NEWS

北陸電、石川で混焼バイオマス発電

北陸電力は、石川県七尾市の同社七尾大田火力発電所2号機(出力70万キロワット)で、石炭と木質バイオマスを混ぜて燃焼する「木質バイオマス混焼発電」を9月1日より開始した。年間で2万トンの木質バイオマスを使用し、木質バイオマ […] (2010/9/7)

青森地裁「鯨肉裁判」、有罪に

調査捕鯨船からクジラ肉を盗んだとして、国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GPJ)の職員二人が窃盗罪に問われた裁判で、9月6日に青森地方裁判所(小川賢司裁判長)は懲役1年、執行猶予3年の判決を下した。これを受け […] (2010/9/6)

国連委「IPCCの改革が必要」

国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の地球温暖化見通しに誤りが指摘された問題で、外部の専門家によって構成された国連の検証委員会は8月30日、再発防止のため抜本的なIPCCの機構改革が必要だとの勧告を行った。 […] (2010/9/3)

政府、家電住宅エコポイント延長へ

政府は8月30日、経済関係閣僚委員会を開き、8月に起こった急激な円高や株安による景気後退を防ぐため「経済対策の基本方針」を決め、この中で家電と住宅のエコポイント制度の延長を決めた。詳細は9月10日に閣議決定する。 家電と […] (2010/9/3)

新潟で「雪国型メガソーラー」完成

新潟県と昭和シェルが共同で準備を進めてきた「雪国型メガソーラー発電所」が新潟市内に完成し、8月31日から送電を開始した。雪対策のために地上1mの高さに太陽光パネルを設置しているのが特徴だ。 「雪国型メガソーラー」は新潟県 […] (2010/9/2)

第26回企業広報賞が発表

企業の優れた広報活動を表彰する「企業広報賞」の表彰式が9月1日に都内で行われた。経済広報センター(米倉弘昌会長)が毎年行っているもので、26回目の今年は7社が受賞した。 企業広報大賞を受賞した東武鉄道は、東京スカイツリー […] (2010/9/2)

環境省、来年度要求額は2176億

環境省は8月30日、来年度予算の概算要求を発表した。地球温暖化対策と経済成長の両立を目指す施策などを柱とした一般会計総額は、成長戦略などに充てる「特別枠」206億円を含め、本年度当初比5%増の2176億円だった。 太陽熱 […] (2010/9/1)

大阪市、水道サービスを官民で輸出

海外の上下水道整備事業に官民が連携して進出しようと、大阪市は8月12日に「大阪市 水・環境技術海外展開推進機構」(仮称)を来春に設立すると発表した。関西経済連合会と大阪商工会議所が協力し、市の外郭団体「大阪市下水道技術協 […] (2010/9/1)

住商、自然エネで中国企業と合作

住友商事は8月26日、中国の大手電力会社である大唐集団新能源と自然エネルギー分野での開発協力を推進するための合作枠組協議書を締結したと発表した。 大唐集団新能源は、中国大唐集団グループで新エネルギー発電事業を担う子会社と […] (2010/8/31)

原子力政策大綱見直しで意見募集

原子力政策大綱の見直しの是非を検討するため、内閣府原子力委員会は7月27日から9月21日まで、郵送やインターネットを通じて国民の意見を募集する。 2005年10月に策定された現行の原子力政策大綱は、2030年以降も発電電 […] (2010/8/31)

双日系ネット排出権市場で初取引

大手総合商社の双日は8月23日、同社グループが設立したインターネット上の排出権取引所「排出権取引市場(JCX)」において、初の取引が成立したと発表した。 今回売買されたのは東京都の排出権取引制度に基づくクレジットで、大成 […] (2010/8/27)

WWF「日本人は地球2個以上消費」

世界中の人が日本人と同じ程度にエネルギーを消費したら、地球が2.3個必要―。WWFジャパンは8月25日、日本人の生活が環境に与える影響を発表した。 人間の生活がどの程度、自然環境に依存するかを示す「エコロジカル・フットプ […] (2010/8/27)

国交省、改造EVの安全性確保へ

既存のガソリン車やディーゼル車のエンジン類を取り外し、代わりにモーターと電池を搭載するコンバージョンEVについて、国土交通省は7月28日、改造に伴う安全性のガイドラインを設ける検討に着手したと発表した。 コンバージョンE […] (2010/8/26)

経産省、海洋発電所実現へ予算要求

経済産業省は、波力や海流などの海洋エネルギーで発電する「海洋発電所」の実現に向け、実証実験などに必要な金額を2011年度予算の概算要求に盛り込む方針であることが8月25日に明らかとなった。要求額は10億円程度になるとみら […] (2010/8/26)

富士通、国内初の生物多様性指標

富士通は8月19日、企業が生物多様性に与える影響を数値化して評価できる指標を作成したと発表した。 金属や紙の使用量、拠点の緑地面積などのデータを、独自の計算式で処理。事業活動が生態系の豊かさを損なう度合いや、生物種を絶滅 […] (2010/8/25)

大和ハウス、排出枠申請第1号へ

大和ハウス工業は8月23日、東京都が行う排出権取引に使われる温室効果ガスの排出枠「都内中小クレジット」の第1号を申請した。認定第1号を目指す。今後、同社は省エネや排出量取引の支援をビジネス化する予定だ。 「中小クレジット […] (2010/8/25)

木質バイオマス技術説明会を開催

東京農業大学と民間企業2社が運営する山村再生支援センターは、木質バイオマス資源の利用促進を目的とした技術説明会を9月16日から東京、盛岡、京都、広島の各都市で順次開催する。新技術やアイデアの実用化に向けたパートナーの発掘 […] (2010/8/24)

EPA、自然エネ上位50団体発表

米国環境保護庁(EPA)は8月2日、同庁が実施する「グリーンパワー・パートナーシップ・プログラム」におけるグリーン電力購入量の上位50団体を発表した。 同プログラムは企業や政府、大学等におけるグリーン電力の利用を推進する […] (2010/8/23)

丸紅、米社とCO2削減事業で提携

丸紅は8月17日、米国の食糧商社カーギル社と温室効果ガスの削減事業で業務提携を行うと発表した。具体的には途上国における森林の保全、再生可能エネルギーの導入、京都メカニズムの定めるクリーン開発メカニズム(CDM)などのビジ […] (2010/8/20)

マクロミル調査「節約意識は低下」

環境についての意識が低下し、「興味なし」と思う人が増えた―。インターネット調査会社のマクロミルが行った「エコ(節約&環境)に関する調査」(第2回)でこんな結果が明らかになった。 調査は今年7月に1000人の成人男女を対象 […] (2010/8/20)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑