第2回グリーン・オーシャン大賞 応募は1月末まで

第2回グリーン・オーシャン大賞 @サステナブル・ブランド国際会議2018東京 応募エントリー概要(12月6日発表) 株式会社オルタナは2017年12月6日、「第2回グリーン・オーシャン大賞」への企業事例の応募エントリー受 […]

平昌オリパラ、サステナビリティの取り組みを公表NEW

[Sustainablebrands.comから転載] 平昌冬季オリンピック・パラリンピックが2月9日から開催される。あと数週間にせまるなか、2018平昌冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会(POCOG)は、開催期 […]

押し寄せるZ世代の波( 1 )NEW

[Sustainablebrands.comから転載] [真のダイバーシティを考える:第22回] 1995〜2010年の間に生まれた世代、「Z世代」の第一波が、学校を卒業し、社会へ出て来る時代となりました。すでにこの世代 […]

TOTO、中国の水資保全などに今後5年で1億円を寄付NEW

[Sustainablebrands.comから転載] TOTOはこのほど、中国国内の水質保全や節水を通じた社会貢献のために、向こう5年間で600万元(約1億200万円)を寄付すると発表した。寄付は2018年から2022 […]

ウナギ消費、事実を知れば2人に1人が行動を変えるNEW

[Sustainablebrands.comから転載] 国際環境NGOグリーンピース・ジャパンはウナギを食べる成人を対象に「ウナギの消費に関する意識調査」を実施し、その結果を公表した。それによると、ニホンウナギが絶滅危惧 […]

箱根駅伝に学ぶ企業ブランディングの真髄

[Sustainablebrands.comから転載] CSRブランディング最前線 第21回(細田 悦弘)   正月の風物詩ともいえる箱根駅伝。駅伝は、「継走」とも称されます。選手が母校の「襷(たすき)」を次の […]

編集長コラム)「攻めのSDGs」と「守りのSDGs」NEW

2015年9月、150以上の加盟国首脳が参加した国連「持続可能な開発サミット」が「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択して、2年余りが過ぎた。今年はSDGsにとって4年目の年になる。 日本政府も全国務大臣を構成員とする […]

社員が語る、味の素グループの環境への取り組みPR NEW

社員が語る、味の素グループの環境への取り組み ――味の素グループ5社がエコプロ2017に共同出展 味の素グループは、「みんなが変える、食の未来」をテーマに、12月に開かれた環境展示会エコプロ2017に出展。味の素グループ […]

「寄付」も「投資」も社会変革への意志:村上世彰氏NEW

かつて「村上ファンド」で世間を騒がせた投資家・村上世彰氏が、非営利団体の活動支援に力を入れている。「物言う株主」として知られる村上氏だが、一方でこの10年間で十数億円をNPOなどに寄付してきた。なぜ村上氏は、配当がない団 […]

ITを駆使し自然体験効果の数値化に挑むNEW

NPOネイチャーサービスの脳波測定プロジェクト 埼玉県坂戸市に本社を置くマーキュリープロジェクトオフィス株式会社(以下、マーキュリー)は、2002年にWEB制作会社として誕生し、現在は映像制作からシステム開発、コンサルテ […]

木を伐る会社が、地域の子どもたちと木を植える活動!NEW

有限会社 丸大県北農林 岩手県九戸郡洋野町にある丸大県北農林は、素材生産を行う林業事業体だ。素材生産とは、森林の木を伐採し、枝払い、玉切りなどをして建築用材やパルプ原料となる丸太を生産することをいう。ちなみに植林や植栽地 […]

SDGs実装元年、ジャパンアワードで伊藤園が特別賞NEW

昨年12月26日に、第1回「ジャパンSDGsアワード」(平成29年度)が発表。これは、持続可能な開発目標(SDGs)推進本部が公募し、SDGsで優れた取組を行う企業・団体等を表彰する制度で、2017年度が第1回目だ。おか […]

「ハンセン病、忘れえぬ悲話」こころざしの譜(13)NEW

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(13) 底冷えのする暗い夜だった。周りの山には骨ばったカラスの脚のような小枝が広がっている。嫌なことが起きなければいいが、と不吉な予感を抱えながら八重は食器を洗っていた。こ […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑