定価(本体価格1400円+税)

(新)CSR検定第1回3級試験 来年3月8日に実施

特定非営利活動法人企業社会責任フォーラム(阿部博人代表理事)、公益財団法人日本財団(笹川陽平会長)、株式会社オルタナ(森 摂代表取締役)は2015年3月8日、(新)CSR検定3級の第1回試験を実施いたします。 三者はこれ […]

[映画評]聖者たちの食卓: 身分や宗教を問わないインドの施しNEW

インドのとある寺院では、10万食ものカレーを、毎日無償で提供している。人種や身分、宗教を問わない、このユニークな「無料食堂」の様子を記録したドキュメンタリー映画「聖者たちの食卓」(2011年、ベルギー作品、65分)が9月 […]

スーパーの鮮魚コーナーに並ぶクロマグロ(通称、本まぐろ)商品

激減するクロマグロ、今も未成魚と産卵親魚が店頭にNEW

環境NGOグリーンピースが、大手スーパーのクロマグロ調達方針を調べて発表した。9月1日から日本で開催されるWCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)の会合に先立ち、8月にアンケート調査を実施。回答した13社すべてが未成魚を […]

[CSR]国内初、霧島酒造が「サツマイモ発電」――資源の100%有効活用目指すNEW

芋焼酎「黒霧島」で知られる霧島酒造(宮崎県都城市)は8月28日、芋焼酎の製造過程で生じる芋くずや焼酎粕を資源とした「サツマイモ発電」を9月に開始することを発表した。年間約400万kW時の発電を行い、電力は全て九州電力に売 […]

蚊が媒介するという「デング熱」とは一体どんな感染症なのか

国内感染者が現実となったデング熱、潜んでいた感染リスクとはNEW

(この記事はサラヤ株式会社 「感染症と予防Web」感染症専門家コラム「第40回:日本国内でデング熱が発生した!」からの転載記事になります。) 2014年の年明けは感染症関係の衝撃的なニュースが相次いだ。 中国では広東省な […]

水産業を「メジャーリーガー」のような憧れの職業にすることを目指すフィッシャーマン・ジャパンのメンバー。前列左が赤間俊介共同代表理事、前列右が阿部勝太共同代表理事

[CSR]平均年齢30歳の若手漁師ら、「カッコよくて、稼げる漁業に」NEW

キリンビールマーケティングは8月27日、一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(宮城県石巻市)の「若手漁師による次世代漁業作りと後継者作りプロジェクト」に対し、支援金として総額2000万円を助成した。フィッシャーマン・ジ […]

mori

編集長コラム) 「もったいない」はグローバルなCSR課題

皆さんは以下のファクトをご存知だろうか。 1)日本の食品ロス(年間最大800万トン)は実に、世界の食料援助量の2倍。 2)その量は、日本のコメ収穫量(2012)約850万トンに匹敵する。 3)日本では、手付かずのまま廃棄 […]

阿部守一・長野県知事

自然エネルギーで「地域の自立」を(再選の阿部守一長野県知事インタビューを再掲載)

8月10日の長野県知事選で二度目の当選を決めた阿部守一知事は、就任当初から自然エネルギーの導入に積極的だった。そこには「エネルギー問題は、単なる需給ではなく、『地域のの自立』という視点が不可欠」という信念があった。阿部知 […]

特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会・上原修理事長

[サプライチェーン]マクドナルド鶏肉事件の教訓――安易なアウトソースは命取りに

日本マクドナルド社が期限切れの鶏肉を輸入していた問題は、同社の業績を大きく揺らがせる事態となった。サプライチェーンでの品質管理に詳しい上原修・特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会理事長に、同社のサプライチェーン […]

現在の別子山

[CSR]住友林業「日本の林業は活性化できる」

住友林業の創業は1691年(元禄4年)と320余年の歴史を誇る。日本の林業の草分けでもあり、江戸時代から一貫して、日本の山林整備を牽引してきた。CSRの原点は愛媛県新居浜市の別子銅山の荒れ果てた山を復元することから始まっ […]

イオングループで販売されている「九州力作野菜」。副生バイオマスを添加することで、うま味や甘みが増す

[CSR]九州から日本の農家を元気に――副生バイオマスの活用

味の素株式会社九州事業所 (佐賀市) で、 社会・地球への貢献を通じて経済価値を生み出す「ASV (味の素グループ・シェアド・バリュー)」の第一歩が始まった。「バイオマス産業都市」を目指す佐賀市と協働し、アミノ酸の製造時 […]

twitter

グリーン天職バイブル 2013
ページの先頭に戻る↑