環境と豪華さを見事に両立――世界のエコホテル巡礼(2)「ソネバフシ」(モルディブ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

環境にストイックに取り組みながら、ラグジュアリーな雰囲気は決して失わない(写真:ソネバフシ)

日本でも高い人気を誇るリゾート地、モルディブ。そのラグジュアリー・リゾートの筆頭に挙げられるのが「ソネバフシ」だ。常に環境保護への高い目標を掲げ、豪華リゾートでは無理とされた対策を次々とクリア。ストイックと言われながらも、多くのソネバファンを魅了し続けている。客への啓発は当然、徹底した管理下にあるバックヤード施設にも驚かされる。

客に対峙するホテルマンとは別に、裏方として、島内のオーガニック畑やライフスタイルを管理するパーマカルチャリスト、スタッフの制服や客室のクッション、カーテンなど布類を担当する縫製技術者、ケミカルフリーのクリーニング技術者、海水の淡水化担当者、エネルギー関係の専門家、バイオロジスト、エコロジスト─と、常駐する専門家たちが揃っている。これがソネバがインテリジェント・リゾートと呼ばれる所以だ。

14年前の創業当初から始められた環境対策は継続中だが、日進月歩で進化するテクノロジーと共に対策方法も随時アップデート。スタッフ全員が環境教育を受けて作られたクラブ「SEE」(ソネバフシ・エンバイロメント・エクリブリウム)は、97年発足以来活動中だ。オーガニックレストラン内には素敵なエコ・トイレも完成した。(せきねきょうこ)

<エコなポイント>

1.滞在者に環境税(宿泊料の2%)を課税
2.木や植物を伐採せずに熱帯雨林内に移植
3.海水を淡水化し、飲料水に
4.エコセンター設置でゼロエミッションを目指す
5.首都マレの小学生に環境教育を実施

<Soneva Fushi Resort & Sixsenses Spa>
モルディブの首都マレから水上飛行機で約25分。1995年オープン以来、環境配慮型最高級クラスのリゾートとして世界から注目。施設には、スパ、レストラン、ショップ、ダイビングセンター、ライブラリィ、シャンペンバー、シネマパラディッソなど。www.sixsenses.com

執筆者プロフィール:
せきね・きょうこ フランスのアンジェ・カトリック西大学留学後、スイスの山岳リゾートで観光案内所に勤務。フリーの仏語通訳などを経て、ホテルジャーナリストに。

*本記事は、オルタナ20号(2010年8月号)から転載

2011年10月10日(月)13:04

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑