オークションの運営を任されたオークションコーズのエリッ ク・ゲイズン社長(写真右)

世界のソーシャルビジネス)ネットオークションでNPOの資金調達NEW

今年4月、老舗オンラインオークションサイト「eBay(イーベイ)」で、「ファーストアップルオークション」が行われた。目玉のアップル初代コンピューター「Apple-1」の最終落札額は23万6千ドル(約2800万円)。売上の […]

[書評:新市民伝]失われた20年は「NPO成長の20年」NEW

自分たちの力で社会を良くしようとする人々が、NPO革命を起こした。この20年の間に、行政や企業に頼らず、自らの力で一歩一歩変えていく人たちが現れた。『新市民伝 NPOを担う人々』(講談社エディトリアル)ではそういった市民 […]

あげたつもり&お返しの代わり「チョコ募金」

「『義理チョコはあげたつもり』で、チョコ募金を」――東京のNPOが提案

2月14日のバレンタインデーが近付くなか、認定NPO法人ACE(東京・台東)は、義理チョコの代わりにカカオ生産地ガーナの支援活動に寄付をする「あげたつもり&お返しの代わりチョコ募金」を提案している。いつも義理チョコを渡し […]

グリーンピース・ジャパンの公表資料より

5回目の「お魚スーパーマーケットランキング」、首位はイオン

国際環境NGOグリーンピースは27日、第5回「お魚スーパーマーケットランキング」の結果を発表した。国内大手スーパー5社に、水産資源の持続可能性への配慮をアンケートで問い、その回答を審査した。1位は、前回に次いでイオンだっ […]

0a1985f3c13b86a9d3bcbb329e7756fb

「サステナビリティ投資」で日本企業6社が最高評価

スイスの投資会社、ロベコSAMがこのほど発表した年次報告書で、日本企業6社がサステナビリティ(持続可能性)への取り組みに関する最高評価を獲得した。同社は「企業は自社のサステナビリティへの取り組みがもたらす財務上のプラスの […]

日本企業も製造に参画するF-35戦闘機(ウィキペディアから引用)

武器輸出「解禁」は日本企業のリスクとなるか

武器輸出を原則的に禁じた「武器輸出三原則」が撤廃されて2年近くが経過する。潜水艦など武器・兵器の輸出に向けた動きも加速する中、日本企業の製品が紛争地等での武器使用を通じた人権侵害に加担する恐れはないのか。(オルタナ編集委 […]

徳江倫明

東京五輪と食材選定基準――日本農業 常識と非常識の間NEW

どうも日本は東京五輪の実現に向かって重たい荷物を背負いつつあるようだ。国立競技場問題の次はエンブレム問題で、これから何が起こるのだろうと滅入った気分になる。正直な所、東京オリンピック招致が「おもてなし」で決まった時、やる […]

テイラー・ギターズのサプライ・チェーン・ディレクターであるチャーリー・レッデン氏。向かって左側が従来A級とされてきた真っ黒な黒檀。右側が今まではB級とされ、切り倒されたまま放置されていた黒檀。B級を使っても、品質には何の影響もないという。

絶滅危機に瀕する黒檀取引を変えた「テイラー・ギターズ」

ギターやバイオリンの音は身近なものですが、「それらの弦楽器が何でできているのか」、考える機会はめったにありません。もちろん楽器も経済を支える商品の一であり、資源(木材)を使って作られています。ところが、その原料となる黒檀 […]

オルタナ編集長森摂写真

編集長コラム) 安さだけで電気を選んでよいのだろうか

英語で You are what you eat. という言い回しがあります。米国でダイエットの先生もよく使う通り、「あなたはあなたが食べたものでできている」という意味ですが、もう一つの解釈もできます。 つまり、どんな食 […]

SavetheChildrenJapan

なぜマーケティングに子どもへの配慮が求められるのか:子どもの権利とビジネス(7)[森本美紀]NEW

世界的なCSRの動向のなかで主流化してきた人権への取り組みだが、子どもの権利と企業の責任を明確につなげる枠組みとして、「子どもの権利とビジネス原則」(CRBP)が2012年3月に発表された。シリーズ「ビジネスと子どもの人 […]

JFRA_logo_01

共感集めて資金調達する「ファンドレイジング」、アジア最大の会議開催[三島 理恵]NEW

寄付月間が日本でも実施されるなど、寄付に関する機運が高まっています。特にNPOとファンドレイジングに注目が集まり、革新的な取り組みで社会課題解決に取り組むNPOの多くは、自らの取り組みの共感を集めることで資金調達に成功し […]

関根健次

キング牧師の公民権運動を彷彿とさせたアメリカの同性婚裁判[関根 健次]NEW

アメリカ最高裁は2015年、同性婚を合憲と認める判決を下しました。これに至るには当事者を中心としたさまざまな戦いがあり、ある2組の同性カップルがカリフォルニア州で起こした裁判も、その歴史的戦いの一つです。約5年間かけて協 […]

RCF

椿を軸に資生堂が描くまちづくり支援[荻布 裕子]

RCFは2015年度、岩手県から事業を受託し、「いわて三陸 復興のかけ橋プロジェクト」に取り組む。東北復興をきっかけに発足した同団体は、中長期的な地域振興や県外企業との協働事業を推進するための、ステークホルダー同士のマッ […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑