NEWS

緑のコーヒー豆飲料、若手起業家が開発

世界のソーシャルビジネス/オーストリア オーストリア・ウィーン郊外で生まれた、新ジャンルの飲料「ベルンシュタイン」が欧州で人気だ。2015年、当時19歳だった若者2人が開発した飲み物で、焙煎していない緑のコーヒー豆と地元 […] (2018/4/23)

アースデイ東京2018

日本最大級、市民による地球フェスティバル「アースデイ東京2018」が、4月21日(土)、22日(日)に代々木公園で開催される。本年の目玉として、学生たちが企画運営を行う「SDGs for School」ブースが登場。持続 […] (2018/4/20)

コンセントで充電可能 話題の2人乗りミニカー

世界のソーシャル・ビジネス 欧州編スイス 2018年初夏から、スイスとドイツの一般道に、新しい小型電気自動車「マイクロリーノ」がお目見えする。幅1.5㍍、長さ2.5㍍のミニカーは環境にも配慮され、前評判が高い。注目すべき […] (2018/4/20)

フェアトレード商品購入者は意識高すぎ?

あるテレビCMがフェアトレード関係者のあいだでちょっとした話題になっている。 auのCMで、俳優の神木隆之介氏演じる高校生の高杉くんが、購買部で販売されているバナナを指して店員に「これはフェアトレードのバナナですか?」と […] (2018/4/19)

広報テーマに「オルタナ+」開催 ラッシュなど登壇

  オルタナ編集部は4月17日、読者同士や読者と編集部を結ぶイベント第5回「オルタナ+(ぷらす)」を開催した。今回は、オルタナ52号(3月末発売)で特集した「グリーン・オーシャン大賞」がテーマ。グリーン・オーシ […] (2018/4/18)

「副業・兼業」解禁、「地方で働く」がキーワード

ビズリーチやグルーヴス(東京・港、池見幸浩社長)、コデアル(東京・千代田、愛宕翔太社長)など、「副業・兼業」を掲載する求人サイトが相次いでいる。案件数や会員登録数は今年に入ってから増加しており、特に首都圏のビジネスパーソ […] (2018/4/17)

原発難民の母子「なぜ福島に帰れないか」、欧州で講演

福島原発被害訴訟原告の藤原理恵さん(仮名、47)が子ども2人を連れて3月24~25日、ドイツの2都市を訪れ、東日本大震災から7年間におよぶ苦難の生活について講演した。藤原さんは被ばくから子どもを守るため、福島県いわき市か […] (2018/4/16)

ザ・ボディショップ、寄付付き商品でレッサーパンダの絶滅危機救う

英国発のエシカルな化粧品ブランド「ザ・ボディショップ」は4月12日、買い物で動物と森を救う「バイオブリッジキャンペーン」を開始した。バイオブリッジは2016年にスタートした生物多様性保全のグローバルキャンペーンで、201 […] (2018/4/15)

ダノンジャパン、すべてのヨーグルトで甘味料など不使用に

ダノンジャパンは約2年前から、「より自然で健康的な製品を選びたい」という消費者ニーズを受けて、着色料、人工甘味料、人工香料を使わないヨーグルトの開発を進めてきた。2017年9月に先行してリニューアルし、出荷された「ダノン […] (2018/4/13)

環境NGO、「パリ協定に合致した銀行はない」

環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(以下RAN)は4月9日、米国や日本、欧州の36の民間銀行について、環境負荷が極めて高い「エクストリーム化石燃料」への融資方針を格付けした報告書を発表した。同燃料への2 […] (2018/4/9)

多賀城市発の新たな地域連携モデル「TSR」

宮城・多賀城で持続可能な地域連携モデルを探る全員参加型会議「Tagajo Sustainable Relationship」 (TSR)がこのほど、多賀城市で開催された。TSRは様々なセクターがビジョンを共有し、福祉支援 […] (2018/4/6)

みんな電力、ブロックチェーンで発電源を「見える化」

自然エネルギーを推進するみんな電力(東京・世田谷)は今秋、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った電力取引プラットフォームを開始する。同社はこれまでも電気の生産者と消費者をつなぐ「顔の見える」仕組みを構築してきたが、ブ […] (2018/4/3)

熊本地震による孤独死を防ぐ ――「『5』のつく日。JCBで復興支援」

2月から5月までの5のつく日(5日、15日、25日)にJCBカードで買い物をすると、買い物1回につき1円が、JCBより、自然災害からの復興活動に寄付される「『5』のつく日。JCBで復興支援」。この寄付金は、東日本大震災だ […] (2018/4/2)

「脱炭素革命」と日本企業の動きを改めて考える

昨年12月に放送されたNHKスペシャル「激動する世界ビジネス 『脱炭素革命』の衝撃」について語る会(主催・サステナビリティ日本フォーラム)に3月23日、参加した。パリ協定を境に「革命」に突き進む欧米企業と、いま一つ動きが […] (2018/4/1)

日本でも始まった「Good Life 2.0」の潮流とは

[Sustainablebrands.comから転載] SB国際会議のグローバルテーマである「グッド・ライフの再定義」。その要となるのが、日米タイの3カ国で展開された「グッド・ライフに関する意識調査」である。セッションは […] (2018/3/30)

世界の8億人が清潔な水を利用できず――国際NGO報告

[Sustainablebrands.comから転載] 国際NGOウォーターエイドは「世界水の日」の22日、『水の格差――世界の水の状況2018』と題する報告書を発表し、世界の8億4400万人が安全な水の入手に困難をきた […] (2018/3/29)

世界で注目を集めている 「Good Life 2.0」とは

[Sustainablebrands.comから転載] ファシリテーターに、ソーシャル・デザイナーで「NELIS」共同代表のピーター・D・ビーダーセン氏を迎えた「世界で注目を集めている『Good Life 2.0』とは? […] (2018/3/29)

サステナブル・ブランドをつくる3つのデザイン力

[Sustainablebrands.comから転載] 「サステナブル・ブランドをつくる3つのデザイン力とは?」のセッションでは、「どうしたら自社のブランドをサステナブルなものにできるか」というテーマに企業、広告代理店、 […] (2018/3/28)

ワタミがRE100に加盟、外食業界で世界初

[Sustainablebrands.comから転載] ワタミはこのほど、自然エネルギー100%への転換を宣言する「RE100」に加盟した。外食業界では世界初で、日本企業としては5社目となる。同社はこれまで風力発電事業な […] (2018/3/28)

環境や人権に配慮した「持続可能な調達」とは

[Sustainablebrands.comから転載] 企業やNPOが「サステナブル・ブランド国際会議2018東京」の「環境や人権に配慮した『持続可能な調達』とは?」と題したパネルディスカッションで、責任ある調達について […] (2018/3/27)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑