2010/05/27

2010/05/27

11市町がバイオマスタウン認定─農水省

農林水産省は4月30日、バイオマスタウンとして新たに11市町を認定したと発表した。バイオマスタウンとは、域内のバイオマス資源の効率的な利活用システムが構築されていると国が認定した市町村で、今回の認定により全国のバイオマス […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/27

マラウイに環境プログラムを支援─外務省

外務省は5月7日、アフリカ南部のマラウイ共和国に対して日本が17億円の環境プログラム無償資金協力「森林保全計画」を行うことで合意したと発表した。 この協力はマラウイの地方電化を促進することで、薪炭使用のための森林伐採を抑 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/27

オバマの力量が見える地球環境問題―環境問題の深層

昨年末のコペンハーゲンでの国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)で2013年以降のいわゆるポスト京都議定書の枠組みづくりが不首尾に終わって以降、国際交渉の展望が開けていない。今年末の締約国会議での合意は難しいとさ […]...続きを読む »

Archive FEATURE STORIES

2010/05/26

生物の多様性崩壊は人類の危機─国連報告書

10月に名古屋で開催される生物多様性条約締約国会議に向けた専門家会合が5月10日、ケニア・ナイロビの国連環境計画(UNEP)本部で開幕した。条約事務局は生物多様性の現状を評価した報告書「地球規模生物多様性概況第3版」を発 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/26

雨水浸透施設の整備を促進─国交省

国交省は5月6日、都市型水害等の抑制や下水の汚濁負荷の削減、さらに地下水源の涵養に効果が期待できるとされる雨水浸透施設の整備について「雨水浸透施設の整備促進に関する手引き(案)」としてとりまとめたと発表した。 この種の施 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/25

「日中の環境分野の強化進める」─経団連会長

日本経団連は御手洗冨士夫会長を団長とする視察団を5月11日から15日まで中国に派遣した。温家宝首相などと会談した。特に国家発展改革委員会を訪問し、中国側から環境分野での協力を求められた。 環境、省エネ、省資源、新エネビジ […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/25

原発の保守管理の見直しを指示─経産省

経済産業省原子力安全・保安院は4月30日、中国電力の島根原発1・2号機の保守管理に関する不備が明るみに出たことを受け、原子力発電所を設置する電力各社に対して保守管理の仕組みに問題がないか確認するよう指示した。 島根原発1 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/24

温対法、環境委員会で可決─衆議院

温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で「25%削減」する目標などを盛り込んだ地球温暖化対策基本法案が14日、衆院環境委員会で民主、社民両党の賛成多数で可決された。野党各党は審議が尽くされず「強行採決」として、 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/24

温暖化対策など念頭に特区を検討─経産相

直嶋正行経済産業相は5月10日、都内で講演し、政府が検討している成長戦略の中で「推進のために特区制度を作る必要がある」と述べた。その中で、電気自動車や太陽光発電の普及などに地域ぐるみで取り組む「スマートコミュニティー」を […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/21

COP16成功へ協力確認─気候変動閣僚会合

気候変動問題に関する非公式閣僚級会合が43カ国から5月2日から4日まで、ドイツのボンで開かれた。メキシコで11─12月に開かれる国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)の成功に向け、「各国が積極的な役割を果 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/21

気候変動会議、10月に名古屋で─環境相

小沢鋭仁環境大臣は出席したボンの非公式閣僚会合で、温室効果ガス排出削減の新たな枠組み構築に向け、閣僚級国際会議を10月に名古屋で開催する意向を表明した。環境相は、演説で「日本は率先して低炭素社会作りに向けかじを切る」と述 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/19

次世代送電網で協力合意へ─日米民間団体

スマートグリッド(次世代送電網)を推進する米国の民間団体「グリッドワイズ・アライアンス」と日本の官民協議会「スマートコミュニティ・アライアンス」と4月16日、国際的な事業展開に関して協力していく合意を結ぶと発表した。 同 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/19

「エコレールマーク」新たに15件─国交省

国土交通省は4月23日、第21回「エコレールマーク」の新規認定について発表した。この制度は自動車輸送と比べて環境負荷が低いとされる鉄道貨物輸送を一定以上利用している商品または企業に対して認定するもので、今回は11件の商品 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/18

太陽電池の設置、日本世界3位に─米調査

アメリカの太陽エネルギー工業会(SEIA)が4月15日に発表した調査報告によると、2009年の太陽電池の設置容量で、日本は前年の5位から米国などを抜いて世界3位となった。 日本では、05年に補助金が廃止されてから太陽光発 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/18

リチウムイオン電池評価機関設立─経産省

経済産業省は4月2日、「技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター」を大阪府池田市に設立した。電気自動車(EV)やハイブリッド車などの次世代自動車の動力源の一つとなるリチウムイオン電池などの蓄電池の開発を官民共同 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/18

3月の世界の平均気温、過去最高

3月の世界の平均気温が統計を取り始めた1891年以降、最も高かったことが分かった。気象庁が4月14日、発表した。同庁によると、世界の平均気温は、陸海上約1300の観測点の気温データを基に算出された。平均で平年より0.44 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/18

昨年度の原発運転実績を公表─経産省

経済産業省原子力安全・保安院は4月16日、2009年度の国内原子力発電所の運転実績を公表した。各電機事業者からの報告を集計したもので、10事業者の設備利用率の平均は70.2%となった。 この内、東京電力と中部電力の設備利 […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/17

環境相、温暖化対策のロードマップ公表

小沢鋭仁環境大臣は3月31日、地球温暖化対策のロードマップを環境大臣試案として公表した。衆議院に提出された温対法の「1990年比で温室効果ガスを25%削減」という目標を達成するために、国内にどのような対策が必要かを明らか […]...続きを読む »

NEWS

2010/05/17

温対法、衆院で審議入り

環境省が所管する地球温暖化対策基本法(温対法)が4月20日、開催中の衆議院本会議で審議入りした。野党の自民党、公明党はそれぞれ対案を提出している。 温対法案は、国内の温室効果ガス排出量を2020年に1990年比25%削減 […]...続きを読む »

NEWS

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑