相島 淑美
相島 淑美
神戸学院大学経営学部准教授
CSR、SDGsについて日本文化・歴史、教育等の視点から研究しています。神戸学院大学では英語でSDGsを学ぶ授業を行い、学生の感性の鋭さに刺激を受ける毎日です。関西学院大学大学院ではマーケティング英語論文を読みとく授業を担当、とくにCSRとソーシャルマーケティングの講義に力を入れています。博士(先端マネジメント、関西学院大学)。上智大学英語学科卒、慶應義塾大学大学院(英文)修了。翻訳家としても活動(鈴木淑美名義)。元日本経済新聞記者。

2019/03/12

「オルタナ式英単語術」(8) bail,nix,nod

すっかり暖かくなりました。今月も最近メディアを賑わせた話題から始めましょう。 1) bail 保釈(金)。on bail で「保釈金を払って」となります。 Carlos Ghosn: Former Nissan Chai […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/02/14

「オルタナ式英単語術」(7) fuel,balk,soar

一年の計を立てて、はや1か月。決意が鈍らないよう、モチベーションを支えるもの、あなたの情熱の火を絶やさない燃料となるものは何ですか?――ということで、今月はこの単語から。 1) fuel 一般的な意味は「燃料」「刺激する […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/01/15

「オルタナ式英単語術」(6) vow,coax,thaw

皆さん、気持よく新年を迎えられたことと思います。この年末年始は「平成最後の」がキーワードでしたね。2019年に向けて、「今年の目標」を立てた人も多いでしょう。というわけで、1月は「誓う」からスタートです。 1) vow […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/12/17

「オルタナ式英単語術」(5) aka,stem,jolt

早いもので、今年もあと数週間。  「今年の新語・流行語」「今年の漢字」など、1年を締めくくるニュースを聞くと気ぜわしくなりますね。12月の英単語は「今年の人」のニュースから始めましょう。 1) aka aka=also […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/11/12

「オルタナ式英単語術」(4) dip,spat,feud

11月の「英単語」は、アメリカ中間選挙関連からです。 1) dip dipは野菜などの「ディップ」でおなじみですね。「ちょっと浸す」という意味合いですが、時事ニュースに登場するときは「(数字が)落ちる、下がる」という意味 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/10/15

「オルタナ式英単語術」(3) woo,loom,nip

10月はちょっとロマンチックな英単語から。といってもニュースで使われる単語です。 1) woo woo は「求める」。もともとは男性が女性に言い寄る、求婚する、という意味ですが、普通に「懇願する」という意味で使われます。 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/09/10

「オルタナ式英単語術」(2) era,mull,bias

9月から「オルタナ式英単語術」を担当することになりました相島淑美と申します。近々、オルタナ編集部内で「英会話スクール」を始める予定です。どうぞよろしくお願いいたします。 今回の単語はera, mull, biasです。e […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/08/15

「オルタナ式英単語術」(1) ail, spat, dip

グローバル経済が加速するなか、そして日本のあらゆるビジネスにおいて海外とのやりとりが当たり前になってきたなか、英語のニュースから情報収集することが今まで以上に重要になってきました。ところで、皆さんは下記の英単語をいくつご […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS

Page 2 of 212

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑