原田勝広
原田勝広
オルタナ論説委員
日本経済新聞記者・編集委員として活躍。大企業の不正をスクープし、企業の社会的責任の重要性を訴えたことで日本新聞協会賞を受賞。明治学院大学教授に就任後の専門は国連、CSR, ESG・SDGs論。2018年より現職。著書は『CSR優良企業への挑戦』など多数。

2020/10/20

世代交代に悩む高齢のNPO代表

◆論説コラム NPOが世代交代に苦しんでいる。1998年に特定非営利活動促進法(NPO法)が施行されて20年余り。それ以前にボランティア団体だったところも含め、法の施行を機にNPO法人として立ち上がったところは多い。会社 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/09/23

原田勝広の視点焦点:コロナ禍で活躍光るNPO

今村久美さんをご存じですか。2001年にNPOカタリバを設立した社会起業家の第一世代です。高校生のキャリア教育でスタートした当初は時代の方が追い付かず、地味な印象でしたが、いまやカタリバの学習プログラムは全国の高校、大学 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS SPECIAL CONTENTS

2020/09/18

コロナ禍がもたらした「プラス」とは?

◆論説コラム 突然、日本と世界を襲ったコロナ(covid-19)は多くの災禍をもたらした。死者は大変な数に上り、医療機関も悲鳴をあげた。身近では飲食、ホテル、観光関連の企業やお店が客が激減し甚大な被害を受けた。というわけ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/08/26

原田勝広の視点焦点:地震に強い魔法のコーティング

東京・八重洲のオフィスというからどんなお洒落なオフィスかと思いきや、意外なことに、かなり古いビルの4階にAsterの本社はありました。社会課題にビジネス手法で挑戦している、今注目の社会的企業と聞いていたので、いささか拍子 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/08/13

「日本初のワイン」は福岡?(下)

◆論説コラム ■「日本初のワインは福岡」説を教本に加筆 日本最古のワイン史料は江戸初期の福岡である、という後藤典子氏の衝撃的な内容の論文「小倉藩細川家の葡萄酒造りとその背景」はメディアでも取り上げられ話題を呼んだ。日本ワ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/07/27

「日本初のワイン」は福岡?(中)

◆論説コラム ■熊本大学論文の衝撃 日本ソムリエ協会の教本に、「日本初のワインは福岡」説が加筆されたのは、熊本大学永青文庫研究センターの紀要「永青文庫研究」創刊号(2018年3月)に載った後藤典子特別研究員の「小倉藩細川 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/07/22

原田勝広の視点焦点:社会起業家の現在地

一時、時代のトレンドだった「社会起業家」という言葉を聞かなくなって久しい。町田洋次著「社会起業家」が世に出たのが2000年、渡邊奈々著「チェンジメーカー」の出版が2005年です。 当時、マザーハウスの山口絵理子、フローレ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/07/16

「日本初のワイン」は福岡?(上)

◆論説コラム ■日本初のワインはどこか 歴史の前では謙虚でありたいものである。まして、歴史は歪めてはならないと思うが、これが簡単ではない。今回はおしゃれを決め込んで、ワインの歴史について考えてみたい。1973年の「ワイン […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/06/24

原田勝広の視点焦点:「青い地球」を守る賞

地球サミットを知っている人も少なくなったかもしれません。1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された国連環境開発会議のことです。 30年近く前になりますが、私は当時、現地で取材したのでよく覚えています。キューバのカ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/06/12

今、ミラーワールドへのとば口で考える

◆論説コラム いささか旧聞に属するので恐縮だが、この春、国連の194番目の加盟国として「ミラーワールド」が承認されたという話をご存じだろうか。ミラーワールドというのはAR(オーグメンテッド・リアリティ)、つまり拡張現実が […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/05/27

原田勝広の視点焦点:コロナ禍で国連外交の再構築を

国連の世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の辞任を求める署名が世界で100万人に達しています。中国寄りだというのが理由です。批判の急先鋒は米国のトランプ大統領で「WHOは中国の誤った情報を押し付け、人と人の間では感染 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/05/14

「お金」の力を生かすインパクト投資が急増

コロナ騒動でこれまで指摘されながら注目されていなかった様々な社会的課題が日本でも浮き彫りになっている。地域医療体制の脆弱性だったり、貧困格差、シングルマザーの生きづらさなど枚挙にいとまがない。そんな中、コロナ禍以前から、 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/04/22

視点焦点:公益法人制度の欠陥、コロナで浮き彫りに

世の混乱が時に隠れた問題を顕在化させることはよくあることです。コロナ禍の拡大でレストラン、ホテルなど多くの業種の経営に影響がでていますが、普段、私たちの心を癒してくれる芸術文化関係の団体も非常事態に陥っています。特に公益 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/04/11

新型コロナ、横浜でNPOが飲食店応援のサイト

■論説コラム 横浜のNPO法人、横浜コミュニティデザイン・ラボは来週、運営するICTプラットフォーム「ローカルグッド・ヨコハマ」のウェブ上に、コロナ禍拡大で被害を受けている飲食店や中小企業を支えるウェブサイトを立ち上げる […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/03/25

原田勝広の視点焦点:ロボットは家庭から介護へ

神奈川県藤沢市にある特別養護老人ホームをAIロボットが訪ね、実証実験をするのを取材しました。AIベンチャーのハタプロが開発したフクロウ型家庭用見守りロボットZUKKU(ズック)という身長10センチの手のひらサイズ。昨年、 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/03/13

論説コラムー郡山に新産業、「おらげのワイン」

東北新幹線の福島・郡山駅から車で猪苗代湖方面へ向かい30分。磐梯山から吹きおろす風がまだ肌寒い山裾にふくしま逢瀬ワイナリーがある。東日本大震災を機に興した新産業である。 震災直後、100億円(2015年に35億円追加拠出 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/02/26

原田勝広の視点焦点:脱「お笑い」被災地で奮闘9年

東日本大震災から間もなく9年を迎えます。当時、明治学院大学教授で大学のボランティアセンターのセンター長をしていた私も直後の4月4日には学生とともに現地に入り支援活動を行いました。被災地は多くのものを失いました。それはかけ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/02/14

論説コラムー石巻発の「地域で支え合うカーシェア」

「3・11」が今年も間もなくやって来る。あれから9年。家はもちろん、親や子、思い出までも津波に奪い取られた被災地は今なお復興途上にある。彼の地はすべてを失い、夢も希望もないのか。そんなはずはない、きっと何か残っているはず […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/01/20

論説コラムー障がい者雇用に求められる発想の転換

障がい者雇用促進法による企業の障害者雇用が曲がり角に来ている。SDGsやパラリンピック人気という追い風もあって社会の理解が進み、障がい者雇用数は2018年度実績でみると、対前年比で7.9%増の534、769人、実雇用率も […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/12/25

原田勝広の視点焦点:中村哲医師はなぜ死んだのか?

アフガニスタンでNGO(非政府組織)、ペシャワール会(福岡)現地代表の中村哲医師が12月初め、何者かに銃撃され死亡してからしばらく経ちましたが、いまだに割り切れなさを感じています。アフガンのためにあれだけ尽くした人がなぜ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS SPECIAL CONTENTS

Page 1 of 3123

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑