グリーン天職バイブル2013

障がい者の社会進出をアシスト

NPO法人 WEL’S新木場

橋本一豊施設長

 

 

 

 

 

当社のこだわり

当法人の事業内容は、企業就労を目指す障がいのある人がスムーズに就職できるよう橋渡しをする「就労支援事業」を主としており、事業収入のほとんどは行政など公的な機関からの委託や助成によるもので、原則決まったことを決まった通りに行うことが求められます。

しかし、多様化している支援ニーズに応えるためには、現在の公的な制度ではカバーしきれない領域があります。そこで、当法人では公的事業のほかに、企業との協働で「企業内就労訓練事業」という、より実践的な職業訓練の仕組みを作っています。

この独自事業は、公的な制度が適応されず運営上の課題はありますが、支援ニーズに対してより柔軟な対応ができるというメリットがあります。この事例は全国的にもまだ少ないのが現状ですが、就労支援を進めていく上での新たな選択肢として、同様の取り組みが広がっていくよう普及啓発に取り組んでいく所存です。

経営の志

国立ファームの高橋がなり社長とお会いしたときに、「100の能力のある人は100を、10の能力の人は10の能力を、自分のキャパを使いきるまで努力させられる。そう考えると人生は平等で、能力のある人はまだ開花していない人の能力を育てていく義務がある」という話を聞き、まさに仕事人のあるべき志だと思いました。

自分たちもプロとしてこの仕事と向き合っていくために、障がいのある人が社会で開花していくための能力を見極め、支援者としての関わりを意識していくことが求められます。スタッフ全員が対象者の持っている能力の限界を決め付けずに、共に社会で活躍するパートナーとしてその人の持っている能力や課題に「気付き」を与えるためのきっかけになることがプロの仕事であり、そのことにスタッフ全員が「気付く」ように行動していくことも経営者としての義務だと思っています。

特筆すべきCSR活動

障がいのあるなしにかかわらず、社会で共に活躍する姿を創造しアクションを起こしていくことが当法人のミッションであり、法人の活動の幅を広げていくことがCSRに直接結びつくと思います。企業など(行政などの公的機関含む)が障害のある人の雇用に取り組む動機の一つに「障がい者雇用率」というものがあり、障がい者雇用の取り組みを知るための手掛かりですが、現場では数字だけでは語れない部分が多々あり、それを評価する手段が現状ほとんどありません。

しかし、企業と福祉が連携し、現場担当者のさまざまな工夫で障がいのある人が見事な戦力として活躍している事例も多くあります。どのような想いで、どんなプロセスで雇用を進めているかを広く知ってもらうために、企業と福祉が協働で一緒に障がいのある人が社会で活躍できる環境を作り上げていくことがCSRだと思います。

近い将来、福祉からみた障がい者雇用の現場の状況を発信していきたいと考えています。

経営者・個人として思うこと

この仕事に携わってから、本当に個性的で魅力的な方々との出会いが増えました。時には、予想だにしない出来事に驚かされることもありますが、なぜそのようなことが起きるのか突き詰めて考えていくこともこの仕事の醍醐味でもあると感じています。

しかし、今の社会と照らし合わせてみると、周りと足並みを揃えることにとらわれ、個性的な人が阻害されているように感じることがあります。いじめの問題とも共通すると思いますが、個性や人と違った価値観を表現することが阻害される要因になることが多いと思うのです。

私は今の仕事に関わり、クライアントの個性をどのようにこの社会に生かしていけるかという視点で考えるようになりました。たとえば、コミュニケーションが苦手な人でも、絵カードを活用することで、きちんと責任のある仕事を行なうことができます。固定観念を持たずに、その人の個性や能力を見抜き、戦力として育てている企業は、結果的に生産性を上げています。このような企業が増えれば経済も発展すると思うのです。私はこの仕事を通じて、個性を生かし戦力として活躍している方々のことをより多くの人に知ってもらいたいと思っています。

理想の社員像

この仕事は、自制心・忍耐力・自主性が必要な仕事です。「誰かがやってくれる」「何をすればいいのか分らない」という労働者の感覚では長くは続きません。どんな状況の中でも必ず自分のできることはあり、今の状況をより良くするための発想と行動から仕事が始まります。

私たちのところに相談に来られる方は「不安」や「恐れ」を抱いていることがありますが、それを「希望」や「安心」に代わる支援をしていくことが仕事になりますので、常に前向きな発想であきらめずに解決しようとする姿勢が求められます。そのために自身をコントロールしていくことは簡単なことではありませんが、結果的に自身の成長にもつながるのです。クライアントがより幸せになるために、何ができるかをあきらめずに考えていける人と一緒に仕事をしたいです。

若手社員から

梶田 翔(就労支援員/社歴年数0年9カ月)

現在自分は当法人の運営する移行支援事務所の就労支援員という立場で、就職を目指している障がいを持った方々と接しています。日々の訓練の中その場その場で、それぞれ利用者さんに対しどのような行動・接し方をするのがベストなのか、毎日自分なりに考えながらの支援ですが、後々になってそんな自分の対応の仕方について振り返ると、至らなかった点がたくさん出てきます。

日々の中で色々なことを考え、振り返っていくうちに、「人と接するときは、きちんと相手の話を聴く」など当たり前のことに気付かされる場面は少なくありません。支援者である自分にとっても毎日が発見であり、色々なことを考えていく中で自分を見つめ直し、気付かされることが沢山あります。それが利用者の方々の為でもあり、なにより、自分自身の『人としての成長』に繋がっているのだと思っています。利用者の方々と、また自分たち支援員と共に成長していきましょう!

 

 

 


 

 

 

 

会社データ

会社名(団体名): NPO法人 WEL'S新木場
住所: 東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクエア1036
業種: 福祉(障がい者支援)
資本金:
設立年: 2006年
従業員数: 18人
前期年商:
ホームページ: http://www.wels.jp/index.html

募集要項

求人者名: 障害のある人の就労支援員募集
所在地: 東京都足立区
職種名: 障がいのある人の就労支援
職務内容: 就労移行支援事業所及び企業内就労訓練事業での支援業務
採用予定数: 契約社員1名、アルバイト2名
応募資格: 福祉に関する資格のある方または資格取得を目指している方、体力のある方
勤務時間: 9時~18時(日曜日定休のシフトによる週休2日制)
休日・休暇 : 週休2日、祝日出勤の場合振休
賃金: 契約社員:20万円 アルバイト:時給1,000円
就業場所: 東京都足立区
試用期間と
本採用までの
期間と両条件:
試用期間3カ月(条件は同等)
待遇・福利厚生: 契約社員(社会保険、雇用保険加入)
備考:
応募方法: お問い合わせ先:橋本 03-5837-4495 (就労準備センターわだち) hashimoto■wels.jp
※■を@に変えて送信
※「オルタナを見ました」とお伝えください
ページの先頭に戻る↑