NEWS

日本にも獣害対策の専門集団を(田中 敦夫)

■オルタナ本誌59号 「森を守れ」が森を殺すから 林業では、獣害対策が喫緊の課題となっている。木材増産政策で全国に皆伐地が増加しているが、跡地に植林してもシカなどに苗が食われてしまうからである。 林業の持続性を失わせるだ […] (2020/2/19)

マクドナルド、ハンバーガーにMSC認証

■オルタナ本誌59号漁業トピックスから 白身魚が味わえるフィレオフィッシュは、マクドナルドの定番バーガーだ。東京五輪を翌年に控えた2019年の冬、日本の店舗でも、MSC認証の「海のエコラベル」付きで販売されるようになった […] (2020/2/18)

ワタミ、調理くずからマヨネーズへの食品循環を構築

弁当や惣菜をつくる過程で出た調理くずを飼料化し、その餌で育てた鶏の卵でできたマヨネーズを弁当や惣菜に使用するワタミの取り組みがこのほど、食品リサイクル法に基づく「食品リサイクル・ループ(再生利用事業計画)」に認定された。 […] (2020/2/15)

預金者の意識を高める銀行(林 公則)

■オルタナ本誌59号 つなぐ金融から お金には、他者や自然との関係を切り離し、個別化させる側面がある。食べ物の場合、消費しきれないほど所有しようとは考えない。食べられる量には限界があるし、腐ってしまうからだ。 有り余るほ […] (2020/2/14)

靴下専門店タビオの綿花自然栽培に近大が助っ人参戦

靴下専門店のタビオ(大阪市)と近畿大学が、化学肥料や農薬を全く使用しない農法による綿花栽培の共同研究を始めた。タビオは2009年から綿花の自然栽培を始めたが、2018年には綿花の収量が例年の約80%までに減少したため、近 […] (2020/2/14)

「新国立競技場の木材は本当に合法か」、映画で迫る

新国立競技場は、東京五輪を最優先したデザイン、膨大な維持費など、負の遺産になることが方々で指摘されている。競技場の建設過程では、マレーシアとインドネシア産の合板が土台のコンクリート型枠用として12万枚以上使用され(出典: […] (2020/2/13)

バレンタインで社会貢献、「寄付付きチョコ」続々と

2月14日のバレンタインを前に、各社は社会貢献につながる「寄付付きチョコ」を積極的に提案している。松屋銀座は国際NGOプラン・インターナショナル、読売新聞が運営するサイト「OTEKOMACHI(大手小町)」とともに、「世 […] (2020/2/12)

自動車産業が挑むサステナビリティ

■オルタナ本誌59号 モビリティの未来から あるドイツメーカーの日本法人社長と懇談したとき、欧州ではどのくらい熱心に気候変動に取り組んでいるのか議論した。 彼曰く、企業としてはパリ協定の気候変動課題とSDGsで定めた貧困 […] (2020/2/12)

新型コロナ「東京オリパラも注意が必要」有識者が警告

国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンと国際環境・開発情報研究所(井田徹治代表)は5日、都内で勉強会を開催、国立環境研究所の五箇公一 生態リスク評価・対策研究室長が生物多様性を脅かす外来種について講演した。五箇室長は新 […] (2020/2/12)

【異論・反論】インドネシア森林火災記事への反論

弊社オルタナが2019年12月27日に「オルタナオンライン」とYahoo!ニュースに掲載した「インドネシア森林火災と、日本の紙消費・銀行業務」(レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表・川上 豊幸氏)について、 […] (2020/2/12)

有識者ら、新型肺炎対策で緊急提言「7つの約束」

感染症に関連する専門有識者でつくる「STOP感染症2020戦略会議」(座長:賀来満夫 東北医科薬科大学特任教授、事務局:レジリエンスジャパン推進協議会)は2月10日、新型コロナウイルスの感染症対策についての緊急提言「新型 […] (2020/2/10)

FSCとキリン、紙容器包装の認証探すキャンペーン

FSCジャパン(日本森林管理協議会)とキリンホールディングスは、「みつけようFSCキャンペーン」を3月5日まで行っている。ジュースの紙パックやビールの梱包などキリングループの商品についている森林認証FSCマークを撮影し、 […] (2020/2/8)

火星移住計画が教えるもの(田坂 広志)

■オルタナ本誌59号 オルタナティブの風から 米国の天才的起業家イーロン・マスクは、2020年代に人類を火星に送り込み、 40年から100年をかけて火星を人間の住める環境に改造する「テラフォーミング計画」を提唱している。 […] (2020/2/7)

新型コロナ、NGOが違法な野生生物取引の閉鎖訴え

WWF(世界自然保護基金)ジャパンは2月7日、世界的な流行になりつつある「新型コロナウィルス」の発生源に関連して、違法な野生生物市場の閉鎖を求める声明を発表した。 全文は以下の通り。 新型コロナウイルス関連 アジア太平洋 […] (2020/2/7)

缶の形の紙製容器「カートカン」で「脱プラ」推進

ポッカサッポロフード&ビバレッジは2月10日、紙製飲料容器「カートカン」を使用した「旨みまろやか緑茶」「ほのかに香るレモン水」を新発売する。カートカンには間伐材を含む国産材を30%以上使用し、ペットボトルの代替になるだけ […] (2020/2/7)

ゴールまで10年、SDGsにどう取り組むか

オーガニックフォーラムジャパン(OFJ)は2月6日、「SDGsライフスタイルビジネスフォーラム2020」の開催に先立ち、記念講演・開催説明会を東京ミッドタウン日比谷で開いた。森本英香・環境省顧問(前環境事務次官)、百瀬則 […] (2020/2/6)

映画評:「ビッグ・リトル・ファーム」が問う農業

3月14日に公開される「ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方」(配給:シンカ、監督:ジョン・チェスター)は、農薬を使用しない伝統農法をもとにした農場を作る姿を追った米国のドキュメンタリー映画だ。経済優先のため […] (2020/2/6)

登山家・大蔵喜福氏が見た「溶け行く氷河」

サステイナビジョンは1月31日、サステナビリティ(CSR)プラクティショナー講演会を都内で開催し、登山家の大蔵喜福氏が講演「『地球規模の気候変動を考える』~氷河は温暖化の指標~」を行った。登山家として半世紀に渡り名峰を登 […] (2020/2/5)

相模女子大が日本初「社会起業」のためのMBA

社会課題をビジネスで解決する人へのニーズは高まっているが、育成する教育機関は少ない。なかでもビジネス領域から指導できる機関は少なく、これまではボランティアやNPO活動に従事してきた人たちが指導する場が多かった。こうしたな […] (2020/2/5)

土の奇跡(田口 ランディ)

■オルタナ本誌59号「エゴからエコへ」から 社会変革ファシリテーターのボブ・スティルガー氏と共に福島を旅する「福島ラーニングジャーニー」に参加してきた。台風の爪痕が残る河川敷、田畑を見ながら福島市、大熊町、二本松市と移動 […] (2020/2/4)

Page 1 of 1941234... »|

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑