優等生的だが野心的ではない花王の「ESG戦略」NEW

すでに追憶に過ぎないのかもしれませんが、「花王」という会社には個人的な思い入れがあります。もう15年も前のこと。オルタナを創刊する前、「日経ビジネスアソシエ」にブランド戦略の連載をしていました(片平秀貴氏と共著)。 ネス […]

CSR経営者フォーラム、「グリーンな経団連」目指し結集NEW

一般社団法人CSR経営者フォーラムは23日、都内で会合を開き、経営者など約60人が集まった。同フォーラムは、ビジネス・社会のサステナビリティ(持続可能性)をテーマにした雑誌「オルタナ」の企業読者組織を前身に、2014年に […]

花王が新ESG戦略、2030年にハードボトルほぼ全廃NEW

花王は22日、2030年に向けたESG(環境・社会・ガバナンス)戦略を発表した。その中で、シャンプーやリンスなどプラスチック製のボトル型容器を2030年には詰め替え式フィルム容器にほぼ切り替えるなど、新技術を駆使した環境 […]

殺虫剤にネオニコ含有、8割が「知らない」NEW

ネオニコチノイド系薬剤は農作物に広く使用されている。土壌への浸透や残留性が高く生態系や人体への影響が懸念されるため、欧州では使用禁止にするなど規制を強化しているが、日本では国が規制を緩和するなど逆行している状況だ。14日 […]

映画評『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』NEW

本作品は、略奪されたピカソなどの絵画を追跡したドキュメンタリーだ。1933年に政権を掌握したナチス・ドイツは、ゲルマン民族の優位性を示すために絵画の略奪を始め、持ち主のユダヤ系資産家を処刑した。略奪には画商や研究家など「 […]

持続可能なパーム油の調達へ、18団体が結集NEW

持続可能なパーム油ネットワーク「Japan Sustainable Palm Oil Network(JaSPON)」が4月11日設立された。JaSPONは、日本市場における持続可能なパーム油の調達と消費を加速させる為の […]

手洗い・消毒で感染症から命を守る――サラヤPR NEW

衛生環境が原因で失われる命を守りたい――。そんな思いからサラヤが2010年からアフリカ・ウガンダで取り組んでいるのが「100万人の手洗いプロジェクト」。手洗い習慣普及の道のりは容易ではないが、感染症対策の効果も高く、現地 […]

編集長コラム) 「SDGs」を死語にしてはいけないNEW

オルタナ56号(2019年3月末発売)ではSDGs「アウトサイドイン」ビジネス戦略の特集を組みましたが、今まさに日本企業は、SDGs(持続可能な開発目標)を経営に取り込んでいくためのブレークスルーが問われています。 前号 […]

フィリップ モリスが定義する「煙のない社会」とはPR NEW

フィリップ モリス ジャパン(PMJ)の井上哲副社長は3月6日、「サステナブル・ブランド国際会議2019東京」に登壇し、「煙のない社会を目指すフィリップモリスのグローバルな挑戦」と題して講演した。PMJの親会社であるフィ […]

「オルタナ式英単語術」(9) cue, laud, heedNEW

  お花見のシーズンも終わり、話題はゴールデンウィーク――10連休どうします?とあちこちで聞かれるようになりました。さて、今月はこのニュースからです。 1) cue 合図、きっかけ。撮影などで俳優さんに出す「キ […]

論説コラム:日本の女性起業家はしなやかにアフリカを目指すNEW

日本女性起業家が「未来の大陸」アフリカに進出し始めている。流行りのSDGs(持続可能な開発目標)であたふたする企業を尻目に、現地のカラフルなバラや、アフリカン・プリントのバッグ、洋服といった身近で発信力のあるファッション […]

ハートウェアSDGsの千葉商科大学NEW

大学でのSDGsも加速しています。大学は学びの場であり、SDGs目標4の「質の高い教育」の最も重要な担い手です。千葉商科大学ではRE100大学を達成し、教育と発信に力を注いでいます。特に「ハートウエア」という考えは、世界 […]

音の空間調整でワインが美味しく変わるスピーカーNEW

有限会社エムズシステムは3月25日に帝国ホテル桜の間にて第400回記念「演奏家のいない演奏会」を開催しました。小さなひとつのスピーカーから紡ぎ出される豊かな音色が空間全体に広がるのを体感していただく催しです。 その中で行 […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑