「LOCALGOOD YOKOHAMA」を手がけたアクセンチュアの坂本啓介シニアマネージャー(右)、横浜コミュニティデザイン・ラボの杉浦裕樹代表理事、アクセンチュアの内田篤宏氏

OSI(オープン・ソーシャル・イノベーション)という新潮流――横浜で、大阪で、鎌倉でNEW

複数の企業がノウハウやアイデアを供出しあい、新たな価値を創造する「オープン・イノベーション」。これにNGO/NPOや自治体、大学、市民などが加わって、地域の社会課題を解決するという新たな動きが加速してきた。これをOSI( […]

ゲストである黄桜の若井芳則専務取締役(写真中央)

京都産酒米「祝」が復活、日本酒から見る農業の未来とはNEW

龍谷大学農学部(2015年度開設予定)が主催する「食の循環」をテーマにしたトークセッション(全6回)が、伏見夢百衆(京都市伏見区)で開催された。最終回となる今回のゲストは、黄桜の若井芳則専務取締役。同学部に就任予定の教員 […]

(C) MONTAGE inc.

[映画評]詩人が市井の人々の日常と対峙 「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」

「詩は人々の日常に向き合えるか」。詩人・谷川俊太郎が詩作する場面に立ち会おうと試みたドキュメンタリー映画「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」(杉本信昭監督、2014年・日本、カラー82分)が、11月15日から東京・渋 […]

東北をイメージしデザインされた「スマイルフォー東北フロム芦屋」のパッケージと新商品ケーク・フロマージュ

[CSR]「大切なのはストーリー」、神戸菓子屋の東北支援

マドレーヌなど焼き菓子を販売するアンリシャルパンティエは10月15日、新商品「ケーク・フロマージュ」の販売を開始した。この商品は、宮城県蔵王町の蔵王酪農センターと共同開発したもので、その売り上げの一部が復興支援につながる […]

オトバンクの公式サイトのトップ画面

文字を音声化し、視覚障がい者に「本」を届ける

2004年12月に設立された株式会社オトバンク(東京・文京)は、350社以上の出版社と提携し、日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」(フィービー)でのオーディオブック販売、オンラインブックガイド「新刊JP」を […]

image001

[CSR]ワイン1本の販売で難民支援食10個相当を寄付――シダックスが系列のレストランで

シダックスは10月10日から31日まで、東京・渋谷にあるレストランで、「1ボトル10meal」という難民支援の取り組みを実施している。チャリティワインボトル1本が売れるごとに500円をNPOに寄付し、1個50円の栄養強化 […]

806eafc8d1331c8dd85d91c1e911fd2d1

2050年までのCSR戦略:ネット・ポジティブ下田屋毅の欧州CSR最前線(41)

ビジネスの新たな潮流は、「削減」や「制限」をすることから、「自然のバランスを回復することにフォーカスすること」へとシフトすることで、ビジネス上のサステナビリティの意味も変化してきている。新たなアプローチは、企業が「自然を […]

オルタナ魂) グローバリゼーションとCSR

(この記事は、全国の書店で発売中のオルタナ38号「オルタナ魂」から転載いたしました) 今号の特集は「英国先進CSR&エシカル企業最前線」です。今年7月6日~12日に実施した弊社主催ツアーの取材成果をまとめました。今回のツ […]

uehara-150x150

[サプライチェーン]御嶽山噴火発生、物流リスクを考える

上原 修(特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会理事長) 長野県と岐阜県に跨る御嶽山で9月27日正午前に起きた噴火で、長野県の木曽広域消防本部は同日夜、登山者27人が怪我をし、この内10人が重傷を負った。約230 […]

shimotaya

CEOが自社のCSR・サステナビリティについて語る――下田屋毅の欧州CSR最前線(40)

今回が13回目となる「レスポンシブル・ビジネス・サミット」に筆者は参加した。これは、英国エシカルコーポレーションの主催で、5月19日~20日とロンドンで開催され、毎年約400人が参加する大きなイベントだ。このイベントは、 […]

上原修

[サプライチェーン]製鉄所火災事故と工場内サプライチェーン

上原 修(特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会理事長) 新日鉄住金名古屋製鉄所で9月3日、コークス炉付近の石炭塔が炎上し15人が負傷する事故が起きた。今年5月にも東京都町田市の金属加工会社でマグネシウムへの引火 […]

twitter

グリーン天職バイブル 2013
ページの先頭に戻る↑