白鳥和彦
白鳥和彦
オルタナ総研フェロー
1981年に早稲田大学理工学部卒業後、精密機器メーカーで電子回路設計に従事。その後、積水化学工業で、宅内環境制御、居住環境、エネルギー・地球環境問題などの研究開発に携わる。2003年同社の環境経営部署新設とともに環境経営に従事。2005年同社のCSR経営取り組み開始とともにCSR経営に従事。2013年4月より積水インテグレーテッドリサーチ 主席研究員。環境経営、環境マーケティング分野での非常勤講師、客員教授なども勤める。

2017/04/06

基礎サイエンスとイノベーションの両立を目指して

■学術的興味と事業化とのギャップ 私はこれまで一企業における研究者を対象とした研究助成の事務局を務めてきたが、その業務を通じて感じたことは、大学と企業の研究開発に大きなギャップがあることである。 大学の研究は、基本的に基 […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/06/18

自然界にはハイテクも及ばない叡智がある、「自然に学ぶものづくり」を応援[白鳥 和彦]

積水化学工業は、創立55周年記念事業として2002年から「積水化学 自然に学ぶものづくり」研究助成プログラムを行っている。大学・研究機関への支援を目的として、13年間で185の研究テーマ190人に対し、総額2億6千万円ほ […]...続きを読む »

alterna columnist

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑