FEATURE STORIES

Opinion

「自然の変化を読み取り、揺るがない生き方を」――土佐山アカデミー・内野加奈子

星や波の動きを読みながら、伝統航海カヌー「ホクレア」で、ハワイから日本へ航海した経験を持つ内野加奈子さん。10年間のハワイ滞在を経て、現在は、持続可能な次の100年を創りだす人材を育成する「土佐山アカデミー」(高知市)で […] (2012/5/22)

崩壊するエネルギー基盤、世界はその先に何を見るのか--NPO法人「もったいない学会」会長 石井吉徳 2/2

5.環境問題も国際的利害が影響、もっと本質的に考えないと 地球温暖化に対しても、低炭素社会ではなく「低エネルギー社会」の推進 低エネルギーは「脱浪費」であり、結果として化石燃料の使用を減らします。資源が有限であると認識す […] (2011/12/26)

崩壊するエネルギー基盤、世界はその先に何を見るのか--NPO法人「もったいない学会」会長 石井吉徳 1/2

3・11と日本 人は自然の恵みで生かされています。今は石油文明、その石油生産がピークにあります。いわゆる石油ピークですが、それは食糧の生産ピークを意味します。そして運輸、合成材料なども殆どすべては石油依存ですから、石油ピ […] (2011/12/26)

「収入は10分の1。それでも『命』を守りたかった」――山本太郎氏(俳優)インタビュー

福島第一原子力発電所の事故後、いち早く「脱原発」宣言をした俳優・山本太郎氏。事務所を辞めて収入は10分の1に減ったが、「人間に戻った」感覚を取り戻せたという。脱原発デモに参加するなど原発の危険性を訴え続ける山本氏に、その […] (2011/12/8)

オルタナ編集長)大震災から半年--二人の「早川徳次」に学ぶ不屈の精神

◆地下鉄銀座線が最も早く復旧した 今日は東日本大震災から半年、そして、米国の同時多発テロから10年の日である。いま、私たち日本人にとって最も必要なのは、「不屈の精神」だろう。それを、偶然の同姓同名である、二人の「早川徳次 […] (2011/9/11)

「固定価格買取制度」を成功に導く12の条件

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(再生エネ買取法)」が8月に成立し、ようやく日本にも、自然エネルギーの「固定価格買取制度」が導入される。自然エネルギーの普及に向けて、この制度をより有効なも […] (2011/9/8)

気候変動の観点から「新首相に期待すること」

8月30日、野田佳彦新首相が誕生した。自然エネルギー政策や温暖化対策はどうなるのか。国際的な環境保護団体WWFジャパンの自然保護室気候変動・エネルギーグループリーダー山岸尚之氏に「次の首相に期待すること」を寄稿して頂いた […] (2011/9/1)

河野太郎衆議院議員「為替の変動に左右されないエネルギーは、自然エネルギーしかない」

1ドル=77円前後で高止まりする「超円高」が続いている。製造業はかなり大変だろうが、少なくとも石油や石炭などの化石燃料を輸入するには大きなプラスだ。 10年以上前から「反核燃料サイクル」論者として脱原発を唱えてきた自民党 […] (2011/8/24)

事業仕分けで林野庁解体論

行政刷新会議の特別会計を対象にした事業仕分け第3弾では、国有林野事業特別会計も俎上に載せられた。その結果、「一部を廃止し、負債返済部分は区分経理を維持」となった。だが、特記事項として「林野庁解体論」が複数の評者から出され […] (2010/11/9)

日本で誤解された生物多様性

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が10月18日から名古屋市で開かれる。メディアの報道もかなり増えてきたが、生物多様性の論客として知られる足立直樹・レスポンスアビリティ代表は、単一的な報道のあり方に警鐘を鳴 […] (2010/10/13)

資生堂への動物実験反対運動からCSRを考える

NPO法人JAVA(動物実験の廃止を求める会)とそれに賛同する消費者グループが、資生堂に対して、「化粧品における動物実験の廃止」を求めている。(参考:JAVAの資生堂キャンペーン) この問題は、「企業の社会的責任(以下、 […] (2010/6/2)

ガソリン暫定税率25円分は「地球税」に――ESD-Jが緊急提言

ガソリン税の暫定税率1リットル25円分をどうするか、大きな議論になっています。 年間2兆6千億円のおカネで、さらに全国に道路や橋を造り続けるのか、その税金を全額廃止してガソリンを「値下げ」するのか、という議論です。 しか […] (2008/2/13)

Page 2 of 212
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑