せきねきょうこ
せきねきょうこ
ホテルジャーナリスト
スイス山岳地での観光局勤務、その後の仏語通訳を経て94年から現職。世界のホテルや旅館の「環境問題、癒し、もてなし」を主題に現場取材を貫く。スクープも多々、雑誌、新聞、ウェブを中心に連載多数。ホテルのアドバイザー、コンサルタントも。著書多数。公式サイト:www.kyokosekine.com

2020/09/07

最高級リゾートで自然を満喫 ハレクラニ沖縄

■オルタナ本誌61号 「世界のエコホテル巡礼 44」 から 「エコ」なポイント 1 館内照明の90%以上にLED使用 2 ベランダのガラス戸の開閉に合わせエアコンの自動停止・作動システム導入 3 サンゴ保護と自然環境保護 […]...続きを読む »

NEWS

2020/06/16

バンヤンツリーが貫く環境対策(せきねきょうこ)

■オルタナ本誌60号 世界のエコホテル巡礼から バンヤンツリー ホテルズ&リゾーツは1994年、プーケット島で「五感の聖域」(Sanctuary for the Senses)を提供しようと、壮大なレジャー総合施 […]...続きを読む »

NEWS

2020/05/22

新型コロナウイルスの蔓延と観光業界

■ポスト・コロナの観光事業考察 中国に始まったとされる新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、観光業界は世界中で破滅的な被害を被っております。各国のロックダウンもそうですが、長い自粛生活と戦った日本国内でも、やっと […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/03/10

新旧融合ヴィラ、アグリツーリズムで地域活性化

■オルタナ本誌59号 世界のエコホテル巡礼から(文=せきねきょうこ) 長野県松本市の中心から車で約20分。なだらかな田園地帯の広がる一画に、1棟貸しのヴィラ「Satoyama Villa Den」が誕生した。ヴィラが立つ […]...続きを読む »

NEWS

2019/08/14

世界一美しいオーガニック茶畑のなかに建つホテル

◆オルタナ本誌 連載「世界のエコホテル巡礼」(56号)から インド洋に浮かぶこの小さな島国スリランカは、「光り輝く島」の意味を持ち、アジアの中でも数多くの貴重な世界遺産を有する観光国でもある。(せきねきょうこ) 古くから […]...続きを読む »

NEWS

2019/07/26

日本最大級の木造ホテル(せきね きょうこ)

◆オルタナ本誌 連載「世界のエコホテル巡礼」(57号)から 山形県鶴岡市の郊外に、バイオベンチャーを担う頭脳集団の集まる「サイエンスパーク」がある。田園風景の真ん中に生まれたその一画には、建築家・坂茂氏デザインによる、穏 […]...続きを読む »

NEWS

2018/12/25

アルプスを一望できるエコホテル(せきねきょうこ)

世界のエコホテル巡礼 この10月、スイスを旅し、代表的なBIO(ビオ)&エコホテルを取材した。中でも、積極的な展開を見せてくれたのは、100%に近い高レベルのBIO &エコホテル「L’ AUBIER」(ロビエ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2018/11/16

渓流沿いに佇むエコ旅館の歩み

日本国内には未だ2軒という「グリーンキー」ラベル取得の宿泊施設。かつては4軒のメンバー施設がラベルを取得していたものの、東日本大震災、福島の原発事故による影響もあり脱会。現在は2軒に留まっていた。しかし、積極的なアプロー […]...続きを読む »

NEWS

2018/08/13

世界のエコホテル「スイス初の水上ヴィラ・ホテル」

アルプスの国、海のない国スイスに、ヨーロッパ初の水上ヴィラ「ホテル・パラフィット」(5つ星)が造られた。このホテルを語るには、2002年に開催された「スイスEXPO」を語らずしては始まらない。(せきねきょうこ)   この […]...続きを読む »

NEWS

2011/10/02

ボツワナの砂漠で静寂を楽しむ――世界のエコホテル巡礼(1)「ジャックス・キャンプ」

ボツワナは南アフリカ共和国の北側に接し、「野生のワンダーランド」として知られている。国土の17%が国立公園や野生動物保護区が占め、象の棲息数(現在約10万4千頭)は世界一を誇り、ダイアモンド採掘量と取引額も南アを抜く世界 […]...続きを読む »

Archive FEATURE STORIES

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑