mori

編集長コラム)「ソーシャルな5forces」を考えてみたNEW

企業はなぜCSRに取り組むのでしょうか。そこにはどんな要素が働いているのでしょうか。これを一言で表すのは極めて難しいです。そこで、CSRという領域において、企業を取り巻く要因を分かりやすく図にしてみました。(オルタナ編集 […]

サハラ砂漠以南アフリカの子どもたちが「極度の貧困生活」を強いられる

世界の子どもの貧困問題解決、目標から450年遅れNEW

国連総会で昨秋採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の一つに、 2030年までに極度の貧困をなくすことが掲げられている。だが、子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレンは16日、「このままでは、極度の貧困から最後 […]

「熊本県水増集落 八天狗定食」の販売初日に来店したくまモンと水増集落の女性たち

熊本の幻の大豆を使った定食、渋谷ヒカリエで限定販売NEW

熊本県の限界集落で見つかった在来種大豆「八天狗(はちてんぐ)」を使った定食が東京にお目見えした。渋谷ヒカリエの「d47(ディーヨンナナ)食堂」が、2月15日までの限定メニューで提供する。初日の1月17日には、郷土料理を指 […]

JALでは高知県と包括連携協定を結び、機内誌で海外向けに高知県産品を紹介

自治体と企業が相次ぎ包括連携協定、課題解決目指す(下)NEW

企業と自治体の「包括連携協定」は、観光振興、地域産業振興といったビジネス寄りのテーマに取り組む事例も目立つ。一方で、企業と協定を結ぶ自治体も都道府県から市町村へと広がっている。包括連携協定のあり方は、企業では地域での社会 […]

国連の会議場風景(2015年筆者撮影)

サステナビリティ 新潮流に学ぶ 第6回 :揺らぐ世界の底流に見えるもの(1)国連の新たな役割NEW

前々回、環境よりも社会面のレジーム形成(社会的公正)の遅れが、昨今の流動化・不安定化の一因であると指摘しました。不安定化や脅威を前にすると、目先の利害が前面に出やすく、排他性や攻撃性に傾きがちとなります。 まさに悪循環の […]

映画「0円キッチン」から (C)Mischief Films

世界の食料廃棄問題に迫る映画「0円キッチン」NEW

世界で生産される食料の約3分の1は食べられずに廃棄されるという。こうした「廃棄食料」=フードロスをなくしたいと願い、捨てられた食材を調理しながら欧州を旅したドキュメンタリー映画「0(ゼロ)円キッチン」(2015年、オース […]

介護職の働きがいについて語る井口センター長

介護人材不足解消へ、リクルートが挑む3つの切り口PR NEW

リクルートグループは、中小企業が抱える課題を解決することで地方創生につなげることを目指している。なかでも、超高齢化が進む日本では、介護業界の人材不足が大きな社会課題だ。2025年には38万人の介護人材不足が懸念される中、 […]

_MG_6890

世界は低成長時代へ――プラチナ社会目指せNEW

  小宮山宏・三菱総研理事長(元東大総長)が『新ビジョン2050』(日経BP社、共著)を上梓した。『地球持続の技術』(岩波新書)で最初の「ビジョン2050」を発表してから17年。新著では生活の質(QOL)の高さ […]

リクルート、就労支援と家賃保証で若者の自立を後押しPR NEW

リクルートグループは、不満や不便、不安などの「不」を無くすための事業を展開している。なかでも、若者の自立支援に力を入れ、就職支援プログラム「ホンキの就職」や家賃保証サービスの子会社を立ち上げた。自立した生活を送るために必 […]

アマゾンからの伝言②―スティングの思い受けてNEW

◆「アマゾンからの伝言」①―RFJ南研子代表講演会 1989年5月、熱帯森林保護団体(RFJ)代表の南研子さんがスティングとラオーニを空港に迎えに行っている頃、私は、その数日前、スティングがパリの放送局で「アマゾンの森が […]

キュレーションサイト問題の「本当の問題」とはNEW

2016年後半、僕にとって印象に残ったニュースのひとつが、「DeNA」が運営する医療系情報サイト「WELQ(ウェルク)」が、不正確な情報や、著作権への配慮を欠く記事を掲載していた問題で公開停止となった事件だった。 「De […]

「アマゾンからの伝言」①―RFJ南研子代表講演会NEW

いまから27年前、ロックシンガーのスティングがアマゾンの森を守るためのワールドツアーを行いました。カヤポ族の酋長ラオーニとともに。 その時、日本での受け入れをお手伝いした縁で、南研子さんは熱帯森林保護団体(RFJ)を起ち […]

9a24fa1707518048d0732b6a0c8bf514-120x120

地域社会との対話を―子どもの権利とビジネス(8)NEW

世界的なCSRの動向のなかで主流化してきた人権への取り組みだが、子どもの権利と企業の責任を明確につなげる枠組みとして、「子どもの権利とビジネス原則」(CRBP)が2012年3月に発表された。シリーズ「ビジネスと子どもの人 […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑