サステナブル・ビジネス・マガジン

月: 2011年7月

no image

書評)社会の課題へ挑む新職業とは

コミュニティデザインとは、どのような仕事なのか。地方の高齢化、空洞化する市街地、森林問題など、現代日本が抱える社会的問題を解決するために行う活動の中で、筆者が切り拓いた職能だ。社会の閉塞感を突破する重

NEWS
no image

原発輸出再議論「ベトナムへは約束」

菅直人首相が21日午前の参議院予算委員会で原発の海外への輸出について「もう一度きちんと議論しなければならない」と述べたことを受け、枝野幸男官房長官は午後に開かれた同委員会で昨年決定したベトナムへの原発

NEWS
no image

気候変動対策に原発を入れたがる日本

菅首相の「脱原発依存」宣言や福島県の復興ビジョン素案での「脱原発」の明記など、政府や地方自治体で原発依存からの脱却をめざす動きが活発化している日本だが、対外的には従来の原発推進の姿勢は変わっていない。

NEWS
no image

政府、西日本にも節電要請

政府は19日、西日本の企業、家庭について自主的な節電を要請する方針を明らかにした。これまでの節電要請から、数値目標を定めた要請に変える予定。ただし大口需要者に出す強制力を持った電力使用制限令の導入は見

NEWS
no image

政府、家電エコポイント復活を検討

政府は家電エコポイントの復活の検討を始めた。玄葉光一郎国家戦略担当大臣が明らかにしたもので、省エネ効果の高いLED電球などの普及を促して、節電を進める狙い。今後の省エネ政策や、2011年度の補正予算に

NEWS
no image

福島県、復興ビジョンで脱原発明記

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で大きな被害を受けている福島県はこのほど、「復興ビジョン」の素案を策定した。復興の基本理念として原発立地自治体では初めて脱原発を掲げており、自然エネルギーの積極導

NEWS
no image

トヨタ、東北に新工場 人材育成も

トヨタ自動車が宮城県内に小型車用エンジンの新工場を建設することが、このほど明らかとなった。同社では若手技術者を養成する企業内学校も東北に新設する計画で、東北を国内での生産拠点の一つと位置付ける考えだ。

NEWS
no image

仙台七夕花火祭、財政難でピンチ

杜の都の夜空を彩る「仙台七夕花火祭」の開催が資金不足で危ぶまれている。日本を元気にしたいと例年通りの実施を決めたが、地元企業などが被災したことから協賛金集めが難航しているためだ。運営を行う仙台青年会議

NEWS
no image

ソニー、EV向け蓄電池事業に参入

ソニーは12日、電気自動車(EV)のバッテリーなどに使われるリチウムイオン蓄電池の生産事業に2010年代半ばに参入する方針を明らかにした。同社がこれまで行ってきた家電向け蓄電池の技術を活かして、大幅な

NEWS