CSR monthly

先が見えない時代、シナリオ分析に光明あり【世界を変えるCSV戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) 従来の中期経営計画のやり方を見直す企業が増えているようです。三菱商事は、従来の3 年単位の収益目標と事業戦略による中計をやめ、長期的な「ありたい姿」を設定し、そこからバックキャスティングで […] (2015/4/3)

CG の方向性、国際学会で白熱議論(2)【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 9月19日に開催されたJFBS 第3回年次大会兼国際ジョイント・カンファレンス企画セッションでの、日本企業のコーポレート・ガバナンス(CG)を巡る議論について紹介し […] (2015/3/30)

CSV/シェアード・バリューの進化【世界を変えるCSV 戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) 私もCSV(クリエーティング・シェアード・バリュー)について5 年以上考えてきていますが、海外においてもCSV は、10 年以上かけて進化しています。 CSV と言えば、マイケル・ポーター […] (2015/3/26)

企業と社会―国際学会での議論(1)【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 9月19~20日、早稲田大学でJFBS第3回年次大会兼 国際ジョイント・カンファレンス「CSRとコーポレート・ガバナンス」(主催・共催:企業と社会フォーラム、フンボ […] (2015/3/23)

イノベーション4.0 への種【世界を変えるCSV戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) イノベーションは、第4期に入ったと言われます。第1期は、発明家が単独で発明する時代で、人類史のほとんどがこれに入ります。エジソンに代表される発明家がイノベーションを生み出してきました。 第 […] (2015/3/20)

責任ある企業経営̶̶研究者と実務家による議論を【企業と社会の関係】

今回は、今月19-20 日の2 日間にわたって開催予定の国際ジョイント・カンファレンス「CSR とコーポレート・ガバナンス」(主催・共催:学会 企業と社会フォーラム、フンボルト大学国際CSR カンファレンス(※)、ベルリ […] (2015/3/16)

CSV の成果を測定する【世界を変えるCSV 戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) CSV でもCSR でも、体系的に推進するための基本は、PDCA マネジメントです。活動の目標を定め、活動後に結果を評価し、必要な改善を加えていきます。PDCA をしっかり回すためには、目 […] (2015/3/11)

なぜ、日本企業は人権問題に苦慮するのか【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 今回は、7月20日開催のセッション「ビジネスと人権」の内容を紹介致します。報告者として、熊谷謙一氏(国際労働財団副事務長)、黒田かをり氏(CSOネットワーク事務局長 […] (2015/3/9)

社内を活性化するCSV マネジメント【世界を変えるCSV 戦略】

株式会社クレアン 水上 武彦 CSV やCSR のマネジメント方法としては、大きくハード・マネジメントとソフト・マネジメントがあります。 ハード・マネジメントとは、組織的にアウトプットを管理するやり方です。CSV やCS […] (2015/3/3)

日本のソーシャル・コンシューマー【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 前回に引き続き、JFBS 2012年度(2012年9月~2013年8月)助成対象研究として採択された研究について紹介致します。今回は、4月2日開催の研究会における報 […] (2015/3/2)

紛争鉱物規制をめぐる現状【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) JFBSでは、企業と社会の関係性にかかわる研究の促進を目的として、JFBS会員を対象に、研究助成を行っています。2012年度(2012年9月~2013年8月)の助成 […] (2015/2/24)

いよいよ日本にも「アフリカBOPビジネス」の大波か?

途上国の貧困解決のため先進国はODAで多額の援助をつぎ込み、NGOも草の根で支援を続けている。しかし、一向に、その効果が現れない。途上国政府要人の腐敗や支援される人々の援助漬けが問題視されるなか、注目されているのが貧困層 […] (2015/1/19)

「消費」から「再生」する社会へ、求められる新たなリーダー像[上田 博康]

産業廃棄物のリサイクルを手掛ける三洋商事(東大阪市)は、「手サイクル」を掲げ、人の手で解体・分別することで、リサイクル率を高めている。「消費」から「再生」する社会に転換するために何が必要か。求められる新たなリーダー像につ […] (2015/1/8)

もう一つの民主主義を、「企業レポート」で育てる3つのアイデア[中畑 陽一]

突然ですが、あなたは何のために選挙に行きますか? 政治が変わると生活が変わるからでしょうか。民主主義の要だからでしょうか。そうだとするなら、生活に絶大な影響を及ぼす「もう一つのシステム」にも主体的に関わる選択肢もあるかも […] (2014/12/22)

CSR とコーポレート・ガバナンス:続編【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 前回に引き続き、JFBS が3月5日に開催したシンポジム「CSRとコーポレート・ガバナンス:アジアにおける日本企業の取り組み」(共催:CSRアジア、協力:日本コーポ […] (2014/11/20)

マーケティング3.0 の時代【世界を変えるCSV戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) P.F.ドラッカーは、企業の基本的機能は、イノベーションとマーケティングの2 つだとしています。イノベーションは、「新しい価値の創造」であり、マーケティングは、「市場の創造」です。社会に新 […] (2014/11/13)

研修でマネジメントの力を付ける【ダイバーシティとジェンダー】

大西 祥世(グローバル・コンパクト研究センター研究員) WEPsの原則4は、企業における教育と研修において、女性の参画の拡大をもたらすプログラムを開発するとともに、女性がキャリア発展の機会を持てるようにすることがマネジメ […] (2014/11/11)

ステークホルダー・エンゲージメント成功のカギ【アジアCSR最前線】

ガブリエル・チョン(CSR アジア シニア・プロジェクトマネージャー) 責任ある企業はステークホルダーの期待を理解しそれに応えることが求められている。しかし、実際に企業はステークホルダーの視点や助言をどれほど重視し、真剣 […] (2014/11/5)

いいレポート・ツールをつくるために【CSRコミュニケーションのこれから】

市川 杉人(トッパン エディトリアル コミュニケーションズ株式会社) トッパン エディトリアル コミュニケーションズは、主にCSRレポートや会社案内、パンフレットなどのコーポレートコミュニケーション(CC)ツールを制作す […] (2014/11/4)

CSR とコーポレート・ガバナンス【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 2013年3月5日、JFBSは「CSRとコーポレート・ガバナンス:アジアにおける日本企業の取り組み」をテーマとするシンポジウムを早稲田大学で開催しました(共催:CS […] (2014/11/4)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑