第3回「企業のエシカル通信簿」、コロワイド最低点NEW

NPO法人環境市民など全国39の市民団体は3月19日、共同で調査した第3回「企業のエシカル通信簿」(2018年度)を発表した。調査対象は家電メーカー5社、外食産業5社の合計10社。このうち合計点が最も高かったのはパナソニ […]

トイレに牛乳パック、こんなところにバリアフリーNEW

2020年に向けて、様々なところでバリアフリーやユニバーサルデザインの考えに基づく環境が求められていますが、身近なところでも、障害の有無に関わらず全ての人が使いやすいように工夫された商品があります。普段目にしているが、何 […]

復興から持続可能な社会へ:日経SDGsフォーラムNEW

東日本大震災から8年。経済や街の再生、持続可能な社会づくりに向けて専門家、政府、自治体、企業が一体となって論議する日経SDGsフォーラム「震災復興から持続可能な社会創りへ」が、3月11日都内で開催された。(オルタナ総研コ […]

焼却処理は循環経済に逆行するか:細田衛士NEW

論考・サーキュラーエコノミー(Vol.2) 最近、国の廃棄物・リサイクル関係の審議会に出ていると驚かされることがある。 それは、循環経済構築の議論が盛んになるなかで、従来の焼却処理や熱回収に対する忌避感が声高に表明される […]

グッド・ライフの再構築:SB国際会議2019東京NEW

サステナビリティと経営の統合を話し合うサステナブル・ブランド国際会議2019東京(主催:博展)が3月6~7日、開かれた。テーマは「グッド・ライフの再構築」。約180人の国内外の企業・NGO代表者や専門家が登壇し、約2,0 […]

環境報告大賞にトヨタ自動車NEW

環境省と一般社団法人地球・人間環境フォーラムはこのほど、第22回環境コミュニケーション大賞表彰式を開いた。314点の応募が集まったなか、環境報告大賞にはトヨタ自動車が輝いた。(オルタナ総研コンサルタント=室井 孝之) 今 […]

第3回「企業のエシカル通信簿」、コロワイド最低点NEW

NPO法人環境市民など全国39の市民団体は3月19日、共同で調査した第3回「企業のエシカル通信簿」(2018年度)を発表した。調査対象は家電メーカー5社、外食産業5社の合計10社。このうち合計点が最も高かったのはパナソニ […]

サラヤ、すべての開発は社会課題解決のためPR NEW

サラヤの歴史は1952年(昭和27年)、更家章太氏 (故人)が前身である三恵薬糧を創業して始まった。章太氏は緑色の薬用手洗い石けん液と専用容器を日本で初めて開発、販売する。同年にサンフランシスコ条約が締結され、日本がよう […]

「子どもの命を守りたい」、サラヤがウガンダで手洗い支援PR NEW

サラヤが2010年にスタートしたのが「100万人の手洗いプロジェクト」。対象となる衛生商品の売り上げの1%を寄付し、アフリカ・ウガンダで展開する「ユニセフ手洗い促進活動」を支援している。(オルタナ編集部) ウガンダ現地で […]

論説コラム:社会起業家「新世代」の現在地NEW

先日、東京・神楽坂でおいしいスパゲティに出合った。島根県産の特別の牛乳を使っているというので、「ひょっとして州濱さんの牛乳?」と聞いたら大当たりだった。10年ほど前「イノベーションby社会起業家」というシリーズを日本経済 […]

「発展的評価」で被災地の支援者の力と事業の価値を引き出すNEW

宮城県主催による、みやぎ地域復興ミーティング「復興後の地域社会における伴走型・発展的評価の可能性」が2月23日、仙台駅前で開催された。今や地域づくりは、行政だけでなくみんなで行う時代。復興の過程でみられた伴走支援の動きを […]

「オルタナ式英単語術」(8) bail,nix,nodNEW

すっかり暖かくなりました。今月も最近メディアを賑わせた話題から始めましょう。 1) bail 保釈(金)。on bail で「保釈金を払って」となります。 Carlos Ghosn: Former Nissan Chai […]

僕はこうして被災地の市会議員になった:希代 準郎NEW

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(27)   ル、ル、ルと鳴り始めた瞬間、電話をガバッとひったくった春ばあさんが、「おー、そうか、そうか」と大仰にうなずきながら幸山翔真を振り返った。「最初の開票分でトップに […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑