベント、セミナー企画運営、執筆活動等を行う。

2017年2月9日(木)19:19

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑