イオングループで販売されている「九州力作野菜」。副生バイオマスを添加することで、うま味や甘みが増す

九州から日本の農家を元気に――副生バイオマスの活用

味の素株式会社九州事業所 (佐賀市) で、 社会・地球への貢献を通じて経済価値を生み出す「ASV (味の素グループ・シェアド・バリュー)」の第一歩が始まった。「バイオマス産業都市」を目指す佐賀市と協働し、アミノ酸の製造時 […]

破壊された自宅のがれきと少年。一般家屋も攻撃を受けている ©Jozef Nateel / Save the Children

ガザ紛争が激化、1時間に1人の子どもが犠牲にNEW

国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは7月24日、「1時間に1人の子どもがパレスチナ自治区ガザへの軍事攻撃で殺されている」と報告した。ガザでの地上戦が始まった 17日から事態は急速に悪化し、同団体は国際社会に対して […]

「ユヌス&ユース・ソーシャル・ビジネス・デザイン・コンテスト2014」で優勝したチーム「マイボ」とユヌス博士

ユヌス博士も登壇、社会変革担う大学生のソーシャルビジネスコンテストNEW

九州大学ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センター(SBRC)は7月15日、ユヌス&ユース・ソーシャル・ビジネス・デザイン・コンテスト2014(YYコンテスト)を創価大学(東京都八王子市)で開催した。予選を勝ち抜いた4チ […]

ニホンウナギがレッドリスト入りとなり、危機に立たされているウナギ市場。背景には、ウナギ特有の流通事情もあることがわかった

ニホンウナギの絶滅危惧種指定、スーパーや外食企業は神経とがらせるNEW

今年の「土用丑の日」に当たる7月29日を前に、スーパーや外食企業の仕入れ担当者が神経をとがらせている。国際自然保護連合(IUCN)が、ニホンウナギを絶滅の恐れがある野生生物を指定する最新版の「レッドリスト」に加えたからだ […]

グループに分かれて話し合う参加者たち(撮影:宮島裕)

「関東の子どもの健康、どう守る?」、子ども全国ネットが都内でイベント

NPO法人子ども全国ネット(子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク)は13日、キックオフから3年を迎える節目に「関東の汚染を考える」をテーマとしたイベントを都内で開催した。会場には参加者160人が集まり、関東の汚染状 […]

かもめ柄は大槌町のかもめが飛び立つ姿をイメージ、伝統柄の七宝は豊かさや円満の象徴を表す伝統柄だ

復興の刺し子、海の日に合わせて新作ポロシャツを発表

手づくりの刺し子グッズを制作・販売する「大槌復興刺し子プロジェクト」は、新アイテムのポロシャツを7月21日の海の日から販売する。同団体のオンラインショップのほか、首都圏と岩手県でのイベントでも販売する。国内外のミュージシ […]

デニムを高度なテクニックで着こなした、リーバイスのポール・ディリンジャー氏。ブランドを作り出すクリエイターの立場でのプレゼンが共感を呼んだ

「ストーリーテリング」から「ストーリードゥーイング」へ――米サステナブル・ブランズ会議最新レポート

例年世界中から2000人以上のエキスパートがカリフォルニア州サンディエゴに集い、ビジネスとサステナビリティの最前線を占うサステナブル・ブランズ会議(SB)。今年も6月2日~5日に開催され、大企業のCEOから今話題の起業家 […]

吉野山保勝会の福井良盟理事長 

世界遺産が危機、1300年続く吉野桜を次世代へ

「紀伊山地の霊場と参詣道」として、今年7月に世界文化遺産登録10周年を迎えた奈良・吉野山。約3万本の桜が群生する吉野山は、日本を代表する桜の名所として知られ、保全活動は1300年以上前から続いている。だが、この吉野桜が危 […]

806eafc8d1331c8dd85d91c1e911fd2d1

アライアンス・ブーツ社の従業員エンゲージメント――下田屋毅の欧州CSR最前線(39)

CSRを推進する上で、社内へのCSRの浸透が非常に重要となる。今回、欧州を中心に25カ国で50事業部門、10万人以上のスタッフ、約3千の薬局を展開しているアライアンス・ブーツ社(本社スイス)のCR(企業責任)部長であるリ […]

2e5ce75d2415456908994b39356484231-150x1501

編集長コラム)社員を「サーフィン」と「田植え」に行かせよう――ある会社のユニークな試み

この6月21日~22日、伊豆半島南端の下田でちょっと面白い企業研修が行なわれた。土曜日には近くの入田浜でサーフィンの練習。先生は、パタゴニアの正規ディーラーでもある有名なプロ・サーファーの鈴木直人さんだ。(オルタナ編集長 […]

特定非営利活動法人日本サプライマネジメント協会・上原修理事長

女性蔑視のままではグローバル化もままならない

東京都議会で晩婚化対策を質問した女性都議会議員が女性蔑視のヤジを浴びた問題で他にも複数の議員が立て続けにヤジを飛ばしていたことが分かったという報道を、たまたま出張先の欧州内で聞き知った。(上原 修・特定非営利活動法人日本 […]

twitter

グリーン天職バイブル 2013
ページの先頭に戻る↑