「オルタナ式英単語術」(1) ail, spat, dipNEW

グローバル経済が加速するなか、そして日本のあらゆるビジネスにおいて海外とのやりとりが当たり前になってきたなか、英語のニュースから情報収集することが今まで以上に重要になってきました。ところで、皆さんは下記の英単語をいくつご […]

英国人作家が描いた長崎の原爆「平和の教科書に」NEW

長崎で被曝し瀕死の重傷を負った「赤い背中の少年」故・谷口稜曄(すみてる)さんを主人公に平和を訴えた『ナガサキの郵便配達』の日本語版が9日に復刻された。原作者のピーター・タウンゼントさんは映画「ローマの休日」のモデルとなっ […]

自然との共存と発想の転換NEW

アルプスの国、海のない国スイスに、ヨーロッパ初の水上ヴィラ「ホテル・パラフィット」(5つ星)が造られた。このホテルを語るには、2002年に開催された「スイスEXPO」を語らずしては始まらない。(せきねきょうこ)   この […]

世界同時「脱プラ」衝撃①ボルボ「車もオフィスも」NEW

プラスチックごみの海洋汚染が世界的な問題になり、ビジネスの世界で大きな地殻変動が起き始めた。スターバックスコーヒーやマクドナルドなどは使い捨てストローの廃止を明言し、英国やEUも使い捨てプラスチックの使用を視野に入れてい […]

五輪をサーキュラー・ゲームにNEW

東京オリンピック・パラリンピック(東京大会)まであと2年と迫ってきた。東京大会がサステナビリティに関して取り組むべき課題に「サーキュラー・エコノミー(循環型経済)」の要素を取り入れるという考え方がある。   英国や欧州で […]

LUSHが全契約社員を正社員化、定年も廃止NEW

英国のコスメブランドLUSHの日本法人ラッシュジャパンは8月8日、在職期間を問わず全契約社員とアルバイトスタッフの一部を、7月1日から正社員にしたと発表した。契約期間にとらわれず長く働いてもらうことで、優秀な人材を獲得し […]

三重県とNPOが連携し、全国の企業と「農山漁村」をつなぐPR NEW

  SDGs(持続可能は開発目標)の目標17では、多様なステークホルダーが連携して社会課題を解決することの重要性を強調している。それでは、企業がCSRやCSVに取り組む際、どのようにパートナーを見つければ良いの […]

第2回「グリーン・オーシャン大賞」受賞28社が決定NEW

SDGsが規定する「アウトサイド・イン」(社会課題を起点にしたビジネス創出)の優秀事例を表彰する第2回「グリーン・オーシャン大賞」(主催・株式会社オルタナほか、後援・環境省ほか)は、52社/団体が応募し、うち上位10社/ […]

編集長コラム)ESG投資をする側の見識も問われるNEW

「貴社のCSRの取り組みによって、どう価値創造されるのでしょうか。もし価値創造が無い場合は、当社はそれを単なるコストと見なします」――。最近、ある上場企業のCSR担当者が機関投資家やアナリストからこう言われて、頭を抱えた […]

発信型三方良しと協創力、笹谷秀光氏が公式サイトNEW

激動の世界、環境・社会の持続可能性が必須です。今求められるのは、外来語(CSR / SDGs)を自分ごと化して発信する「発信型三方良し」と関係者連携の「協創力」だと考えます。この度、「笹谷秀光の公式サイト―発信型三方良し […]

この夏の異常気象は、気候変動なのか?NEW

命にかかわる、2018年の夏 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、エネルギープロジェクトリーダーの高田久代です。 西日本では、数十年に一度あるかないかの非常に激しい雨による被害を受け、約200名もの方々が命を落とされ […]

便利屋「萬」の1週間:こころざしの譜(20)NEW

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(20)  長く勤めた精密機械メーカーを定年まで1年を残して辞めた。少し我慢する手もないではなかったが、社長の傲慢さが腹に据えかねた。心臓が悪いといううわさもあるが、憎まれっ […]

自然の恵みを宿した錬金術的ジュエリーNEW

日本は、自然と共生し、自然から芸術を編み出し、自然の恵みとともに暮らしを築いてきた列島である。日本家屋にしても、多くの民芸品にしても、自然から生まれた素材を生かして、丁寧に作られてきている。そんな自然の恵みの大国であるに […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑