2015/05/19

高浜原発3・4号機、関電の仮処分執行停止申し立てが却下

高浜原発3・4号機(福井県高浜町)の再稼働を差し止めるよう命じた仮処分をめぐり、福井地方裁判所(林潤裁判長)は18日、関西電力による仮処分執行停止の申し立てを却下した。今回の決定に対して法的に不服を申し立てる手段はない。 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/18

辺野古の現状描く映画「戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)」、23日から都内で緊急先行上映

三上智恵監督の最新ドキュメンタリー映画「戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)」(2015年、129分)が23日から東京・東中野のポレポレ東中野で公開される。沖縄・辺野古で国が進める米海兵隊新基地建設の実態を、沖縄の視点で記 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/15

米国大使館は辺野古の自然破壊を知らなかった?

青い海の底に沈められた巨大なコンクリートブロックの写真を、担当者らは身を乗り出して見入った――。沖縄・辺野古での米海兵隊新基地建設をめぐり、環境NGOのグリーンピース・ジャパンは4月末、米国大使館(東京・虎ノ門)を訪問。 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/14

[書評:ドイツの市民エネルギー企業]電力の既得権に市民が挑む

経済産業省が4月末に示した2030年の国のエネルギー需給見通し案では、電力に自然エネルギーが占める割合は最大で24%だった。一方、2022年の脱原発実現を目指すドイツは現時点で既に自然エネルギー導入率23%を達成。30年 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/13

国は沖縄県との事前協議に「消極的」? 辺野古新基地本体工事で

国が沖縄・名護の辺野古沖で進める米海兵隊新基地の建設で、沖縄県は国に対し、海上ボーリング調査終了後の本体工事の実施設計に関する事前協議を求めている。これについて防衛省の担当者は13日、「県の見解は報道でしか知らない」と述 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/11

「年間被ばく20ミリでは帰れない」――南相馬の住民が提訴

「(年間積算線量)20ミリシーベルト以下での避難指定解除は違法だ」。東電原発事故により設けられた「特定避難勧奨地点」の解除をめぐり、福島県南相馬市の住民が4月、国を相手取り解除の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。 […]...続きを読む »

2011年東北地方太平洋沖地震関連 NEWS

2015/05/08

ネオニコ農薬を緩和する日本、海外の科学者が批判

ネオニコチノイドに代表される「浸透性農薬」が生態系に及ぼす影響について、科学者グループが2014年6月に発表した「統合評価書」の日本語版がこのほど完成した。研究者らでつくる「ネオニコチノイド研究会」(平久美子代表)が翻訳 […]...続きを読む »

NEWS

2015/05/08

東京五輪に向け「自転車推奨ルート」整備、課題は

2020年開催の東京五輪・パラリンピックに向けて都は4月、「自転車推奨ルート」の整備計画を発表した。競技会場や主要観光地の周辺を対象に、自転車推奨ルートをネットワーク状に設ける。従来、主に路線ごとに整備されてきた自転車走 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/30

エネルギーミックス議論で「意見箱」 専門家委員「国民の声、まだまだ少ない」

2030年に向けた国のエネルギー需給見通し(エネルギーミックス)をめぐる議論で、資源エネルギー庁は国民からの意見を募集する「意見箱」を1月末より設けている。(オルタナ編集委員=斉藤円華) 28日に開かれたエネルギーミック […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/30

[映画評・赤浜Rock’n Roll]防潮堤を拒否した住民の思いとは

東日本大震災の大津波で、壊滅的な被害を受けた東北の三陸沿岸。国や県による防潮堤計画が進む中、岩手県大槌町の赤浜地区は巨大防潮堤によらない復興を選んだ。住民の姿を三陸の風景の中に記録したドキュメンタリー映画「赤浜Rock’ […]...続きを読む »

2011年東北地方太平洋沖地震関連 NEWS

2015/04/28

自民党内からも「自然エネ3割以上を」 都内で緊急集会

「経済産業省の自然エネルギー導入目標は消極的だ」。国が進める2030年に向けたエネルギー需給見通しの議論で、経産省は28日、自然エネルギーを最大24%、原発を同22%とする骨子案を示した。これに対して自民党内からも「自然 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/27

[書評:議会は踊る、されど進む]地方自治再生のヒントとなる「失敗事例」

統一地方選挙が終わった。市民にとって地方自治は、国政以上に生活に関わる身近なものであるはずだ。ところが今回、投票率が軒並み過去最低を記録したように、身近さに見合った関心を持たれていないのが実情と言える。『議会は踊る、され […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/26

「辺野古に基地はいらない」東京・渋谷でサウンドパレード

「基地建設が唯一の解決策ではない。暴力の対極は音楽だ」。沖縄・名護の辺野古で国が進める米軍新基地の建設に反対する「サウンドパレード」が26日午後、東京・渋谷で開催された。デモの先頭にはDJが乗った「サウンドカー」が登場。 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/23

エコキャップ寄付問題でワクチン支援団体「事業報告行なった」

「事業報告がなかった」「いや事業報告は行なった」。使用済みペットボトルのキャップをリサイクルした売却益が、主な目的であるワクチン寄付に使われなかった問題で、当事者である2つのNPO法人の主張は真っ向から対立している。(オ […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/22

「ベースロードは時代遅れ、自然エネルギーが現実的」識者が提起

将来のエネルギー需給見通しをめぐる国の議論が大詰めを迎える。政府と自民党は火力や原子力などで構成される「ベースロード電源」の比率を2030年で6割程度としたい意向だ。しかしIEA(国際エネルギー機関)のシナリオでは、欧米 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/22

川内原発1・2号機、運転差し止めの仮処分申し立てを却下 鹿児島地裁

九州電力川内原発1・2号機(鹿児島・薩摩川内市)をめぐり住民が起こした運転差し止めを求める仮処分の申し立てについて、鹿児島地裁(前田郁勝裁判長)は22日に却下した。住民は申し立てで、原発における地震動の想定手法には根本的 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/22

会社員の3人に1人「ソーシャルビジネスで働きたい」

住友生命グループのメディケア生命保険(東京・江東)は21日、ソーシャルビジネスと社会貢献活動に関する会社員の意識調査結果を発表した。社会問題の解決を目指す収益事業であるソーシャルビジネスを知っている人は63%に上ったが、 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/20

高浜原発運転差し止め仮処分決定、「事実誤認」は本当か

「事実誤認、誤ったことがいっぱい書いてある」。14日に福井地裁が下した、関西電力高浜原発3・4号機の運転差し止めを認める仮処分決定について、原子力規制委員会の田中俊一委員長は翌日の会見でこう批判した。ところがその中身を見 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/17

エネルギー政策議論で専門家「国民に問う形で示す時」

2030年に向けた国のエネルギー需給見通しの検討で、経済産業省は火力や原子力などで構成される「ベースロード電源」の割合を、現状の4割から増やすべきとの考えを示す。自民党は今月、ベースロード電源を6割程度とする提言を安倍首 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/15

女性器アート裁判で被告「わいせつではない」

「女性器は体の一部に過ぎない」。自身が製作した、女性器をかたどった立体物アート作品等について、わいせつ物陳列などの罪で起訴された漫画家・芸術家のろくでなし子(本名・五十嵐恵)被告の初公判が15日午前、東京地裁(田辺三保子 […]...続きを読む »

NEWS

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑