bb467fd9a06aeb68f2be8016e19317fa-300x3001

[新]CSR検定 2級・3級試験の受付を始めました

2015年3月にスタートした[新]CSR検定は2016年10月30日(日)午前、第1回2級試験と第4回3級の試験を同日実施します。これに先立ち、7月15日に受験申し込みを開始しました。申し込み受付は 9月30日(金)17 […]

LGBT(性的マイノリティ)1000人の写真展「OUT IN JAPAN」の様子

NPOがLGBT1000人写真展、GAPや資生堂が協力NEW

  NPO法人グッド・エイジング・エールズは、日本全国で撮影したLGBT(性的マイノリティ)1000人の写真展「OUT IN JAPAN」を開いた。2020年までに10000人を撮影することを目指すプロジェクト […]

DTCの説明会の様子。参加者から活発な意見・質問が相次いだ。

コンサルが相次ぎ「プロボノ」強化NEW

  デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)や三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)など、日本のコンサルティング各社が、相次いで「プロボノ」事業を強化している。単なるボランティアではなく […]

01_1

AGF、一部商品の利益全額を寄付へ――熊本にも拡大NEW

  味の素ゼネラルフーヅ(AGF)は「AGF〈ブレンディ〉器の絆プロジェクト」を立ち上げ、東北の復興支援に加え、熊本地震の被災地の復興支援に取り組むと発表した。デザイナーのコシノジュンコさんと共同し、器に親子で […]

トヨタ自動車の根本恵司環境部長(左)とWWFジャパンの筒井隆司事務局長

トヨタ、持続可能な調達目指しWWFと締結NEW

WWF(世界自然保護基金)とトヨタ自動車は7月20日、持続可能な社会の実現に向けて、5年間のパートナーシップを開始したことを発表した。2015年10月に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」達成に向けた取り組みの一環と […]

小泉元首相の講演録『黙って寝てはいられない』(扶桑社刊)表紙

[書評]原発推進の不明を恥じた小泉元首相の講演録NEW

福島第一原発事故をきっかけに脱原発に転じた小泉純一郎元首相は、「原発ゼロ」を掲げ、今も全国での講演を続けている。その発言をそのまま収録した『黙って寝てはいられない』(扶桑社刊、税込1296円)が、このほど刊行された。「原 […]

羽田沖で大型漁具「鋤簾」を使ってハマグリを捕る亀石さん

編集長コラム)五輪を迎える東京湾は死にかけているNEW

「海の日」の前日の朝、東京・羽田空港付近を漁船で回る機会に恵まれた。招いてくれたのは「NPO法人東京湾 藍い海の会」の亀石幸弘専務理事(59)。地元・羽田で400年続く漁家の生まれである。(オルタナ編集長・森 摂) 午前 […]

オルタナ編集長森摂写真

編集長コラム) 「本業を通じたCSR活動」の限界

仕事がらNGO/NPOに話を聞くことが多いが、最近、「企業からの寄付が低迷している」と嘆く担当者が増えているように感じる。 担当者は「寄付が低迷するきっかけはリーマンショック」と異口同音に言うが、その後、世界経済は復調し […]

熊本地震:「ダイレクト募金」詳報(6月13日現在)

■寄付先からの御礼: (4月28日)「御支援有難うございます。熊本地震後、刻々と変わる被災者支援ニーズ対応するため自分たちでできる被災者支援活動をやろうと立ち上がった団体がたくさんあります。寄付は、そんな団体の活動支援に […]

坂本優

味の素 バードサンクチュアリの思い出NEW

■私たちに身近な生物多様性(20)[坂本 優]  「私たちに身近な生物多様性」と題するこのコラムが20回を迎えるにあたり、私が会社員をしながら、このような発信を行う契機ともなった、工場内でのバードサンクチュアリ開設の取組 […]

Takeshi Shimotaya for Alterna

「GRI国際会議2016」、G4からスタンダードへNEW

下田屋毅の欧州CSR最前線(50) CSR/サステナビリティ報告書の国際的なガイドラインを定めるGRI(グローバル・リポーティング・イニシアティブ)の主催による「GRI国際会議2016」が5月18日~20日の3日間にわた […]

ダイバーシティの現状、未来を見据えてこそ意味があるNEW

■ダイバーシティの現状(8) 山岡 仁美 年齢、キャリア、雇用形態、国籍など、すべての「違い」を認知し受容し活かすことがダイバーシティであり、女性活躍推進がダイバーシティではないとこのコラムでも寄稿してきました。ただ、女 […]

石井先生

英国EU離脱を有限地球史観から考えるNEW

石井吉徳 東大名誉教授/もったいない学会名誉会長/元国立環境研究所長(第9代) EU離脱の国民投票の結果は、まさに僅差であった、市民の意思は揺れ動き、国民にはさまざまな迷いがあったのであろう。色々な解説、コメントが世界や […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑