ユヌス氏「東京をソーシャル・ビジネス・シティに」NEW

ノーベル平和賞のモハメド・ユヌス氏がこのほど来日した。2月20日夕方に出演した「みんなの夢AWARD7」会場(舞浜アンフィシアター)内で、本誌オルタナとの独占インタビューが実現し、混迷するグローバル資本主義市場や社会課題 […]

プレミアムフライデーに賛同、3000社超えるNEW

毎月最終金曜日に、15時を退社時間に設定するよう企業に働きかけをおこない、消費を喚起する「プレミアムフライデー」が2月24日から始まる。実施に向けて、経済産業省、経団連、業界団体などで構成する推進協議会が設立され、昨年1 […]

東京五輪の持続可能な調達を通じ、SDGs具体化へNEW

東京五輪に向けて1月に組織委員会が「持続可能性に配慮した運営計画第1版」を発表するなど、同大会での環境配慮の方向性や目標が明らかになりつつある。2月23日に「サスティナブル・ビジネス・ウィメン」らが主催した企業のためのシ […]

住商が南相馬市でメガソーラー着工、自然エネ100%へNEW

住友商事は、東日本大震災で被災した福島県南相馬市で、約32.3MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を着工する。南相馬市では、2030年に市内の総消費電力量を自然エネルギーでほぼ100%まかなう体制を目指しており、この […]

世界の環境問題の今が見える国際環境映像祭NEW

今年で4回目となる日本で唯一の環境をテーマとした映像祭「グリーンイメージ国際環境映像祭」が3月3日から5日まで東京で行われる。応募数は年々増加し、本年度は48の国と地域から194作品の応募があった。これまでの映像祭では、 […]

「健康寿命を延ばし介護費を削減したい」――「みんなの夢AWARD7」NEW

日本一の夢の祭典「みんなの夢AWARD7」が2月20日、舞浜アンフィシアターで開かれた。ファイナリスト7人が2000人の観衆と審査員、協賛企業を前にプレゼンテーションを行った。その結果、管理栄養士の麻植(おえ)有希子さん […]

東ティモールの水支援で地方創生へ、福井県大野市の挑戦NEW

  名水のまちとして知られる福井県大野市は2016年から、地方創生の新たな試みとして、東ティモールへの水支援を展開している。東ティモールは、アジアで最も安全な水を確保できる人口の割合が低い国だ。大野市は2017 […]

介護人材不足解消へ、リクルートが挑む3つの切り口PR NEW

リクルートグループは、中小企業が抱える課題を解決することで地方創生につなげることを目指している。なかでも、超高齢化が進む日本では、介護業界の人材不足が大きな社会課題だ。2025年には38万人の介護人材不足が懸念される中、 […]

世界は低成長時代へ――プラチナ社会目指せ

  小宮山宏・三菱総研理事長(元東大総長)が『新ビジョン2050』(日経BP社、共著)を上梓した。『地球持続の技術』(岩波新書)で最初の「ビジョン2050」を発表してから17年。新著では生活の質(QOL)の高さ […]

結束力向上研修、ES組織開発4つのステップNEW

1、これからの経営は差異のマネジメント。AorBではなく、AandB 個人か組織か?正社員かパートか?短期か長期か?ワークかライフか? 今までの経営は、AorBのどちらかを選択し過去の事例を踏まえて答えを導き出し経営の舵 […]

CSRのCはConsumer(消費者)だ!NEW

今さらながらのCSRの話題です。CSRはCorporate Social Responsibilityの略で企業の社会的責任と日本語で表記しますが、CSRという表現の方が使いやすいのかもしれません。 CSRは経営において […]

障がい者雇用で知っておかなければならない法律NEW

1.障害者虐待防止法 近年の我が国の障害者の権利に関する動きとして、平成18年に障害者権利条約が成立し、平成26年に批准したことをはじめ、平成24年には障害者虐待防止法の施行、平成28年4月には障害者差別解消法と成年後見 […]

森で働くという選択「森林の仕事ガイダンス」

東京国際フォーラムで今年も「森林(もり)の仕事ガイダンス」が開催された。このガイダンスは全国森林組合連合会(全森連)が主催するものだ。森林や林業に関心のある人や実際に林業に就業したいと考えている人向けの説明・相談会で、誰 […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑