グリーン天職バイブル2013

一杯のジュースから森林再生を

株式会社フルッタフルッタ

代表取締役 長澤 誠

当社のこだわり:一杯のジュースから森林再生を

当社は「自然と共に生きる」を理念に掲げています。これはブラジルのアマゾンに移住した日系人から学んだもので、彼らは当社のサプライヤーであるCAMTA(カムタ)農協の組合員でもあります。

日系人は今から80年以上前にトメアスという町に入植し、当初は単一栽培のプランテーションで莫大な富を得ました。

しかしその後、病害による壊滅的な被害を受け、持続的な農業を模索する中、自然と共生して生きる先住民からヒントを得て、複数の作物を混植する「森をつくる農業」と称されるアグロフォレストリー農法を築きあげたのです。

当社が扱うアサイーをはじめとするアマゾンフルーツ原料はそのアグロフォレストリーで栽培されたものが含まれています。

CAMTAとは独占契約を結び、生産と販売を分担する一心同体のパートナー関係にあります。当社は購買量を増やすことで利益を還元し、アグロフォレストリーを拡大させアマゾンの荒廃地を緑に回復させていく責任があります。

アグロフォレストリーから生まれた多様な原料を扱うには消費も多様であること。これに基づくテーマ「一杯のジュースから森林再生を」は当社の原点です。

経営の志:資源をシェアし、経済力で拡大

多様性相手のビジネスは容易ではありません。資本主義は効率重視の短期的な利益を求めるため「モノカルチャー」が原則で、その資本主義を世界の国々が推し進めた結果、至る所で自然破壊や資源の枯渇問題が発生しています。

世界が環境のために発展を抑制しようなどという後退は不可能に等しいのです。

これからの時代は限りある資源(=自然資本)をシェアしその後経済力で拡大させるという発想が必要で、当社は他業種の企業が手を結び、資源を共有するアライアンス構想を提起しています。

当社が目指すのは自然資本経済の実践であり、自然の仕組みに沿った経済活動で環境と経済の両立を可能とするグリーンエコノミー社会の実現です。

「企業が変われば消費者が変わる、消費者が変われば社会が変わる、社会が変われば世界が変わる」という好循環を信じ、根気強く提言を続けていきたいと思います。

特筆すべきCSR活動:アグロフォレストリーでCSVを実現

当社は事業自体がアグロフォレストリーの発展に直結するため、CSV(クリエーティング・シェアード・バリュー=共有価値の創出)と称した方が的を射ており、事業の全てがCSVに通じています。

環境省から事業者として採択されたエコアクションポイントも、CO2削減の可視化に挑戦した政府主導プログラムにアグロフォレストリーが認められたものです。

近年ではトメアスの非組合員の小規模農家を対象としたアグロフォレストリーの技術普及と産品の購入がBOP事業として成立するか、CAMTAと共に調査しました。

経営者・個人として思うこと:原動力は信じる力

起業前の私は環境とは無縁の人間でした。それが偶然を重ねてアマゾンにたどり着き、CAMTAとアグロフォレストリーに巡り会い、その産品であるアマゾンフルーツで起業するに至りました。

初めてアグロフォレストリーに出会った時の衝撃は忘れられない体験で、私はそこで経済活動が環境を犠牲にするのではなく、むしろ回復させている希有なシステムを世界に広げたいと思いました。

これこそ未来型の農業で、自然資本主義のビジネスモデルになると直感したのです。

起業したときは、何を諭されようと私は自分の直感を信じていました。

原動力は、「信じる力」と、人のために何かを成そうとする「利他心」だったのではないでしょうか。

トメアスの日系社会のため、アマゾンの環境のため、果てはブラジルのためになると信じてきました。創業して10年になり、共に歩んできたCAMTAとの信頼はより強固なものとなりました。

理想の社員像:求めるのは「個の力」

まずは一人間として美しいものは美しいと感動する「感受性」、それを認める「素直さ」と他者を想う「思いやりの心」を持っていることです。

そして、コミュニケーション力や責任感を備えていることも大前提です。

さらに当社においては、事業構成が原料の輸入・卸、自社商品の開発・製造・小売、通販、店舗運営、これらをサポートする事務方と多岐に渡り、少数の社員で賄うには、ほぼ一人一役のような状態です。

そのため、自主的に考えて行動できる「主体性」と他の社員とチームワークを維持できる「協調性」が求められます。そして、ベンチャー企業の要となる冒険心や行動力、諦めない心を持ち合わせていることも理想です。

若手社員から

永谷 洸(ながたに・ひろし)
営業部
社歴:1年(2014年1月現在)

私は学生時代からフルッタフルッタのアサイーを愛飲しており、現在そのアサイーを広める業務に携われていることに喜びを感じています。また学生時代にアマゾンを旅した際、現地の森林破壊を目の当たりにし、その当時抱いた森林再生という命題に対し、「アグロフォレストリー」という持続可能な経済活動を通して取り組めていることに大きなやりがいを感じています。

社風は20代後半から30代前半の社員が多く、部署間の垣根もなく、相談もコミュニケーションも自由に取れる風通しの良い職場です。同時に人数が少ないため各担当の業務は多岐に渡りますが、その分、裁量も大きく、それぞれが責任を持ってダイナミックに取り組めるところは魅力的です。

まだまだアサイー市場は世界的に成熟していません。しかし当社には自らが創造的にアイデアを出し、積極的に行動を起こせば「カタチ」にできる環境があります。 まさにそういう意味で“vale tudo”※でチャレンジングな会社だと思います。

※vale tudo: (ヴァリ・トゥード)ポルトガル語で「何でもあり」という意味

会社データ

会社名(団体名): 株式会社フルッタフルッタ
住所: 東京都千代田区神田神保町3-3 神保町SFⅢ2F
業種: アマゾンフルーツ 原料輸入卸・食品製造・ジュースバー運営
資本金: 9000万円
設立年: 2002年
従業員数: 28名
前期年商:
ホームページ: http://www.frutafruta.com

募集要項

求人者名: 株式会社フルッタフルッタ
所在地: 東京都千代田区神田神保町3-3 神保町SFⅢ2F
職種名:
職務内容:
採用予定数: 不定期
応募資格:
勤務時間: 9:00─18:00
休日・休暇 : 土日祝、年間124日
賃金: 新卒22万円~
就業場所: 同上
試用期間と
本採用までの
期間と両条件:
3カ月(同条件)
待遇・福利厚生:
備考:
応募方法: 問い合わせ先:人事担当
ページの先頭に戻る↑