サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

月: 2011年8月

記事一覧

no image

「自分らしい社会貢献とは?」

社会にある課題をビジネスなどの事業の形で解決する新しい動き「社会起業」。それを学び、実践する社会起業大学(東京都千代田区)が注目を集める。2010年の開校から約100人の社会人が卒業し、そのうち3割も

NEWS
no image

DASH村浄化実験「予定通り放映」

人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也さんが、今年2月に自動車免許の期限が切れていたにもかかわらず無免許状態のまま運転していた問題で、日本テレビは30日午後、同局の人気番組「ザ!鉄腕!DASH!

NEWS
no image

野田新総理で自然エネ政策は後回し?

民主党の新代表に29日、野田佳彦財務大臣が選ばれ、30日午後には国会で第95代首相に指名された。代表選で「エネルギー制約を早急に克服する」として原発の再稼働に前向きな姿勢を見せた野田氏に対して、経済界

NEWS
no image

竹紙100%ノートで里山を救え

中越パルプ工業は今年9月、日本で初めて国産竹パルプ100%使用のノートを発売する。日本の里山では人工林の放置だけでなく、放置竹林が周辺の森林を浸食することが問題になっており、伐採した竹を原料にすること

NEWS
no image

河村市長、「名古屋発電会社を」

名古屋市の河村たかし市長が「脱原発」を明確に掲げて、市独自の発電会社設立構想まで打ち出している。実現可能性は不明だが、本人は「できれば全量、自然エネルギーにしたい。競争で電力価格は安くなる」などと皮算

NEWS
no image

福島の除染目指す政府対策チーム発足

東電の原発事故で福島を中心に飛散した放射性物質の除去作業を行う福島除染推進チームが、24日に発足した。内閣府、環境省、日本原子力開発機構、福島県などから担当者が集った組織横断的なもので、チーム長は森谷

NEWS
no image

古川知事「やらせメール」の責任否定

佐賀県の古川康知事は24日の定例記者会見で、九州電力幹部と面談した際の発言が「やらせメール」を誘発させたとされる問題について「私の真意と違うメモが作られたことで、私自身が責任を取らなければいけないとは

NEWS
no image

もんじゅ、存廃めぐる動きが活発化

相次ぐトラブルで長期間の運転停止を余儀なくされている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)だが、日本原子力研究開発機構(原研)は24日、外部有識者による検討委員会を開き、復旧作業の着手を了承した。もんじゅ

NEWS