希代 準郎
作家
日常に潜む闇と、そこに展開する不安と共感の異境の世界を独自の文体で表現しているショートショートの新たな 担い手。この短編小説の連載では、現代の様々な社会的課題に着目、そこに関わる群像を通して生きる意味、生と死を考える。

2020/05/05

ホームレス歌人は何者か (希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(41)  「この記事、なかなか読ませるじゃないか、大輔。部屋の広さは3畳しかないのか。狭いなあ」  横浜の「ドヤ街」と呼ばれる日雇い労働者の簡易宿泊所ルポを朝刊用に書いた […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/04/06

引きこもり、不登校に負けない「恩送り」(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(40)  子供たちを連れて丘に登る。秋の澄んだ夕陽を受けて青磁色の海が白いレースをひらめかせている。真砂卓也は埠頭に係留してあるヨットを見下ろす。五隻ほどが白い船腹を見せ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/04/05

引きこもり、不登校に負けない「恩送り」(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(40)  子供たちを連れて丘に登る。秋の澄んだ夕陽を受けて青磁色の海が白いレースをひらめかせている。真砂卓也は埠頭に係留してあるヨットを見下ろす。五隻ほどが白い船腹を見せ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/03/03

ひな祭り、風の歌(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(39)  津波に押しつぶされた夕闇の原野にぽつんと黒い棺桶が屹立している。酔い覚ましがてら歩いて帰ろうとしたのはいいが、気まぐれに足を踏み入れた山側で道を見失った。崖ばか […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/02/05

振袖を着るって大人になること?(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(38)  時計の針は午前零時を回っている。三畳一間の古ぼけたアパートの窓から外をうかがうと街灯の下で冷たい雨が風にあおられ湿った曲線を描いている。向こうに見える隣りの公園 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/01/04

みそひともじの遺書(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(37)  思うところがあって少しばかり前に会社をに辞めていたので、桜の季節に霧子が亡くなっていたことを知らなかった。会社の元の同僚は誰も教えてくれなかった。訃報に接して頭 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/12/06

アラスカから気候戦士に名乗り(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(36) 「父さん、どうして皆、この島を出ていくのかなあ。僕はいやだな」  さらさらと澄んだ水が小石の上を走るのに目をやりながらウルヴァが尋ねた。気まずい沈黙を釣り糸の緊張 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/11/09

ナシールウッディンの「指輪はどこ?」(希代準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(35)  智彦がバングラデシュのNGOで働くことになったのはいくつかの偶然が重なったからである。  津波で父と母そして妹が家ごと流された。避難生活、ガレキ撤去、葬儀。壊れ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/04

青いバラ、奇跡の予感:希代 準郎

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(34)  カトリック教会の静寂な空間を一歩外に出るとホームレスがスープキッチンに列をつくっている。垢にまみれよだれを垂らした麻薬患者とおぼしき姿もある。あふれんばかりの陽 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/09/03

沖縄の美味しい豚には訳がある(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(33)  もう一年も前のことになる。冬の冷え込みのきつい夕暮れだった。みぞれまじりの雨が舞っていた。「校長、きょうは珍しく雪になるらしいので早めに帰った方がいいですよ」凍 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/07/29

犬神の怨霊(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(32)  山奥深く、湿った熱を帯びた杉林がこんもりと茂る急な山道を月あかりに照らされながら犬の群れが山里に向かって駆け下っていた。舌を出し牙をむいた表情は何かに憑かれたか […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/07/04

「ゲバラの旅」の重さ:希代準郎

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(31)  古いビルが軒を連ねるオールドハバナの街を歩くとタイムスリップしたような錯覚に陥る。キューバ革命前のクラシックカーが通りを走っている。シボレー、ビュイックといった […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/06/03

復興支援、「大学一番乗り」の舞台裏(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(30) 「ボランティアセンター(ボラセン)のセンター長を引き受けてほしい。新聞社に勤務していたあなたのような人が必要なんです」。そんな電話が赴任予定の大学の学長から真砂圭 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/04/27

うちのニャンコは名通訳:希代準郎

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(29)  大学の授業までに間があったので、サーモン味のキャットフードを駅ビルで買おうと緑の窓口の前を通りかかった時だった。黄金週間の切符を求める長い列、その奥で突然怒鳴り声 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/04/05

原宿の炊き出しとフクシマの女:希代準郎

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(28)   山崎慎也はようやく目的地の原宿の教会を見つけ旅の終わりにホッと息をついた。きのうの午後、ワゴン車で雪の降りしきる新潟を出発、徹夜でハンドルを握ってきた。荷台には […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/03/10

僕はこうして被災地の市会議員になった:希代 準郎

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(27)   ル、ル、ルと鳴り始めた瞬間、電話をガバッとひったくった春ばあさんが、「おー、そうか、そうか」と大仰にうなずきながら幸山翔真を振り返った。「最初の開票分でトップに […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/02/08

先生は南米のセニョリータ: 希代 準郎

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(26) 「セニョール、若い女の子のお店行きませんか。安くはありませんが」。夕食を終えて通りへ出たところで、裕也たちはひとりの男に呼び止められた。ポンコツの白いクラシックカー […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/12/27

新婚旅行に車イス

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(25)  結婚式の夜、光希子からベトナムへの新婚旅行に車イスを持って行きたいと切り出された時には慎一も困惑を隠せなかった。ニャチャンは海がきれい、歴史を感じたいならフエ、フ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/12/14

「愛」の流した一筋の涙

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(24)  舞台の照明が突然明るくなった。  「さあて、皆さま。本日のスペシャルマッチがいよいよ始まりまーす」  派手な衣装に身を包んだ司会の男が大音量のマイクで絶叫すると、 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/11/04

野球の神様からの贈り物

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(23)  亡くなる前にひとつだけ願いごとを聞いてやると言われたら何と答えるだろう。ある意味残酷な問いかけである。ましてや子供が難病で答えるのがその父親となると、考えるだけで […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

Page 1 of 3123

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑