2014/06

2014/06/30

クリーン技術の促進、日本は世界で12位

WWF報道資料) グローバル・クリーンテック・インデックス2014発表 クリーン技術促進について、日本は40カ国中12位 6月26日、民間のクリーン技術調査会社Cleantech Group とWWFインターナショナルは […]...続きを読む »

CSR News Release

2014/06/30

強い神経毒性、生態系全体に影響? 『知らずに食べていませんか? ネオニコチノイド』

ミツバチ大量死との因果関係が指摘され、EUでは現在、使用が制限されている農薬ネオニコチノイド。植物の内部に浸透し、長期間にわたり強い神経毒性を発揮するこの農薬の特徴や最新事情を、イラストと共に分かりやすく解説した本『知ら […]...続きを読む »

NEWS

2014/06/30

女性蔑視のままではグローバル化もままならない

東京都議会で晩婚化対策を質問した女性都議会議員が女性蔑視のヤジを浴びた問題で他にも複数の議員が立て続けにヤジを飛ばしていたことが分かったという報道を、たまたま出張先の欧州内で聞き知った。(上原 修・特定非営利活動法人日本 […]...続きを読む »

Feature Story SPECIAL CONTENTS

2014/06/30

エシカルウェディング、思いやりの結婚式【サステナブルな世の中って?】

河口 真理子(株式会社大和総研調査本部主席研究員) おそらく日本ではじめての本格的な「エシカルウェディング」が2012年9月9日、行われました。「エシカル」は、本誌の読者にとっては目新しいものではないでしょうが、一般的で […]...続きを読む »

CSR monthly

2014/06/30

オルタナ37号読者プレゼントのご案内

編集部おすすめの逸品を紹介する「オルタナセレクト」発の読者プレゼントです(オルタナ本誌37号に掲載)。 ドッグライフをグッドライフに 気持ちの良い青空のもと、お散歩日和の季節が来ました。かわいいペットにもエシカルなケア用 […]...続きを読む »

編集部から

2014/06/27

[CSR]三井物産、未来への責任を自分ごと化する「サス学」を小学生に

1947年の創業以来、日本における代表的な総合商社として発展してきた三井物産。同社は、「環境」「国際交流」「教育」の3分野を重点領域とし、環境・社会貢献活動に力を入れてきた。今年は新たに、持続可能な(サステナブル)未来を […]...続きを読む »

CSR NEWS NEWS

2014/06/27

[CSR]さいたま市のCSR認証事業、3年目に

さいたま市が2014年度の「さいたま市CSRチャレンジ企業」の募集を始めた。CSRに積極的に取り組む中小企業を、市が主体となって認証する事業で、2012年度から始めて3年目になる。6月26日には、応募説明会を兼ねて「さい […]...続きを読む »

CSR NEWS NEWS

2014/06/27

家族の視点から「福島」を描く――映画「あいときぼうのまち」

「福島に生きる四世代の家族」を通して、3・11と東電原発事故に至る日本の姿を描いた劇映画「あいときぼうのまち」(菅乃廣監督、2013年製作、126分)の上映が21日から始まった。(オルタナ編集委員=斉藤円華) 作品は3つ […]...続きを読む »

2011年東北地方太平洋沖地震関連 NEWS

2014/06/27

多様なレベルで議論重ねイノベーション創出を【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 学会「企業と社会フォーラム」(JFBS)は、2012年9月20~21日の2日間にわたり、早稲田大学において「持続可能な発展とイノベーション」を統一テーマとした第2回 […]...続きを読む »

CSR monthly

2014/06/27

[CSR]キヤノンMJ、児童養護施設からの巣立ちを支援

リリース) キヤノンマーケティングジャパンがNPO 法人ブリッジフォースマイルが主催する「カナエール 夢スピーチコンテスト」に協力 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、 […]...続きを読む »

CSR News Release

2014/06/26

「ネオニコ系農薬はミツバチ減少の要因」――800の論文を基に国際的な科学者チームが発表

15カ国、53人の科学者からなる「浸透性農薬タスクフォース」(TFSP)は6月26日、ネオニコチノイド系殺虫剤とフェニルピラゾール系殺虫剤(フィプロニル)に関する「世界的な総合評価書(WIA)」を発表した。評価書では、こ […]...続きを読む »

NEWS

2014/06/26

[CSR]ユニ・チャーム、インドの女性1万人に初潮教育

生理用品の製造販売を開始してから50年以上が経つユニ・チャームは、2013年1月から国際協力機構(JICA)や現地で女性支援活動を行っているNGOディーパラヤの協力を得て、インド・ハリアナ州の農村部で少女と母親向けに初潮 […]...続きを読む »

CSR NEWS NEWS

2014/06/26

CSRを経営に統合していくことの意味【戦略経営としてのCSR】

大久保 和孝(新日本有限責任監査法人 CSR推進部長) 先月、経団連関係のCSRミッションとして4年ぶりに欧州を訪問した。印象的だったのは、先進的な企業の多くが、人口爆発や高齢化問題、資源の枯渇、災害の多発、貧困などの社 […]...続きを読む »

CSR today SPECIAL CONTENTS

2014/06/26

[CSR]サイバーエージェントと日本財団が「ママ総研」

日本財団は今年1月、サイバーエージェントが運営するママ向け情報サイト「Ameba mama(アメーバママ)」と共同で、ネット上のシンクタンク「ママ総研」を開設した。「ママ総研」は育児中の女性のリアルな声を集めて課題解決策 […]...続きを読む »

NEWS

2014/06/25

BOP ビジネス成功に導くパートナーとの連携とは【サステナビリティ・ウォッチ】

田村 賢一(株式会社イースクエア) 日本でのBOPビジネスの認知度は、2010年のJICA、経済産業省など公的機関による支援の開始を一つの契機に、急速に広まりつつある。BOPビジネスのとらえ方も、BOP層を消費者ととらえ […]...続きを読む »

CSR monthly

2014/06/24

南三陸町の有志、東京で海の幸を振る舞う

宮城県南三陸町の有志が6月21日に東京・板橋で「南三陸味わいナイトin東京」を開催した。50人限定の会場は満員となり、さばきたてのギンザケや山盛りのウニやイクラが振る舞われた。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代) 企画・運営 […]...続きを読む »

NEWS

2014/06/24

企業トップ自らジェンダー平等の推進を【ダイバーシティとジェンダー】

大西 祥世(グローバル・コンパクト研究センター研究員) 今号からは、女性のエンパワメント原則(WEPs)の7つの原則に沿って、企業の取り組みの具体例をご紹介します。 WEPsは、トップがリーダーシップをとって、その企業が […]...続きを読む »

CSR monthly

2014/06/24

[CSR]「第1 回 SG ホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」募集開始

ニュースリリース) 「第1 回 SG ホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」募集開始 SG ホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長兼社長:栗和田榮一)は、2014年7月1 日(火)よ […]...続きを読む »

CSR News Release

2014/06/24

MDGsは「CSR」から「市場原理」活用へ【CSRフロンティア】

(原田 勝広/明治学院大学教授) 途上国の課題解決に企業のリソースを使う発想は企業のCSR意識を高め、主導役の国連の役割に改めてスポットライトを当てたような気がする。そのツールになっているのが、国連グローバルコンパクト( […]...続きを読む »

CSR today SPECIAL CONTENTS

2014/06/23

オルタナ37号(2014年6月30日発売)

★定期購読キャンペーン実施中★ 今お申込み頂くと ▼半年間(2冊分)50%オフ ▼お好きなバックナンバー1部プレゼント 詳しくは富士山マガジンサービスで ※対象は「月額(毎号)払い」です。停止のご連絡があるまで、お送りし […]...続きを読む »

バックナンバー

Page 1 of 3123

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑