グリーン天職バイブル2013

自然資本を守り、生かす経営を

株式会社レスポンスアビリティ

代表取締役 足立 直樹(写真中央)

当社のこだわり:2025年までに持続可能な社会を

いまの持続不可能な社会を持続可能にするために、2025年までにその礎を築く、それが私たちのビジョンです。

もちろん自分たちだけでこの大きな目標を達成することはできません。ですから、現代の社会の重要なアクターである企業を持続可能にする、そのお手伝いをすることを通じて社会を持続可能にすることを目指しています。

とても大きなチャレンジですが、時間は限られています。そのため、私たちは、本質的なことに、本気で取り組むことを大切にしています。こうした変化を起こしていくために、何事にも是々非々で臨み、常に正直に言うべきことは言うことにもこだわっています。

具体的な業務では、生物多様性が大きな柱になっています。これは、自然保護活動を手伝うということではありません。生物多様性が構成要素となる自然資本が、企業活動を含めた私たちのあらゆる活動を支えています。その自然資本を守り、生かす経営、そのモデルを作ることを目指しているのです。

経営の志:ビジネスのやり方を持続可能に

私はもともと生態学の研究者でした。環境を保全するために、自然科学の知見や科学的なアプローチが重要だろうと考えて、研究者になったのです。しかし、実際の行動なしには社会は変わらないと感じてから、企業と共に仕事をすることにしました。

環境保護に熱心な研究者や市民は、いつも企業が悪いと非難します。しかし、それだけでは企業も社会も変わりません。それに、企業活動には、私たち自身が大いに依存しており、企業のない社会というのは今や考えにくいでしょう。悪いのは企業そのものではなく、いまのビジネスのやり方なのです。ですから、そのやり方を持続可能なものに変えることを目指せばいいのです。

こうした自分の経験を通して、経営で大切にしている思いが形作られたと思います。そして、いま経営において重視していることは、行動すること。本質を見極め、レバレッジを効かせること。対立ではなく、協働すること。問題を小さく分解してから取りかかること、さらにもう一つ付け加えたいのは、どうせやるなら、楽しくすること、です。私自身、常に自分が興味あること、やりたいことを選んできました。こうしたやり方を、社員にも、社外にも、広げていきたいと思います。

特筆すべきCSR活動:日常業務すべてがCSRにつながる

企業の中でCSRを推進することが私たちの仕事ですので、日ごろの業務すべてがCSRにつながると考えています。自社で特に行っていることとしては、オフィスで使用している電気と出張で使用する航空機について、CO2を完全にオフセットしています。

経営者・個人として思うこと:企業のあり方や働き方の転換期を迎えて

いま私たちは時代の大きな変革期にいると思います。それは、企業のあり方(と言っても、それはたかだか100年前にできたスタイルに過ぎませんが)が大きく変わろうとしているのです。

それは、いまの経済活動が地球の物理的な壁にぶつかってしまっているからです。持続可能なビジネスに移行できない企業は、今後次第に淘汰されていくでしょう。

残念ながら、多くの会社が消えていくはずです。ですから、お客さまの会社が淘汰されないように、持続可能なビジネスにスムーズに移行してもらうことをお手伝いする私たちの仕事がより重要になると考えています。

これと平行して、個人の働き方も大きく変化していくはずです。日本の企業は、今ほどの労働者を必要としなくなるからです。

もともと私たちは食べるためだけに仕事をしているわけではありません。生活に必要なものをすべて買う必要もありません。

自分の時間のほとんどを組織での仕事に提供するのではなく、自分自身の生活のために使う時間をもっと多くしていく、そして自分の手足を実際に使って生活していく。そういうことがもっと普通になるでしょう。そうした社会への転換もお手伝いしていきたいと考えています。

理想の社員像:キラッと光る本気の人

価値観が共有でき、人間として信頼できることが第一です。そして、当社のビジョン、ミッション、バリューに賛同し、持続可能な社会の構築に向け、全力を尽くせる人。専門的知識や熱意があるだけではなく、自分が持つあらゆる知識と経験を総動員して現実的に問題解決ができる人。

広い視野と論理的な思考力は必須。その他に、日本語以外の言語で調査や仕事ができる、ITを使いこなせる、海外経験のある、そんな人を求めています。すべての条件を兼ね備えている必要はありません。キラッと光るものを持っている、本気の人をお待ちしています。

 

若手社員から

井上 孟(いのうえ・つとむ)
コンサルタント
社歴:5カ月(2014年1月現在)

私は大学院で環境科学を修めた後、環境分析の業界でキャリアをスタートしました。環境分析は企業の環境負荷を測定し、適正化する役割があります。しかし仕事をするにつれ、多くの企業は環境問題に実は関心がなく、法律で要求される最小限の事を事務的に行っているだけだと強く感じるようになりました。そこで私は、環境保全のためにはそのメリットを企業に明確に、特に財務データとして示す必要があると判断し、アメリカで1年半、経営学を学びました。ここで海外の取り組みや企業経営の本質など様々な事を学んだ後、最後にたどり着いたのがレスポンスアビリティです。

ここでは環境保全を企業のチャンスとしてとらえ、戦略的な対応方法を顧客に提案します。一旦企業が行動を起こせば社会に大きなインパクトを与えます。仕事では、海外企業との連携や調査の他、コンサルタントとしての論理的思考や提案力が求められるタフなものですが、自分の仕事一つ一つが社会を良くする、という事実は日々私に大きなモチベーションを与えてくれます。

会社データ

会社名(団体名): 株式会社レスポンスアビリティ
住所: 東京都品川区上大崎1-1-4-102
業種: コンサルタント業
資本金: 1000万円
設立年: 2006年
従業員数: 4名
前期年商:
ホームページ: http://www.responseability.jp

募集要項

求人者名: 株式会社レスポンスアビリティ
所在地: 東京都品川区上大崎1-1-4-102
職種名: ①コンサルタント
②事務スタッフ
職務内容: ①コンサルタント業務全般(調査・分析、戦略立案、方針、行動計画策定など)
②入力作業や資料作成などのオフィス周りの事務作業を中心に研究会事務局としての運営サポートや窓口対応をお任せします
採用予定数: ①正社員若干名
②契約社員若干名 ※正社員登用制度あり
応募資格: 採用情報をご覧ください
勤務時間: 9:00─18:00
※場合により指示のもと残業あり
休日・休暇 : 土日祝、夏季休暇、年末年始休暇
賃金: ①応相談
②時給1300円~
※経験スキルに応じます
就業場所: 同上
試用期間と
本採用までの
期間と両条件:
6カ月 ※条件は応相談
待遇・福利厚生: 雇用保険、労災保険、有給休暇
備考: 学生インターン随時募集
応募方法: 採用担当:溝上(みぞかみ)
info■responseability.jp
※■を@に変えて送信
※「オルタナを見ました」とお伝えください

採用情報 www.responseability.jp/recruitment
ページの先頭に戻る↑