1、これからの経営は差異のマネジメント。AorBではなく、AandB

個人か組織か?正社員かパートか?短期か長期か?ワークかライフか?

今までの経営は、AorBのどちらかを選択し過去の事例を踏まえて答えを導き出し経営の舵を切ってきたように思います。(矢萩 大輔・有限会社人事・労務 代表取締役)

しかし、多様な時代になり、AorBからAandB、つまりは、個人も組織も、正社員も非正社員も、ワークもライフも、両方を内包し、そこから今までにない新しいものを未来に向けて生み出していくことが、企業の成長に最も重要な視点となってきます。

企業が個人に寄り添い、いずれをも内包した幸せな職場・働き方・ライフスタイルのデザインをいかに手助けしてあげるかが、お金を稼ぐ以上に大切な時代になってきていると私は考えます。そのためには、「お互いをよく知り、関係性の質を高めていくこと」が大切なのです。

2、「関係性の質の向上」を組織のマネジメントの中心に据える

マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授は、組織の成功の出発点は関係の質の向上から始まるといっています。関係性の質は、思考の質そして行動の質へとつながり、経営の質向上が実現できるのです。

私たちは、この考え方を軸に、多くの企業が業績のマネジメントから組織開発を推進するマネジメントへと舵を切るべきだと考えています。また、個の能力開発だけではなく、組織そのものの開発という視点で働きかけを行なうことが重要だと考えます。

そのために、まずは、「お互いを知り、信頼し、共感する」レベルまで組織内の関係性の質を向上させていきます。つまりは、職場の中で、互いの幸せの軸は何なのかを知り合い、差異を認知していくことです。そこからお互いに共感できる部分を見つけ内包するところから、イノベーションは生まれていくのです。

イノベーションといわれる数々の商品、例えば、いちご大福や食べるラー油、任天堂のWIIといった革新的な商品はすべて、異質な物同士をつなげ内包し新たなものを創り上げた結果です。私たちも同様に、ただの知り合い・共感できない仲間からは新しいコトやモノは生まれないのだと捉えることができます。

1 2 3 4 5