2019/08/02

スイス財団、再エネ船で世界一周し海洋プラごみ啓発

太陽光と風力、水素をエネルギー源にしたボートで世界の海を5年かけて就航し、各地で海洋プラスチックごみ問題の調査・啓発活動を進める取り組みがある。スイスのレース・フォー・ウォーター財団が進めるオデッセイプロジェクトだ。同財 […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/02

住友林業、2021年度までに持続可能な木材100%へ

住友林業は7月31日、2021年度までに持続可能な木材を100%にする3年のアクションプランを公表した。農地などへ転換するために天然林を伐採する「転換材」を調達対象から外すほか、合法性が確認されている場合でも自社の調達基 […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/02

IATA、航空機のCO2排出量抑制を各国政府に要請

国際航空運送協会(IATA)はこのほど開いた年次総会で、「カーボンオフセットと削減スキーム(CORSIA)」の実施を各国政府に求めることで合意した。CORSIAでは国際線の航空機によるCO2排出量を2020年以降も同年の […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/01

HISにバイオマス発電事業撤退求める署名提出

FoE Japanなど、気候変動や森林保全に取り組む国内外の環境NGOは7月30日、エイチ・アイ・エスに対して、同社が宮城県角田市で建設中のパーム油を燃料としたバイオマス発電所事業から撤退するよう求める署名を提出した。署 […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/01

ネスレの菓子包装、プラから紙へ:脱プラ世界で展開

ネスレ日本は1日、主力製品であるチョコレート菓子「キットカット」の大袋タイプ5品の外袋をプラスチックから紙に転換すると発表した。今年9月下旬出荷分から全量を切り替える。これにより近年、地球規模で問題となっている海洋プラス […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/01

ネオニコ、母親から胎児に移行:研究者が初の実証

獨協医科大学の市川剛医師らの研究グループはこのほど、食品に残留したネオニコチノイド系殺虫剤が母親から胎児に移行したとする論文を学術誌PLOS ONEに発表した。研究は低体重で生まれた極低出生体重児の出生直後の尿を測定して […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/01

シマフクロウの森と屋久島の杉を見て思ったこと

早いもので今年ももう8月を迎えました。私事で恐縮ですが、7月中旬、北海道と屋久島に行ってきました。北海道は浜中町を訪れました。釧路と根室の中ほどにあります。ここでNPO法人「シマフクロウ・エイド」は活動しています。(オル […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS

2019/07/31

オルタナワークス資料

オルタナワークスの資料はこちらからダウンロードできます。    ...続きを読む »

未分類

2019/07/30

CSR経営者フォーラム「グリーンな経団連」目指す

◆オルタナ本誌 連載「CSR経営者フォーラム」(57号)から 一般社団法人CSR経営者フォーラム(徳江倫明会長)は4月、都内で春の例会を開き、経営者など約60人が集まった。徳江会長は冒頭で「『グリーンな経団連』を目指した […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/29

「水素サプライチェーン」 神戸、川崎で実証へ

「水素エネルギー社会の実装」をテーマにした日経社会イノベーションフォーラムがこのほど開かれた。産官学14人の識者が登壇し、水素エネルギー社会の実現にむけて考えを述べた。神戸市や川崎市では、2020年から「水素サプライチェ […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/27

書評:なぜフランスで「#MeToo 」への反対が起きたのか

書評:『フランス人の性 なぜ「#MeToo」への反対が起きたのか』(光文社新書) 著者:プラド 夏樹 「キリスト教が『色気ある社会』を作った」「不倫は『いけないこと』ではない」「セックスレスは別れる理由」――。目次には、 […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/26

8/16 SDGsアウトサイドイン・ビジネスゲーム体験会

オルタナとオークジャパン、プロジェクトデザインは、SDGsアウトサイドイン・ビジネスゲームを開発しました。新たな事業を創造し、社会に価値を産み出すために必要な考え方(アウトサイド・イン)を体験を通じて学ぶことを目的とした […]...続きを読む »

EVENTS

2019/07/26

第15期CSR部員塾上期受講者用 CSR検定3級申込シート

第15期CSR部員塾上期全日程を受講された皆様 以下のシートに必要事項を記入し、kentei@alerna.co.jpまでお送りください、。 受付期間:8月28日(水)17:00まで (一般の申込期間と異なります。お間違 […]...続きを読む »

未分類

2019/07/26

住友林業など「五輪調達基準違反」NGOが告発

東京五輪の開催まで1年となる24日、環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(本部:米国、以下RAN)は、木材調達基準の問題を改めて告発する声明を発表した。RANは昨年11月、新国立競技場などの建設で調達基準 […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/25

環境省、「環境サステナブル企業」の評価軸公表

環境省はこのほど、「環境サステナブル企業」の評価軸を公表した。ESG(環境、社会、ガバナンス)情報を投資の指標にする機関投資家にとっては、投資先を選ぶ際の参考資料として活用できる。環境省は来年3月をめどに「環境サステナブ […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/24

緊急連載■バイオマス発電の限界と可能性(上)

■県が積極支援の前橋バイオマス発電、住民訴訟が結審 太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーは、石炭火力発電や原子力発電に代わる重要なエネルギー源だ。しかし、「バイオマス発電」をやみくもに進めることに […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/07/24

カルビー元社長提唱の「スマート・テロワール」とは

カルビー社長退任後、NPO法人「日本で最も美しい村連合」を立ち上げた故・松尾雅彦氏は、農村自給圏構想「スマート・テロワール」を提唱した。松尾氏は日本の食糧問題・農業問題への危機感から、地域資源を持続的に活用し、農村を元気 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/07/24

女性役員増やし競争力向上「30%クラブ」日本でも

企業トップがメンバーとなり、役員に占める女性割合を高めようと2010年に英国で始まった「30% Club(30%クラブ)」が、日本でも発足し活動を本格化させる。企業の意思決定に重要な役員の多様性を実現し、ガバナンス強化や […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/24

「eco検定アワード2019」、応募受付中

eco検定を主催する東京商工会議所は「eco検定アワード」を開催します。8月16日まで「eco検定アワード2019」の審査資料となる「活動報告書」を募集しています。今回の報告書から「活動に対するSDGsの目標」という項目 […]...続きを読む »

EVENTS

2019/07/20

参院選前にもう一度確認したい各党のマニフェスト

オルタナ編集部は、7月21日投開票の第25回参議院議員選挙に向けて、主要政党の公約(マニフェスト)や政策を比較した。 ▼マニフェスト一覧 政党名 スローガン 公約 自由民主党 日本の明日を切り拓く。 1. 力強い外交・防 […]...続きを読む »

NEWS 未分類

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑