検索結果

  • 聴覚障がい者でも楽しめる「身体で聴こう音楽会」パイオニアは、CSRの一環として「体感音響システム」を使った音楽会を1992年から開催している。「より多くの人と、感動を」という企業理念の下、聴覚に障がいがある人も健聴者と一緒に音楽の素晴らしさに触れてほしいという思いか […]
  • ハンセン病の高齢者を描く記録映画瀬戸内海の大島のハンセン病療養所「大島青松園」で暮らす夫婦、東條高さん(78)と康江さん(75)の生活を7年の歳月をかけて撮り続けたドキュメンタリー映画「61ha 絆」が、12月21日まで渋谷 UPLINKで公開している […]
  • 化粧水の売り上げでサンゴを植林化粧品メーカー「コーセー」は、「あなたが美しくなると、海も美しくなる」を合言葉に「雪肌精SAVE the BLUEプロジェクト」を2009年から始めている。 「雪肌精」の化粧水1本が買われるごとに、その底面積分のサンゴを […]
  • 「ろう者」と「聴者」が共に作り上げるプロレスNPO法人日本聴覚障害者エンターテイメントサポート(東京・中央)では、手話の普及活動や健常者と聴覚障がい者が交流するプロレス団体「HERO」を運営している。 同団体の代表理事で、聴覚障がい者を家族にもつ佐藤剛由さんは言う […]
  • ゴミ拾いを「スポーツ」にしたら、みんなが環境を考え始めた一般社団法人日本スポーツGOMI拾い連盟(東京・渋谷)では、「スポーツGOMI拾い」の開催と普及活動を実施している。 スポーツGOMI拾いとは、企業や団体が取り組む従来型のゴミ拾いにスポーツのエッセンスを加え、社会奉仕活 […]
  • 東大先端研と日本マイクロソフトが障がい者の活動支援ソリューションを共同開発東京大学先端科学技術研究センター(東京・目黒)と日本マイクロソフト(東京・港)は、入力デバイス「Kinect(TM) for Windows(R)」を応用し、重度の障がいがある方の活動を支援するソリューション「OAK」( […]
  • ユニクロが売上10億円から子どもに夢を与えるプロジェクトユニクロが、プロテニスプレイヤーでユニクロのブランド親善大使であるノバク・ジョコビッチ選手と共同で発案したプロジェクト「Clothes for Smiles」を始めた。 これは、ヒートテックとウルトラライトダウンの売り上 […]
  • 環境NGOと企業が共同開発したフェアトレード・スキンケアソロモン諸島では、現金収入の必要などから森の伐採が進みつつある。 現地で養蜂産業を育て持続的な発展を応援する活動を行っている環境NGOの特定非営利活動法人APSD(神奈川県相模原市)は、2004年頃から熱帯雨林から採れる […]
  • 授乳服のモーハウス、ネパールでフェアトレード授乳服ブランドのモーハウス(茨城県つくば市)は11月5日、失業率が慢性的に高いネパールで女性を雇用する工房に発注し、日本での販売を始めた。 現地の工房は、女性の持つ勤勉さ、丁寧さに着目し、女性にこだわって採用している。女 […]
  • 森を守る間伐材の家具組み立てキット組手(くで)は、日本伝統の建築の技で、棒状の木材に加工した溝のこと。2つの溝を組み合わせることで釘を使わずに組み立てられる。「組手什(9de10)」は、この技を応用した組み立てキットだ。1万円(税別)で8㎝ごとに溝(組手 […]
  • 笑顔の写真で途上国にコメ届ける「元気ライス」プロジェクト車や農・工業用機械の買い取りを行う会宝産業(石川県金沢市)は、発展途上国の自立支援プロジェクトとして「元気ライスプロジェクト」を開始した。 「写真1枚で参加できるボランティア活動」として、パソコンや携帯電話から同プロジェ […]
  • クラブハリエ、障がい者の少女が主人公の絵本を発表たねやの洋菓子部門でバームクーヘンの人気店「クラブハリエ」が、大阪・阪急うめだ本店の新装オープンに合わせ、オリジナルの絵本を発表した。 タイトルは、『ハリエさんとゆかいななかまたち うれしいかおってどんなかお?』(ぶん・ […]
  • ジャパンハートの国際看護長期研修、募集始まる小児外科医の吉岡秀人氏(47)が率いる途上国の子どもたちを救う国際医療団であるNPO法人ジャパンハート(東京・台東)が、国際看護長期研修の2012年度冬公募を始めた。 吉岡氏は1995年から1997年にミャンマーで医療活 […]
  • ソフトバンクと東大が情報端末で障がい児を救う「魔法のプロジェクト」東京大学先端科学技術研究センター(東京・目黒)とソフトバンクモバイルは、携帯電話の活用によって障がいを持つ子どもたちの生活や学習を支援する、「あきちゃんの魔法のポケットプロジェクト」を2009年から進めている。 このプロ […]
  • ドキュメンタリーより現実を映し出す映画「希望の国」第37回トロント国際映画祭でNETPACアジア最優秀映画賞を受賞した日本映画「希望の国」を、公開初日の10月20日に観た。 園子温監督の最新作になるこの映画は、3・11以後に数多く作られた原発ドキュメンタリーも含め、群を […]
  • 福岡・博多湾で進む「CO2ゼロ」のまちづくり福岡の博多港の港湾機能強化のために必要となる大水深の航路整備などで生じるしゅんせつ土砂、および地下鉄など内陸部の都市基盤整備に伴い発生する土砂などの活用によって、湾東部に生じる土地が「アイランドシティ」だ。 このアイラン […]
  • 東京・調布に「社会貢献商品」の専門店がオープン社会貢献型商品の専門店「Joy’nt Factory」がこのほど東京都調布市に開店した。復興支援商品、フェアトレード、コーズブランド、ソーシャルプロダクトなどの雑貨・アパレル・書籍のみ約200アイテムを扱って […]
  • 楽天クラッチ募金の総額が7億円超え楽天グループが行った募金活動による「災害支援」の総額が、10月15日、700,193,488円に達した。 これは九州北部豪雨被害やトルコ大震災、タイ洪水被害などを含むが、東日本大震災の支援総額だけでも688,420,18 […]
  • 近畿ろうきん、社会貢献につながる定期預金を新発売近畿ろうきんでは、従来の「社会貢献預金」をリニューアルし、10月1日から新たに「社会貢献預金・すまいる」の発売を始めた。希望の寄付コースを選べば、預金を通して、「エコ推進」「子どもたちの未来応援」「災害復興支援」「国際協 […]
  • 「志」を求める若者たち(23) 障害(バリア)を価値(バリュー)に、誰もが生きやすく――ミライロ当事者視点でのバリアフリーのコンサルティング、ユニバーサルな接客技術の研修などを行う会社が大阪にある。自身も車いすに乗る社長が描くバリアフリーな未来とは。(聞き手:今一生)=文中敬称略 垣内俊哉(23歳) 株式会社ミライ […]
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑