サステナブル・ビジネス・マガジン

月: 2011年6月

記事一覧

no image

東電、顧客を通じて取材規制?

先日、大手電機メーカーの新型施設を取材したとき、「事前に原稿を見せてもらえないのなら、お見せできない設備があります」といわれた。開かれたイメージがある企業だけに、珍しいことを言うと思い理由を尋ねると、

NEWS
no image

電力供給拡大、発送電分離が一案

東京電力福島第1原発の事故を受けて電力体制の見直し議論が始まった。焦点が東京電力の経営体制、そして賠償の行方だ。経産省で電気事業法などエネルギー行政にかかわり、現在は政策研究・提言を行う石川和男東京財

NEWS
no image

江田新環境相、25%削減目標見直さず

内閣の閣僚の変更で27日に法務大臣の兼務で就任した江田五月環境大臣は同日の就任会見で、温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年比で25%削減するとした民主党政権の地球温暖化対策の中期目標につい

NEWS
no image

東電株主総会、「脱原発提案」が争点

東京電力の定時株主総会が28日午前、都内で開始された。総会で議長を務める勝俣恒久会長は冒頭、「福島第一原発事故と、供給力不足にともなう計画停電で株主や地域に多大な迷惑をかけた」と謝罪した。 出席者数は

NEWS
no image

麻生元首相「原発停止で電気代10倍」

自民党の麻生太郎元首相は26日夜、愛媛県新居浜市内で講演し、原子力発電を太陽光発電で代替した場合に「設備稼働率の違いから電気料金が原発の10倍に跳ね上がる」と主張。「工場は海外へ流出し失業者が増える」

NEWS
no image

中曽根元首相が自然エネ派に変節

科学技術庁長官や原子力委員会委員長を歴任するなど、原発推進の先駆者だった中曽根康弘元首相が最近、自然エネルギー推進を主張し始め、世間の耳目を集めている。 6月26日、神奈川県などが横浜市で開いた「太陽

NEWS
no image

温暖化対策にまつわる7つの神話

エネルギー政策を考えるうえで、温暖化問題の議論は欠かせない。そして、原子力神話以外にも、エネルギーや温暖化の問題をめぐっては多くの神話があるという。地球環境戦略研究機関(IGES)の気候変動グループ・

NEWS
no image

地方に見抜かれる原発運転再開要請

海江田万里経済産業大臣が18日に行った定期検査中の原子炉の運転再開要請に対して、各自治体からは今週、「時期尚早」「脱原発を」などの反発の声が相次いだ。大阪府の橋下徹知事が同日に「安全だというなら大臣ら

NEWS
no image

「脱原発解散」で国民の信を問う

現在の衆議院議員は任期満了まであと2年ちょっと。地方選で負け続けている民主党は、どのタイミングで解散しても「よほどのこと」がない限り、総選挙で惨敗し、政権から転落するのは間違いない。ところが、今、その

NEWS
no image

真夏日でも節電効果で500万kW減

夏至の22日から翌23日にかけて全国的に猛暑日を記録する地域が広がる中、東京電力管内の最大電力需要が東日本大震災以降初めて4千万キロワットを超えた。最大供給力の4780万キロワット(24日予想)に迫る

NEWS
no image

スズキ、地震リスク解消で工場分散へ

スズキの鈴木修会長兼社長は23日の記者会見で、「(東海大地震が到来した場合)自社設備が津波や液状化現象、原発事故などの影響を受ける可能性がある」として、静岡県浜松市の本社や同県東部、愛知県に集中する工

NEWS