北陸飛騨、三ツ星街道の旅

笹谷秀光
伊藤園 顧問
このエントリーをはてなブックマークに追加

■世界とつながる「クールジャパン」
フランスのアルザス地方と岐阜県のつながりは深い。2014年に「日本-アルザス友好150周年」事業の一環として、多くの経済協定が調印された。

その一つが、2014年11月に締結の白川村とアルザス地方のリクヴィール村の「友好関係推進宣言書」の調印である。これはアルザスと岐阜県との次のようなつながりの一環だ。

・岐阜県-オーラン県 経済・観光に関する協力覚書
・高山市-コルマール市 経済・観光協力協定書
・飛騨地酒ツーリズム協議会‐アルザスワイン街道 友好提携宣言

・一般財団法人バイオインダストリー協会とアルザスバイオバレー

このように、岐阜県、高山市、白川村という重層構造の関係構築である。

筆者にとってアルザス、特にコルマールは忘れられない。40年以上にもわたりミシュラン三ツ星に輝き続け、世界中の美食家たちを魅了してきた伝統あるレストラン、「オーベルジュ・ド・リル」(L’Auberge de L’ill)がある。アルザスのコルマールのそば、小さな村イルハーゼンに佇む旅籠屋(オーベルジュ)だ。筆者もフランス留学中の30年以上前に「わざわざ」行った。 

合掌造りの飲食店で食べた「すったて鍋」

■地元の良いものを掘り起こし伝統とつなぐ「クールジャパン」
白川村では、最近では食にも力を入れている。郷土の「すったて」という、石臼ですりつぶした大豆に、味噌や醤油をベースにした出汁から作られた、「白川郷平瀬温泉飛騨牛すったて鍋」は、白川村南部地域の有志で結成された『白川郷鍋食い隊』が鍋料理にアレンジした逸品だ。

埼玉県和光市商工会が毎年開催している、「鍋」をテーマにした料理グランプリ2014年大会では初出場初優勝、2015年大会では準優勝という好成績を残している。食べてみたらとても美味しかった。

「クールジャパン」とは、日本のいいものを発信していくことだ。クールジャパンの要素は、「相手をおもんぱかる」「クリエイティブ」「課題解決力」といった点だ。白川郷はその歴史、たたずまい、そして人々のおもてなしからクールジャパンそのものだと感じることができた。

ページ: 1 2 3

笹谷秀光
伊藤園 顧問
東京大学法学部卒。1977年農林省入省。2005年環境省大臣官房審議官、2006年農林水産省大臣官房審議官、2007年関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、2010-2014年取締役、2014-2018年常務執行役員、2018年5月より現職。著書『CSR新時代の競争戦略』日本評論社・2013年)、『協創力が稼ぐ時代』(ウィズワークス社・2015年)。『 経営に生かすSDGs講座』(環境新聞社・2018年)。 笹谷秀光公式サイトー発信型三方よし(https://csrsdg.com/)

2017年3月21日(火)21:35

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑