CSRの知識と実践を5カ月で速習 --「CSR部員塾」第9期は2015年4月16日に開講NEW

お知らせ)株式会社オルタナは新日本有限責任監査法人と共催で「CSR部員塾」の第9期を2015年4月16日(木)に開講します。 ◆ CSRセミナー&実践ワークショップ ◆ CSR部員塾第8期は、企業のCSR担当者にCSRに […]

『追跡・沖縄の枯れ葉剤』(ジョン・ミッチェル著、高文研刊)

[書評:追跡・沖縄の枯れ葉剤]戦争犯罪に背を向ける米国NEW

ベトナム戦争で米軍が使用した軍用除草剤「枯れ葉剤」は、沖縄でも大量に備蓄され、さらに散布や土中投棄まで行われていた。『追跡・沖縄の枯れ葉剤――埋もれた戦争犯罪を掘り起こす』(ジョン・ミッチェル著、阿部小涼訳、高文研刊、税 […]

「PV EXPO」会場=26日、都内で

国内最大規模の太陽電池見本市、500社が出展

太陽電池に関する国内最大規模の見本市「PV EXPO」が、25日から27日まで東京ビッグサイトで開かれている。国内外の太陽電池メーカーや太陽光発電システム企業など500社が出展。26日も多くの来場者が訪れた。(オルタナ編 […]

ネオニコチノイドは生態系への悪影響が懸念されている

ネオニコチノイド問題の研究啓発を助成、3月1日に公募案の発表会

民間基金のアクト・ビヨンド・トラストは、ネオニコチノイド農薬問題の研究・啓発をテーマに、公募した助成企画案の公開発表会を3月1日(日)に都内で行う。助成総額は300万円で、今回で4年目。(オルタナ編集委員=斉藤円華) ネ […]

グランプリに選ばれた、日本IDDMネットワークとカバヤ食品の皆さん

[CSR]菓子メーカーが「1型糖尿病患者」向けタブレット、日本パートナーシップ大賞グランプリに

企業とNPOの優れた協働事業を表彰する「第11回日本パートナーシップ大賞」が2月20日、損保ジャパン日本興亜本社ビル(東京・新宿)で開催された。グランプリには、認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク(佐賀市)とカ […]

『わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。』(合同出版刊)

[書評:わたしは13歳、学校に行けずに花嫁になる。]女性差別が世界の未来を奪う

2014年は、ノーベル平和賞を史上最年少で受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんが世界の注目を集めた。女性が学ぶ権利を主張して銃撃されたマララさんの存在は、差別や暴力を通じた女性への抑圧が、世界に根深くはびこっている […]

「省エネ行動トランプ」で遊ぶ子どもたち

トランプで変わる? 子どもの省エネ行動NEW

慶應義塾大学文学部の杉浦淳吉研究会では、「心理学と環境配慮行動」をテーマに、トランプなどのゲームを利用して、省エネ行動をいかに促すかについて研究している。昨年12月には、東京ガスの新宿ショールームで、小学生を対象に「省エ […]

文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトプロジェクトディレクターの船橋力氏

企業が支援する「トビタテ!留学JAPAN」、日本を変えるか

学問留学ではなく、海外でのインターンやボランティアも広義の留学として認める「トビタテ!留学JAPAN」。文科省が考えたにしてはずいぶんオシャレな留学プログラムだと思ったら、案の定、仕掛け人がいた。企業と学校向けの体験型・ […]

編集長コラム) 「さらばスターバックス」は対岸の火事か

ニール・ヤング(69)と言えば、かつてのクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングのメンバーで、伝説的な「ウッドストック・フェスティバル」(1969)への出演でも知られる、ベテランのロック歌手だ。 自身の子どもが障 […]

江田写真2

2016年は、電力選択の時代の幕開け[江田 健二]NEW

2016年から電気事業法が緩和され、電力会社を自由に選べる時代が来ます。自由化によって企業同士の競争が活性化されるなどメリットもありますが、もちろんデメリットもあり、注意が必要です。このコラムでは、海外の先行事例などを参 […]

村木真紀2

LGBTの抱える課題を「データ化」するため、アンケート調査を開始[村木 真紀]NEW

渋谷区の同性パートナー証明に関する条例案のニュースが出てから、虹色ダイバーシティにも毎日のようにメディアの方からの問い合わせが入るようになった。マイノリティが社会の理解を得るためにメディアの力は絶対に欠かせないと考えてい […]

笹谷拡大2

環境キャラ「エコトリピー」が大活躍 [笹谷 秀光]

キャラクターの分かりやすさを活用することで、効果的な政策展開と関係者間での共有価値を生む共通基盤「プラットフォーム」形成につながります。環境課題のように幅広い関係者の理解が必要な事項には特に効果が高い手法です。各地で素晴 […]

岩崎唱

植林で気づきたい「森の時間」とは――持続性のある社会の選択を[岩崎 唱]

現代社会は時短の時代。リアルタイムでスピーディに行うことが美徳となっている。ネットを使って「秒速で1億円稼ぐ」なんていう宣伝文句を見かけたこともある。時間がかかること、すぐに結果がでないこと、効率が悪いことは、どんどん敬 […]

グリーン天職バイブル 2013

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑