オルタナ総研とは

株式会社オルタナは2012年1月、「オルタナ総研事業部」を設立し、CSRコンサルティングや各種調査を実施しています。
これに伴い、横浜市立大学CSRセンター、ウィズワークス株式会社の各社様と業務提携いたしました。

業務提携先:  横浜市立大学CSRセンター、ウィズワークス株式会社ほか
顧問:     影山摩子弥・横浜市大教授CSRセンター長
        原田勝広・明治学院大学教授
アドバイザー: 小林光・慶應義塾大学教授・前環境事務次官

主要クライアント
大手流通業ホールディングス、大手ビール会社、大手飲食系企業、大手アパレル企業、大手クレジットカード会社ほか
(業務内容:CSRコンサルティング、各種調査ほか)

◆三大特徴
①CSRのエキスパートを集めた頭脳集団です ◆所属コンサルタントの紹介◆
②CSRのPDCAサイクル化、KPI化を重視します
③「CSR浸透度調査」「CSR進捗度調査」「CSR存在感調査」など独自調査ができます

◆CSR コンサルティング・7大テーマ
①CSRミッションの策定 ミッションがないCSRは海図がない航海のようなもの
②取り組むべき社会的課題の絞込み その答えは企業と社会の接点にある
③戦略的ステークホルダーダイアログ 日本型の儀式ではないダイアログを
④戦略的CSRの実践 社会と価値を共有し、高められるようなCSR
⑤PDCAサイクル化、KPI化 社内にCSRを正しく浸透させるために
⑥CSR活動の告知 企業に「陰徳」は不要。社会に知られてこそ企業価値が上がる
⑦ソーシャル・ビジネス化 NPO、自治体とも協働して、ビジネスを回す

◆CSRのPDCAサイクル
PDCAサイクル

◆ソーシャル・ブランディング
企業のコアバリュー

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑