サステナブル・ビジネス・マガジン

月: 2011年7月

記事一覧

no image

貿易動向、一時回復だが先行き不透明

日本経済の先行きを見通す兆しとして、貿易統計への関心が高まっている。財務省が21日に発表した6月の貿易統計速報(通関ベース)は、貿易収支は707億円の黒字だった。東日本大震災の影響で4月以降、赤字が続

NEWS
no image

九電の動員工作「今さらという感じ」

玄海原発の再稼働をめぐる住民説明会での「やらせメール」問題が発覚した九州電力。同社は2005年から10年にかけて、佐賀や鹿児島の各県内で計6回行われた原発の住民説明会やシンポジウムでも、社員や取引先に

NEWS
no image

自然エネルギー促進法案が審議入り

自然エネルギーの全量固定価格買取制度(FIT)の実施を骨子とした自然エネルギー促進法案が27日に国会で審議入りした。同法案の成立は菅直人首相が退陣の条件の一つとして掲げているが、野党内には大幅な修正を

NEWS
no image

首都圏医師半数、家族の被ばくに不安

病院検索サイトなどを運営するキューライフ(世田谷区)は27日、関東1都6県の医師を対象に実施した、地域の放射能の健康への影響に関する調査の結果を発表した。それによると、自身の家族に被ばくによる健康被害

NEWS
no image

自民党を支える電力業界の個人献金

1974年に企業献金を廃止した電力業界の役員やOBらが、自民党側に個人献金を続けている実態が明らかとなっている。共同通信が23日に報じた所によれば、個人献金は76年には始まり、2009年の時点で個人献

NEWS
no image

電気料金、化石燃料高騰の影響が深刻

国会での自然エネルギー促進法案の行方に注目が集まる中、今後の電気料金の上昇は化石燃料の高騰による影響が大きいとの予測結果をNPO環境エネルギー政策研究所が25日に公表した。 自然エネルギーの固定価格買

NEWS
no image

ユヌス氏、被災地支援に意気込み

グラミン銀行の創業者でノーベル平和賞を受賞したムハメド・ユヌス氏がこのほど来日し、女性経営者50人と東日本大震災の被災者支援について考えるセミナーが都内で開催された。同氏は、「今後はソーシャル・ビジネ

NEWS