NEWS

ドイツCSRアワード、京セラのNGOとの協働を評価

京セラドキュメントソリューションズドイツ(ドイツ・メーアブッシュ)は、「ドイツCSRアワード2017」でNGO・NPOと協働している模範的な企業に与えられる「サステナブルブランド オブ ザ イヤー」を受賞した。ドイツCS […] (2017/4/25)

三井化学の地中熱利用システム、東京都が採用

三井化学グループの三井化学産資は、森川鑿泉(さくせん)工業所(本社・大阪摂津市)と「地中熱」を利用した新しい空調施工システムを開発し、「江戸東京たてもの園」(東京・小金井市)の事務棟空調設備に採用された。地中熱利用は米国 […] (2017/4/25)

日本のミレニアル世代「企業や社会に期待しない」

デロイト トーマツ コンサルティングは、ミレニアル世代を対象に政治や経済、働き方などについて調査した「2017年デロイト ミレニアル年次調査日本版」を発表した。ミレニアル世代は働き方やワークライフバランスへの関心が高く、 […] (2017/4/25)

ソフトバンク、年度内に障がい者雇用30人目指す

川崎市とソフトバンク、東京大学先端科学技術研究センターは、障がい者雇用や労働時間をテーマに共同研究し実践している。4月21日、それぞれの研究・実践成果を都内で報告、企業や自治体の担当者らが参加し熱心に聞き入った。ソフトバ […] (2017/4/25)

「ヨガ×電気」イベントで「コンセントの先」考える

「顔の見える電力」を推進するみんな電力は4月22日、「第4回オーガニックライフTOKYO」で「ヨガ×電気」を考えるセミナーを開催した。ヨガインストラクターの渡部直子さんを招いて、エネルギーをキーワードに、電気やヨガ哲学に […] (2017/4/23)

GRIスタンダード日本語版完成、EU指令でも重要

2016年10月19日に発行した「GRIスタンダード」の日本語版が完成した。主に翻訳を進めてきた特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラムは、4月19日都内で「GRIスタンダード翻訳お披露目シンポジウム2017」を […] (2017/4/22)

新国立競技場工事で違法木材使用か、NGOが調査要請

FoE Japanなど環境NGO7団体が4月20日、新国立競技場の建設現場で、違法木材が使われているとして、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に対し、緊急に調査するよう要請した。問題になっているのは、違法 […] (2017/4/22)

都内最大級のヨガイベントでエネルギーを学ぶ

都内最大級のヨガ&ライフスタイルイベント「第4回 オーガニックライフTOKYO」が4月21日から23日まで、3331 Arts Chiyoda(東京・千代田)で開かれている。ヨガを中心にライフスタイルの提案を行うイベント […] (2017/4/21)

GRIスタンダード、G4からの大きな変更点はなし

サステナビリティ・レポートのガイドラインとなる、GRI(Global Reporting Initiative)の最新版「スタンダード」の日本語訳が完成した。新たなバージョンになったのではなく、フォーマットを改良したため […] (2017/4/20)

未来の自動車は牛ふんで走る!?

サステナブル・ブランドの作り方 第10回(足立直樹) こんにちは、サステナブルビジネス・プロデューサーの足立です。この連載も10回目となりましたが、これまで紹介したブランドは海外のものばかりでした。日本にサステナブルなブ […] (2017/4/20)

「熊本の企業」と認められるために-サントリーのCSR

熊本県は4月16日、熊本市内で「復興祈念シンポジウム」を開催した。関連企画の「『水の国くまもと』リレーセミナー―熊本地震後も地下水は大丈夫?-」に、熊本大学名誉教授、くまもと地下水財団担当者、大菊土地改良区事務局長、サン […] (2017/4/18)

熊本地震、味の素が「食」で生活再建を後押し

4月14日で熊本地震から1年が経った。応急仮設住宅と賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設住宅」には3月末時点で4万4670人が入居している。被災者の生活再建は進んでいるものの、住民の不安は尽きず、課題は多い。味の素は、東日本 […] (2017/4/18)

ヤマハ執行役員、総合楽器メーカーの責務を語る

Interviewee 髙井 正人・ヤマハ執行役員 人事・総務本部長 Interviewer 川村 雅彦・オルタナ総研所長 1887年(明治20年)創業のヤマハは、音と音楽を通じて顧客と共に130年歩んできた。2013年 […] (2017/4/17)

バングラデシュの最低賃金引き上げデモが問う法整備

バングラデシュで2016年12月、最低賃金の引き上げを訴える労働組合や労働者のデモが行われた。その背景には、バングラデシュの労働者の最低賃金が世界で最も低いことがある。 バングラデシュの警察は、デモが「一部暴力的に引き起 […] (2017/4/17)

王子ネピア、FSCとWWFのラベル付き商品を発売

王子ネピアと公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は、国際的な森林認証制度FSCの普及促進に向けた啓発活動の提携に合意した。王子ネピアは対象商品にWWFジャパンのラベルとFSC認証マークをパッケージに表示 […] (2017/4/14)

「サステナビリティ」でブランドに磨きをかけよう!

■CSRブランディング最前線 第12回(細田 悦弘) 3月に東京で開催された「サステナブル・ブランド国際会議」の会場で、こんな質問・疑問を耳にしました。 ―「サステナビリティ」と「CSR」は、どこが違うのだろう? ―「サ […] (2017/4/14)

地球と共に生きる―「アースデイ」から始まる未来

■サステナビリティ 新潮流に学ぶ 第9回(古沢 広祐) 近年4月になると「アースデイ」(地球の日)が世界各地で開催されます。「母の日」「こどもの日」があることから、大地・自然(地球)を想う日があって当然ですね。「アースデ […] (2017/4/14)

地方再生に取り組む環境型ホテル

■日本のエコホテルの現状(下)(せきねきょうこ) 前回に続き、今回は地方で斬新な対策に取り組むエコホテルの現状をお伝えしよう。環境負荷の軽減をどの業界よりも問われる宿泊業界だが、ホテル利用者に、エネルギーの節制や環境活動 […] (2017/4/14)

国際NGO、三菱商事にサケ養殖場の計画撤回求める

環境NGOグリーンピースは、南米チリでサケ養殖場を新たに25カ所で設置する計画の三菱商事に対して、海洋汚染の懸念が高いとして設置申請の取り下げを求める署名運動をチリや日本で始めた。(オルタナ編集部=小松遥香) 新設予定地 […] (2017/4/13)

SDGsはボトムアップとトップダウンでアプローチを

一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)と公益財団法人地球環境戦略研究機構(IGES)は、日本企業の「持続可能な開発目標(SDGs)」の取り組みについて共同で調査を行い、4月11日、レポート […] (2017/4/12)

Page 1 of 1461234... »|

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑