■オルタナ本誌61号 「エコでヘルシーな食空間」 から

鎌倉の長谷駅から大仏通りを海に向かい徒歩1分。2016年4月にオープンしたBASIC(ベーシック)は、あたたかみのあるウッドデッキと、クラシックな黒のチョーク看板が特徴のコーヒースタンド。木製枠のガラス戸を開けると、シンプルな装飾の店内にコーヒーの芳醇な香りが漂う。

観光地である鎌倉の駅近店にもかかわらず、客の7割は地元の人々だという。小さな子どもを連れた家族から、近隣の店舗経営者など、皆ここに来ることがまるで生活の一部であるかのように足を運ぶ。

低温でじっくり焼いた豚肉を裂き、オリジナルソースで味付けしたプルドポーク とチーズのホットサンド(760円)

*この続きは雑誌「オルタナ」61号(第一特集「新型コロナと持続可能性」、6月30日発売)に掲載しています