【連載】世界のエコホテル巡礼

今回紹介するエコホテル:SORANO HOTEL(東京都立川市)

印象的なホテル名に惹かれ、とりもなおさず向かったのは、新宿から30分で到着する立川市だ。JR駅を後にし、ほんの数分歩けば新街区として誕生した再開発地区「GREEN SPRINGS」(3.9万平方メートル)に到達する。

テントをイメージしたというダイナミックな木造の高い天井

目指す「SORANO HOTEL」は、国営昭和記念公園に隣接し開放感のある環境にあった。ホテル開業は2020年6月8日。新街区はレストランや店舗、美術館、イベントホールなどが集まり、「空と大地と人がつながる、ウェルビーイングタウン」としての再開発である。新街区同様、ホテルはメインコンセプトを「Well-Being」と掲げている。

ウェルビーイングとは、エコロジーや流行のSDGsとも異なり、スパの求める「癒し」とも違う。「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)をいう」(1948年、WHO)との概念である。

1 2