JCBの復興支援「5のつく日。」、福島の住民も応援NEW

  2月から5月にかけて「5のつく日」にJCBカードを使うと、買い物1回につきJCBが東日本大震災などの復興支援に1円を寄付する『「5」のつく日。JCBで復興支援』。過去6年で集まった支援金の総額は3億1千万円 […]

ドイツCSRアワード、京セラのNGOとの協働を評価NEW

京セラドキュメントソリューションズドイツ(ドイツ・メーアブッシュ)は、「ドイツCSRアワード2017」でNGO・NPOと協働している模範的な企業に与えられる「サステナブルブランド オブ ザ イヤー」を受賞した。ドイツCS […]

三井化学の地中熱利用システム、東京都が採用NEW

三井化学グループの三井化学産資は、森川鑿泉(さくせん)工業所(本社・大阪摂津市)と「地中熱」を利用した新しい空調施工システムを開発し、「江戸東京たてもの園」(東京・小金井市)の事務棟空調設備に採用された。地中熱利用は米国 […]

日本のミレニアル世代「企業や社会に期待しない」NEW

デロイト トーマツ コンサルティングは、ミレニアル世代を対象に政治や経済、働き方などについて調査した「2017年デロイト ミレニアル年次調査日本版」を発表した。ミレニアル世代は働き方やワークライフバランスへの関心が高く、 […]

ソフトバンク、年度内に障がい者雇用30人目指すNEW

川崎市とソフトバンク、東京大学先端科学技術研究センターは、障がい者雇用や労働時間をテーマに共同研究し実践している。4月21日、それぞれの研究・実践成果を都内で報告、企業や自治体の担当者らが参加し熱心に聞き入った。ソフトバ […]

「ヨガ×電気」イベントで「コンセントの先」考えるNEW

「顔の見える電力」を推進するみんな電力は4月22日、「第4回オーガニックライフTOKYO」で「ヨガ×電気」を考えるセミナーを開催した。ヨガインストラクターの渡部直子さんを招いて、エネルギーをキーワードに、電気やヨガ哲学に […]

子どもへの「防災」、紙芝居で伝えるPR NEW

大震災はいつどこで起こるか分からない。まだ言葉もおぼつかない未就学児には、「自分の身を守るための知恵」をどう伝えたら良いのだろうか。その一つの解として、無償で保育園や幼稚園に防災紙芝居を配布するのが公益財団法人ベネッセこ […]

熊本で外国人被災者支援—国際交流基金地球市民賞PR NEW

国際交流基金は2月28日、地域に根ざした先進的な国際文化交流を行っている団体を表彰する「国際交流基金 地球市民賞」の授賞式を開催した。熊本地震で外国人被災者に対する支援を行った「熊本市国際交流振興事業団」など3団体を表彰 […]

編集長コラム)CSRとサステナビリティを巡る一考察NEW

先日、ある雑誌のウェブサイトで、ある企業経営者への取材を元にした記事が掲載されました。内容は、CSRやサステナビリティについてです。ただ、読むと違和感があり、残念ながら昨今のCSRやサステナビリティの潮流とはかけ離れたも […]

資生堂、椿咲く「ふるさと」を地域とつくるNEW

資生堂ジャパン(資生堂)は商標が「花椿」であることがきっかけとなり、東日本大震災以降、椿を市の花としている大船渡市で活動を続けている。活動の始まりは2012年9月11日。津波で被災した大船渡市立赤崎中学校の仮設校舎前に、 […]

B.LEAGUE、日本初のスポーツの社会的責任イニシアチブNEW

昨秋に開幕した男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」。 開幕戦では世界初の公式戦での全面LEDコートが話題になったが、「BREAK THE BORDER」というスローガンの通り、新しいスポーツ観戦 […]

モリンガをアフリカの女たちが植える日NEW

モリンガをアフリカの女たちが植える日――「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(4) まもなく着陸するという雑音交じりの機内アナウンスに日菜は窓の外に目をやった。一面に茶褐色の乾いた大地が広がり、ところどころ、枯 […]

映画でできること、映画でしかできないことNEW

現代の課題を疑似体験 読者の皆さんたちは『わたしは、ダニエル・ブレイク』というイギリス映画をご覧になった方もいらっしゃることでしょう。社会派と言われ、社会的弱者に寄り添った人間ドラマを描くことにかけては定評のある名監督ケ […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑