NEWS

経産省「容リ法ただ乗りは、しかるべき制裁が必要」

「容リ法(容器包装リサイクル法)ただ乗り」とは半ば公式の官庁用語で、経産省のウェブサイトにも「ただ乗り事業者対策は国の責任であり、これを防止する仕組みが不可欠である」「ただ乗り事業者の再商品化費用についても、正直な特定事 […] (2020/4/10)

「LIMEX Bag」と「Bio LIMEX Bag」の導入事例

■TBM社の「LIMEX BagとBio LIMEX Bag」の導入事例(順不同、容り法負担金の義務がないものも含む) ・SPINNS(アパレルブランド):全国29店舗で配布する買い物袋 ・ソフトバンク:全国の「ソフトバ […] (2020/4/10)

台湾の蔡総統、SNSで自らWHOへ抗議

新型コロナウイルスの封じ込めに、行政と国民が一体となった的確で素早い対応が功をなし、世界的な評価を高めている台湾。9日、外交部(外務省)の発表に続いて、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統自ら、自身のS N Sを通じて、前日 […] (2020/4/9)

花王「付け替え」仕様のシャンプー、米国で発売

花王は7日、プラスチック使用量削減に向け同社が開発したフィルム容器を初めて使用したシャンプーなど3品目を、4月米国で発売すると発表した。フィルムの隙間に空気を入れ自立した容器として使用できるボトルで、従来のボトルに比べプ […] (2020/4/9)

セブン&アイ、ムスリムや菜食主義向け食品判定

セブン&アイ・ホールディングスはこのほど、NTTドコモ、フードダイバーシティと連携し、都内のイトーヨーカドー6店舗で「食品判定システム」の実証実験を始めた。顧客がスマートフォンなどの専用アプリで店舗の棚に並ぶ商品を撮影す […] (2020/4/9)

みんな電力、新型コロナで窮する利用者の料金猶予へ

新電力のみんな電力(東京・世田谷、大石英司社長)は、新型コロナ禍で売上高が減少した事業者や生活困窮者に対して、電気料金の支払い期日を1カ月間延長すると発表した。新電力会社がこうした配慮をするのは極めて珍しい。(オルタナS […] (2020/4/8)

聴覚障がい者ら「コロナ会見で手話通訳を放映して」

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が7日、7都道府県を対象に発令された。状況が刻々と変化するなか、政府や各都道府県が実施する会見の内容が、聴覚障がい者を含むコミュニケーションに困難を抱える人に行き […] (2020/4/8)

エシカル通信簿:首位サントリー、最下位は?

国内非営利組織のネットワーク「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」はこのほど、第4回「企業のエシカル通信簿」(2019年度)の結果を発表した。(オルタナ編集長・森 摂) この調査は2019年度が4回目で、これ […] (2020/4/7)

JCB復興支援、石巻を持続可能で豊かな地域へ

2011年の東日本大震災発生後、JCBは『「5」のつく日。JCBで復興支援』を立ち上げ、被災地のさまざまな復興支援活動を支援してきた。5月までの「5日」「15日」「25日」にJCBカードを利用すると、買い物1件につき1円 […] (2020/4/7)

「二足歩行障がい」で社会のバリアを体感

■オルタナ本誌60号 世界のソーシャル・ビジネス アジア編 日本から 日本ケアフィット共育機構(東京・千代田)は2020年秋、体験型の「バリアフルレストラン」を都内で開く。車イス利用者を多数派、体験者を「二足歩行障がい者 […] (2020/4/7)

トヨタ、再エネ確保へLLP設立

トヨタ自動車は3日、中部電力と豊田通商と組み、7月にトヨタグリーンエナジー有限責任事業組合(LLP、愛知県名古屋市)を設立すると発表した。同LLPで、再生可能エネルギーを取得し、トヨタ自動車への供給を目指す。トヨタ自動車 […] (2020/4/4)

持続可能な買い物で社会変革を促す

■オルタナ本誌60号 世界のソーシャル・ビジネス北米編 米国から オンラインショップを展開するダングッド(本社・米マサチューセッツ州)は、200以上のサステナブルなブランドによる衣食住商品をそろえ、社会を良くするための買 […] (2020/4/3)

日本コカ、水のPETボトルからラベルを追放へ

日本コカ・コーラは2日、製品にラベルを貼らない「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を4月から全国で発売すると発表した。ラベルをなくすことでプラスチックごみを減らすとともに、はがす手間をなくしてごみの分別をしやすくする狙 […] (2020/4/2)

アパレル余剰在庫の売買で、CO2削減量を表示

余剰在庫など従来廃棄されてきた衣料の卸売・仕入れサイトを運営するウィファブリック(大阪市、福屋剛社長)は31日、売買を通じたCO2削減量を利用者に表示するサービスを始めたと発表した。取引した衣料が廃棄・焼却された場合のC […] (2020/4/1)

循環水でサーモン養殖 スイスで販売好調

■オルタナ本誌60号 世界のソーシャル・ビジネス 欧州編 スイスから 海がないスイスでも魚介類の消費は増えている。湖の捕獲魚や小規模で生産された養殖魚もあるが、96%は輸入だ。一番人気のサーモンも輸入で、ほとんどが海面養 […] (2020/4/1)

NZも「非常事態」宣言、大学まで一斉休校

■新型コロナに揺れる世界:ニュージーランド編 ニュージーランド政府は3月25日に「国家非常事態」を宣言し、19日からは日本を含む全世界からの入国を禁止した。幼稚園から大学まで、あらゆる教育施設にも休校を命じた。(NZニュ […] (2020/3/31)

ジェンダー平等戦略「Panel Promise」とは

デロイト トーマツ グループ(東京・千代田)は2月から、ジェンダー平等戦略「Panel Promise」(パネル・プロミス)を導入している。同施策で、イベントのパネルセッション登壇時のメンバー構成で「40%(男性):40 […] (2020/3/31)

CO2の削減目標、日本の「据え置き」に大ブーイング

日本政府は3月30日、パリ協定における温室効果ガス国別削減目標(Nationally Determined Contribution: NDC)の引き上げを行わないことを発表した。日本のNDCを巡っては、機関投資家やNG […] (2020/3/31)

千葉商科大、国際的な気候非常事態宣言に初署名

千葉商科大学はこのほど、環境問題に取り組む3つの国際高等教育機関が共同で発出した気候非常事態宣言の文書に、日本の大学として初めて署名したと発表した。文書は、国連環境計画(UNEP)の教育組織など3機関が気候非常事態を宣言 […] (2020/3/28)

花王が取得したABINC認証とは

花王は27日、同社の小田原事業場が「いきもの共生事業所認証」(ABINC認証)を取得したと発表した。同認証は、自然と人との共生を企業活動において促進することを目的に、いきもの共生事業推進協議会(ABINC)が第三者評価す […] (2020/3/28)

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑