サステナブル

This tag is associated with 13 posts

2020/04/03

持続可能な買い物で社会変革を促す

■オルタナ本誌60号 世界のソーシャル・ビジネス北米編 米国から オンラインショップを展開するダングッド(本社・米マサチューセッツ州)は、200以上のサステナブルなブランドによる衣食住商品をそろえ、社会を良くするための買 […]...続きを読む »

NEWS

2020/04/01

循環水でサーモン養殖 スイスで販売好調

■オルタナ本誌60号 世界のソーシャル・ビジネス 欧州編 スイスから 海がないスイスでも魚介類の消費は増えている。湖の捕獲魚や小規模で生産された養殖魚もあるが、96%は輸入だ。一番人気のサーモンも輸入で、ほとんどが海面養 […]...続きを読む »

NEWS

2020/03/31

シチズンL:社会性をけん引 エシカルウオッチ

大人のためのエシカルな時計として2016年に誕生したシチズン時計の「CITIZEN L(シチズン エル)」。デザインや機能性だけでなく社会や環境へ配慮したエシカルなコンセプトが今の女性の気持ちをつかみ、広い世代に受け入れ […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/12/20

豊島がWWFとタッグ、持続可能な「水利用」と「繊維調達」を推進へ

豊島(愛知県・名古屋市)はこのほど、国際環境NGOのWWF(世界自然保護基金)ジャパンとの協働を開始すると発表した。日系ファッション企業としては初となるWWFジャパンとの協働によって、地球環境の保全とサステナブルなファッ […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/04

英国発、長さを調節できる「携帯ストロー」

大西(大阪市)はこのほど、英国発のライフスタイルブランド「Lund London(ルンド ロンドン)」から持ち運びに便利な「Skittle Straw (スキットル ストロー)」を発売した。伸縮構造になっており、カップや […]...続きを読む »

NEWS

2017/11/24

サステナブルな水産起業家育成事業、第2期募集

Hub Tokyo(東京・目黒区、槌屋詩野代表取締役)とWWFジャパンは、持続可能な水産業を目指す起業家を支援する「OCEANチャレンジ」プログラムの第2期生を募集している。今回はメンターを増員し、第1期生との交流も図り […]...続きを読む »

NEWS

2017/10/05

生ゴミをほぼ完全分解、間伐材も有効活用:掛川

[Sustainablebrands.comから転載] 静岡県掛川市と地元のNPO法人「時ノ寿(ときのす)の森クラブ」は4月から、「キエーロ掛川普及事業」を行っている。「キエーロ」はバクテリアの力で土に埋めた生ゴミをほぼ […]...続きを読む »

NEWS 未分類

2016/11/30

サステナブル経営を支える人的資本をどう評価するか?

「社員は最大の資本だ」という言葉を耳にしたことがあるだろう。ヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏をはじめゼロックスのアン・マルケイヒー前CEOなど多くのビジネスリーダーも使っている言葉だ。米ゴールドマン・ […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/29

サステナブル魚の小売りランキング初参加の生協が2位

  国際環境NGOグリーンピース・ジャパンが11月21日、「お魚スーパーマーケットランキング6」の結果を発表した。乱獲による水産資源の減少を受けて、小売りの調達意識を問う年次アンケート調査で、従来の大手5社対象 […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/25

地理的要因に左右される世界のサステナブル目標

パリ協定から1年、モロッコで国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP22)が開かれた。COP1がベルリンで開かれてから22年がたった。COP22は、現状で私たちがプラネタリーバウンダリー(人類が生存できる範囲の限界)でこ […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/15

カードゲームで「SDGs」を体感―利他の心で考える

「今、私たちが學んでおかなくてはならないこと」をテーマにセミナーを開催しているVISIONARY INSTITUTEは、11月11日、「SDGs(持続可能な開発目標)」に関するセミナーを行った。SDGsとは何か、という講 […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/08

映画「TOMORROW」持続可能な未来は市民が作る

仏ドキュメンタリー映画「TOMORROW パーマネントライフを探して」(2015年仏作品、シリル・ディオン、メラニー・ロラン監督、120分)が12月から全国で順次公開される。監督と主演の二人は、「今の生活を変えなければ、 […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/07

MSなどの米シアトル企業、地球温暖化対策の牽引役に

  今年10月、シアトル中央商工会議所は、加盟企業の環境対策を分かりやすく盛り込んだ報告書を発行した。11月4日に発効した「パリ協定」を想定し、同商工会議所に加盟するアマゾン、マイクロソフト、スターバックスとい […]...続きを読む »

NEWS

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑