坂本 優
坂本 優
アサヒプロマネジメント株式会社 資料室&法務部
1953年生。東京大学卒業後1979年、味の素㈱入社。本社にて法務・総務業務、工場・支社にて総務業務を担当。2011年カルピス㈱(現アサヒ飲料)出向(‘12年転籍)。 同社及びアサヒグループ食品で法務・コンプライアンス業務を担当。’17年12月より現職。大学時代「動物の科学研究会」に参加。味の素在籍時、現「味の素バードサンクチュアリ」を開設する等、生きものを通した環境問題にも通じる。(趣味ラグビー 関東ラグビー協会理事)

2017/11/30

世界の覇者と日本固有種 対照的な2種のセキレイ

■私たちに身近な生物多様性(29)[坂本 優] ハクセキレイは大都市の市街地や公園でもよく見かける白黒ツートンカラーのセキレイだ。 日本にすむハクセキレイは世界中に分布するタイリクハクセキレイの1亜種とされる。セキレイ界 […]...続きを読む »

alterna columnist

2017/11/16

東京の秋の水辺を彩るキセキレイ

■私たちに身近な生物多様性(28)[坂本 優] 日本には比較的観察しやすい3種類のセキレイがいる。ハクセキレイ、キセキレイ、セグロセキレイだ。このうちキセキレイは、名前のとおり、腹部から尾羽の根本にかけての黄色が特徴で、 […]...続きを読む »

alterna columnist

2017/09/26

ミドリガメとシカ、そして「動物愛護週間」

■私たちに身近な生物多様性(27)[坂本 優] 9月の動物愛護週間(9/20~9/26)は、5月のバードウィーク(愛鳥週間 5/10~16)に比べても、話題になることが少ない取組みだ。「動物愛護」というと、やや感傷的な「 […]...続きを読む »

alterna columnist

2017/05/15

愛鳥週間のいまむかし

■私たちに身近な生物多様性(26)[坂本 優] 5月10日から始まる1週間は、1950(昭和25)年以来、愛鳥週間と定められている。鳥類保護連盟が始めたものだが、記念切手も発行され、官民協力しての取組みとなっている。 「 […]...続きを読む »

alterna columnist

2017/05/12

東京で聞く千鳥の鳴き声 

■私たちに身近な生物多様性(25)[坂本 優] 古今和歌集に「しほの山 差出の磯に 住む千鳥 君が御代をば 八千代とぞ鳴く」という歌がおさめられている。 私はまさにその「差出の磯」の地元で生まれ育ったことから、この歌につ […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/12/04

オレンジ色の野鳥――ジョウビタキ再び

■私たちに身近な生物多様性(24)[坂本 優] 前回、「紋付き鳥」こと、ジョウビタキをご紹介し、紋付きという名前の由来となった翼の中央付近の白斑についてふれたが、掲載誌面によってはスペースの関係などで白斑が確認できる写真 […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/11/11

オレンジの色鮮やかな野鳥――ジョウビタキと白い斑点

■私たちに身近な生物多様性(23)[坂本 優]  柿の実は、野鳥たちの格好のご馳走だ。ヒヨドリやスズメ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリ、ツグミたちがついばみ、数日見ないでいると、いつの間にかなくなってしまう。 晩秋のある […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/09/23

都会の水辺で青く輝く生きもの2題

  ■私たちに身近な生物多様性(22)[坂本 優]  チョウトンボ チョウトンボは、ほぼ全身が紺青のトンボだ。東京都心でも、夏、東京港野鳥公園の観察小屋から高い確率で観察することができる。陽射しの強弱、光線の反 […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/08/15

鳥たちが旅する道、フライウェイ・ネットワーク

■私たちに身近な生物多様性(21)[坂本 優]  渡り鳥の「渡りのルート」を地球的規模で大きく束ねた、ゾーンとしての移動経路を「フライウェイ」という。世界には、9つの主要なフライウェイがあるとされる。日本は、そのうちの一 […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/07/27

「味の素 バードサンクチュアリ」の思い出

■私たちに身近な生物多様性(20)[坂本 優]  「私たちに身近な生物多様性」と題するこのコラムが20回を迎えるにあたり、私が会社員をしながら、このような発信を行う契機ともなった、工場内でのバードサンクチュアリ開設の取組 […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/07/04

法面緑化-開発の象徴から自然再生の拠点へ 

■私たちに身近な生物多様性(19)[坂本 優]  道路の開削や宅地の造成などによって、人工的にできた斜面を法面(のりめん)という。法面は、防災上の観点から、現地の状況等を踏まえ、コンクリートブロックなどで全面を覆うことも […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/06/27

錦鯉の群れと「生態系の構築」

■私たちに身近な生物多様性(18)[坂本 優] 数年前、都内の大学構内の池に錦鯉が放された。岸辺には「錦鯉が加わり、生態系を構築中なので大切に見守って」ほしい旨の案内板が設置された。 ちなみに、「池の生態系」が構築されて […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/06/20

天使にもなり悪魔にもなるネコたち

■私たちに身近な生物多様性(17)[坂本 優] 今、空前のネコブームだという。今年(2016年)5月、福島の芦ノ牧温泉駅の猫駅長「ばす」の社葬が営まれ、多くのファンが集まったことがテレビで報じられた。昨年は、和歌山の貴志 […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/12/08

COP21に思う、桜田門のクスノキと楠木正成――私たちに身近な生物多様性・番外2[坂本 優] 

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わっ […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/11/20

3種の白鷺、ダイサギ・チュウサギ・コサギ――私たちに身近な生物多様性(16)[坂本 優]

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わっ […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/11/04

ミドリガメ、本格的駆除へ――私たちに身近な生物多様性(15)[坂本 優]

環境省は、来年度からミドリガメの本格的駆除を実施すべく、今年度、いくつかの地域でモデル事業を実施するという。効率的な捕獲方法や処分方法などが検討、検証される。ミドリガメの大半はアメリカから輸入されたアカミミガメ(ミシシッ […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/10/05

激減と激増、島に生きる2種のトカゲ――私たちに身近な生物多様性(14)

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わっ […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/10/01

ホワイトタイガーと白いスッポン――私たちに身近な生物多様性(13)[坂本 優]

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わっ […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/08/25

少年時代の憧れだったクマゼミ――私たちに身近な生物多様性(12) [坂本 優]

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わっ […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/07/24

ニホンウナギ、食うか削るか――私たちに身近な生物多様性(11)[坂本 優]

IUCN(国際自然保護連合)が定義する「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」には、2014年11月時点で約2万2千種が登録されている。生物多様性の確保は喫緊の事項だ。本コラムでは、味の素バードサンクチュアリ設立にも関わっ […]...続きを読む »

alterna columnist

Page 1 of 212
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑