このコラムに投稿させていただくにあたり、「何をテーマの軸にして自分の思いを伝えようか」様々思案した。そこで、2015年9月、国連サミットおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダSustainable Development Goals=SDGs」を、このコラムを通じて、より身近なものに引き寄せることはできないだろうかと、閃いた。私の身の回りで起きている出来事を、SDGsに掲げられた「17の目標」の視点からできるだけ平易に見つめ直したらどうなるだろうかと。(少なからずともこれで17回は投稿できるなぁ・・・笑)

記念すべき?第一回は、『開発途上国における障がい者の自立支援』について、「SDGs目標10:人や国の不平等をなくそう」という視点から、皆さんと一緒に考えてみたい。

本題に入る前に、多少、私の「素性」を皆さんにお伝えしなければならないであろう。私は現在、首都圏において150店舗ほど保険(調剤)薬局を展開する薬樹株式会社のグループ企業で障がい者雇用を推進する「特例子会社薬樹ウィル」に所属している。

様々な障がいを持った20名の仲間、それをサポートしてくれる10名のスタッフと共に、一人でも多くの社会的自立を実現しようと日々邁進している。

仲間の中には、定期的に個展を開催するほどの絵画の才能を持つメンバーや、昨年開催された「いわて国体障がい者大会」の水泳競技(バタフライ)にて「銅メダル2個を獲得」したメンバーもいるなど、その秀でた能力にはいつも新鮮な驚きを感じている。

前者のUさん(42歳)は、自閉症と重度の知的障がいを持ち、薬樹ウィルが設立された2010年から初期メンバーとして活躍してくれている。

今回、ベトナム・ハノイを訪れることができたのも、そんな才能溢れるメンバーとそのご家族が、長年に渡って、障がい者の自立支援に関する様々な活動を継続してこられた賜物である。

今回参加したイベントは、ベトナム自閉症ネットワーク(Vietnam Autism Network:VAN)が主催する「自閉症者アート展示会 in ハノイ」で、Uさんの絵画が特別招待展示されたのです。

この展示会は、絵画展示のみならず様々な造形アートや音楽もミックスしたとても魅力的なイベントであった。

1 2 3