2015/06/19

使用済み核燃料めぐり議論「全量再処理からの脱却を」

政府は原発再稼働に向けた手続きを進めるが、その一方で堅持する核燃料サイクルの先行きは不透明だ。今後の使用済み核燃料の取り扱いをめぐり、前原子力委員会委員長代理の鈴木達治郎氏は「全量再処理に固執せず、直接処分も選択肢に含め […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/18

「いい戦争など絶対ない」瀬戸内寂聴氏、国会前集会に登場

作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(93)は18日夕方、国会周辺で安保法案に反対する集会に駆けつけた。瀬戸内氏は「いい戦争というものは絶対にない。戦争とは殺し殺されることだ」と訴えた。(オルタナ編集委員=斉藤円華) 「あの戦争がい […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/18

情報流通と国民主権に貢献、『原発と大津波』著者ら表彰

公正な情報流通の促進、国民主権の実現に貢献する個人や団体を表彰する「日隅一雄・情報流通促進基金賞」(同基金主催)の授賞式が17日、都内で行われた。3年目の今年は大賞に『原発と大津波 警告を葬った人々』(岩波新書)の著者で […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/18

デンマークのバイオマス技術を日本に――官民協力で技術移転プログラム

バイオマス資源の利用が進むデンマークの技術を、官民協力で日本に取り入れようという試みがこのほど始まった。NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)はデンマーク大使館の協力の下、バイオマスを活用した国内での地域エネルギ […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/17

[書評:夢の病院をつくろう]小児がん専門治療施設のできるまで

日本では年間約2千人の子どもが小児がんにかかり、その内500人ほどが命を落とすという。また、過酷な闘病生活は子ども本人だけでなく親をも苦しめる。『夢の病院をつくろう チャイルド・ケモ・ハウスができるまで』(NPO法人チャ […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/11

「集団的自衛権、認めるなら改憲手続きを」国会周辺でデモ

国会で審議されている政府の安全保障関連法案に反対する市民が11日夕方、国会周辺で抗議のデモを行った。「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が毎週木曜に主催しているもので、今回で4回目。(オルタナ編集委員=斉 […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/09

「辺野古基金」への寄付額が3億2千万円 目標額に迫る

沖縄・辺野古の米海兵隊新基地建設に反対する「辺野古基金」は8日、寄付額が3億2700万円余りに達したことを明らかにした。基金の共同代表には沖縄県内の経済人ら9人が名前を連ねる。(オルタナ編集委員=斉藤円華) 辺野古基金は […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/09

「生物多様性アクション大賞2015」募集始まる

国内で生物多様性の保全につながる活動を行う団体や個人を表彰する「生物多様性アクション大賞2015」(国連生物多様性の10年日本委員会主催)の応募受付が5日から始まった。8月末まで募集を受け付ける。(オルタナ編集委員=斉藤 […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/07

「やんばるの森は生産の場」有機野菜育てながら平和運動

「自給しなければ、よその国から奪うことになる」。沖縄本島北部の大宜味村に住む儀保昇さん(60才)は、亜熱帯の「やんばるの森」に囲まれながら有機農業を営む。農薬を使わない野菜を作り続けながら、最低でも週1回、辺野古や高江な […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/06

「農薬のカクテル」が健康に影響? 環境NGOがレポート

環境NGOのグリーンピース・ジャパンはこのほど、農薬使用が人の健康に及ぼす影響に関する調査レポートを発表した。国内外の論文・文献160本以上を検討した上で、胎児や乳幼児は農薬の影響を受けやすいと指摘。また、複数のがんやパ […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/03

水流で発電、停電時に照明「ゼロエネルギートイレ」

住宅機器メーカーのリクシルは2日、東北大学の研究チームと共同で、停電時でも水洗トイレへの水流で発電し照明の電気をまかなう「ゼロエネルギー照明トイレ」システムを開発したと発表した。(オルタナ編集部) 地震などの災害で停電し […]...続きを読む »

NEWS

2015/06/03

東京で高江を知るイベント、今年も7日に新大久保で

沖縄・高江では、住民が米軍の垂直離着陸機着陸帯(ヘリパッド、オスプレイパッドとも)の建設に対する抗議を続けている。東京で高江を知るイベントとして毎年開かれている「ゆんたく高江」が7日(日)に東京・新大久保で実施される。( […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/31

エネ経ネットが年次大会「新しい現実つくる」

中小企業が主体となり、自然エネルギー活用や省エネで地域経済の活性化を目指す「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議」(エネ経ネット、鈴木悌介代表)が30日、都内で年次大会を開いた。今年度はスローガンに「新しい現 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/29

「枯れ葉剤」だけじゃない? 米軍基地の環境汚染

「基地跡地の地中からドラム缶」。沖縄では、返還された米軍用地で相次いで土壌汚染が発覚している。嘉手納基地に隣接した沖縄市サッカー場からは、ダイオキシン類や「枯れ葉剤」の成分などが検出され、使えない状況が続く。基地返還後の […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/28

「この国は独裁国家か」辺野古ゲート前で抗議の市民

「民意が無視されている」。沖縄・辺野古の米海兵隊キャンプ・シュワブのゲート前では連日、朝早くから市民が駆けつけ、新基地建設への抗議を行っている。抗議参加者は、基地建設撤回の民意が示されているにもかかわらず、国が無視して作 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/27

稲嶺名護市長、訪米前に辺野古テント訪問「沖縄の声届ける」

沖縄県名護市の稲嶺進市長は27日朝、米海兵隊新基地の建設に抗議する辺野古のキャンプ・シュワブ前テントを訪れた。稲嶺市長は翁長雄志沖縄県知事らとともに27日、基地建設撤回を求める訪米行動に出発する。稲嶺市長はテントに集まっ […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/26

経済界も加わり「島ぐるみ」 沖縄・辺野古の基地反対運動

沖縄県庁(那覇市)前の県民広場からは毎朝、辺野古行きのバスが発車する。辺野古の米海兵隊新基地建設に反対する「島ぐるみ会議」が運行。米海兵隊キャンプ・シュワブのゲート前での抗議行動へと向かう乗客の中に、地元の企業グループ「 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/24

国会周辺で人間の鎖「辺野古の海守れ」、1月に続き2度目

沖縄・辺野古への米海兵隊新基地建設に反対する「人間の鎖」行動が24日午後、国会周辺で行われた。「5・24首都圏アクションヒューマンチェーン」実行委員会が主催。辺野古の基地建設に反対する人間の鎖は今年1月に続いて2度目とな […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/21

海外映画からブラックバイトを考えるシンポジウム

職場の同僚の過半数がボーナスを諦めなければ、自分がクビに――。窮地に追い込まれた女性が、ボーナスを諦めるよう同僚を説得して回る姿を描く映画「サンドラの週末」(2014年、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督、ベルギ […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/19

厚労省、ネオニコチノイド系農薬の食品残留基準を緩和

厚生労働省は19日、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン、アセタミプリドに関する食品残留基準を緩和した。クロチアニジンの場合、ほうれんそうで従来の13倍(40ppm)に引き上げられる。(オルタナ編集委員=斉藤円華) 同 […]...続きを読む »

NEWS

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑