「グリーン・オーシャン大賞」、5月31日に表彰式NEW

社会課題を起点にしたビジネス創出を表彰する「グリーン・オーシャン大賞2017」は、オルタナ48号(3月末発売)で詳報した通り、大賞・金賞(中小企業部門)はボーダレス・ジャパン(9つの社会的事業で急成長)が、金賞(大企業部 […]

西友が持続可能な漁業目指し「東京湾スズキ漁FIP」開始NEW

西友は漁業者や国際環境NGOと協力し、持続可能な漁業へ向けた「漁業改善プロジェクト(FIP)」の対象となるスズキの販売を5月から正式に始めた。プロジェクトでは東京湾のスズキ漁が今後も持続できるように、第三者機関の審査や定 […]

アディダス、海のプラゴミから作るシューズを販売開始NEW

 独アディダスは、海洋環境保護団体「Parley for the Oceans」(本部・米国 ニューヨーク)と協力し、海に廃棄されたプラスチックゴミを再生して作ったランニングシューズの新製品を5月から世界の主要都市で発売 […]

小売業はサステナブルブランドをどう構築するかNEW

ブランディングはどのビジネスでも重要なものだ。BtoB企業も小売企業も、ライバル企業と明確に区別できる自社のアイデンティティをどう築けるか日々努力している。 eコマースや携帯アプリなどの出現により、小売業を取り巻く環境は […]

銀行も大学も「CSV」~大手銀行、大学構内に本店!NEW

CSRブランディング最前線 第13回 3月のサステナブル・ブランド国際会議にて、「経営とCSR/CSVはどう統合していくのか?」というセッションを担当しました。満員御礼、大変な熱気でした。この旬なテーマに対する関心の高さ […]

米と欧州、二極化するエネルギー政策NEW

米国と欧州のエネルギー政策が二極化している。パリ協定が掲げる二酸化炭素排出量の削減などの目標を達成するには、大幅な自然ネルギーへの切り替えが必要となる。 トランプ大統領がカナダからメキシコ湾に原油を運ぶパイプラインの建設 […]

JCBとキッザニア、子どもたちと復興支援NEW

  2月から5月にかけて「5のつく日」にJCBカードを使うと、買い物1回につき1円が東日本大震災などの復興支援に寄付される『「5」のつく日。JCBで復興支援』。子どもたちが職業・社会体験できる街「キッザニア」を […]

JCBの復興支援「5のつく日。」、福島の住民も応援NEW

  2月から5月にかけて「5のつく日」にJCBカードを使うと、買い物1回につきJCBが東日本大震災などの復興支援に1円を寄付する『「5」のつく日。JCBで復興支援』。過去6年で集まった支援金の総額は3億1千万円 […]

子どもへの「防災」、紙芝居で伝えるPR NEW

大震災はいつどこで起こるか分からない。まだ言葉もおぼつかない未就学児には、「自分の身を守るための知恵」をどう伝えたら良いのだろうか。その一つの解として、無償で保育園や幼稚園に防災紙芝居を配布するのが公益財団法人ベネッセこ […]

「EARTH HOUR 2017」に187の国・地域が参加NEW

2017年3月25日(土)、EARTH HOUR(アースアワー)の消灯リレーが世界をぐるりと1周しました。世界中の人々が、「美しい地球を残したい!」、「地球環境を守りたい!」という想いを胸に、午後8時30分から9時30分 […]

愛鳥週間のいまむかしNEW

■私たちに身近な生物多様性(26)[坂本 優] 5月10日から始まる1週間は、1950(昭和25)年以来、愛鳥週間と定められている。鳥類保護連盟が始めたものだが、記念切手も発行され、官民協力しての取組みとなっている。 「 […]

宇都宮の小学校、紅茶部が文部科学大臣賞に

2017年3月15日、僕は文部科学省の講堂にいた。 当社の社会貢献活動が、文部科学省が注力する「青少年の体験教育活動の推進」に最も寄与するとして、文部科学大臣賞を受賞したためだ。 受賞した正式名称は、「文部科学省 青少年 […]

地方創生とイノベーティブ・マーケティングNEW

地方創生とイノベーティブ・マーケティング―企業と社会フォーラム(JFBS)第6回年次大会 企業と社会フォーラム(JFBS)は2016年9月8、9日、「JFBS第6回年次大会」(後援:日本マーケティング学会)を早稲田大学で […]

alterna COLUMNISTS

ページの先頭に戻る↑