サーキュラーエコノミー

This tag is associated with 15 posts

2020/09/03

三菱地所ホーム 木と鉄骨のハイブリッド構法

三菱地所ホームは9月3日、世界初の特許技術「Flat Mass Timber構法」を開発したことを発表した。このFTM構法は木と鉄骨によるハイブリッド構法で、同社は木造注文住宅ブランド「ROBRA(ロブラ)」を立ち上げ、 […]...続きを読む »

NEWS

2020/08/03

新たな通貨をデザインする(林 公則)

■オルタナ本誌61号 つなぐ金融 から 域通貨に魅力を感じたのは、2019年2月にキームガウアー(Chiemgauer)に出会ってからである。キームガウアーはミュンヘンから80キロメートルほど離れたキーム湖周辺で、200 […]...続きを読む »

NEWS 未分類

2020/07/22

何のためのレジ袋有料化か

■オルタナ本誌61号 論考・サーキュラーエコノミー から 2019年12月、国は2020年7月からレジ袋の有料化を義務付けること(無料配布の禁止)を決めた。 スーパーなどでのレジ袋の有料化や配布の禁止は各国で行われていて […]...続きを読む »

NEWS

2020/07/08

ソニーや日清、SBTi参加の日本企業が100社に

SBTi(Science Based Targets initiative)に参加する日本企業が6月で100社に達した。SBTiは、WWF(世界自然保護基金)、CDP、世界資源研究所(WRI)、国連グローバル・コンパクト […]...続きを読む »

NEWS

2020/07/08

世界初、独ヘンケルが「プラごみ削減ボンド(社債)」

独日用品・化学大手ヘンケルは7月3日、世界初の「プラスチック廃棄物削減ボンド(社債)」の発行に向けた手続きを完了したことを発表した。第一生命保険と第一フロンティア生命保険の私募で資金調達し、プラスチック廃棄物を削減するた […]...続きを読む »

NEWS

2020/07/01

「99%廃プラ再生材」のゴミ袋が登場

廃棄物管理サービスを行うサティスファクトリー(東京・中央)は、廃プラスチックを再利用して作ったゴミ袋を事業者向けに販売している。同社では事業者が出した廃プラスチックを回収する取り組みを行っており、その一環として、99%再 […]...続きを読む »

NEWS

2020/05/15

自動車技術と火薬、そしてエコシステム(清水和夫)

■オルタナ本誌60号 モビリティの未来から 今号(60号)では「サーキュラーエコノミー」が特集されているが、これは日本語でいうと「循環経済(社会)」と理解できる。実はこのようなライフスタイルは、江戸時代の市民社会で実現し […]...続きを読む »

NEWS

2020/04/02

矢野 智孝吉勝重建代表取締役:わがパーパス⑪

オルタナはこのほど、別冊「72組織 わがパーパス」を発行しました。省庁・自治体・株式会社・非営利組織(大学や病院を含む)など72組織のトップに、パーパス(存在意義)を執筆していただきました。その一部をご紹介します。 ■矢 […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2020/03/13

黒岩 祐治神奈川県知事:わがパーパス②

オルタナはこのほど、別冊「72組織 わがパーパス」を発行しました。省庁・自治体・株式会社・非営利組織(大学や病院を含む)など72組織のトップに、パーパス(存在意義)を執筆していただきました。その一部をご紹介します。 ■黒 […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2020/03/07

廃棄漁網がボタンに、海洋プラを再資源化

廃棄物を原料に再生素材を製造するリファインバース(東京・中央、越智晶社長)は3月1日から、廃棄漁網をリサイクルしたナイロン樹脂「リアミド」を、アパレル業界向けの材料として供給開始した。大手アパレル資材商社モリト・ジャパン […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

アディダス100%再生可能シューズ、21年発売へ実証

アディダスジャパンは12月20日、使用後に100%再生可能なランニングシューズ「FUTURECRAFT.LOOP」の実証品を発表した。接着剤を使用せず単一素材で製造することで、使用後に回収・溶解し、再生産できるシューズと […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/14

リユース容器で買物「Loop」エコプロで13社参加表明

持続可能な社会の実現をテーマとする展示会「エコプロ2019」が12月5日~7日、都内で開催された。テラサイクルジャパンと東京都環境局のブースでは、繰り返し使えるリユース容器を利用した商品提供システム「Loop」が紹介され […]...続きを読む »

NEWS

2019/11/20

環境と経済のウィンウィンは可能か(細田 衛士)

■オルタナ本誌58号「論考・サーキュラーエコノミー」から EUから発行されるサーキュラーエコノミー関係の刊行物を読むと気が付くことがある。それは、常に環境と経済のウィンウィンの関係が約束されるかのように書いてあることだ。 […]...続きを読む »

NEWS

2019/06/28

オレンジの搾りかすがオイルや紙に変身:オランダ

◆オルタナ本誌 連載「世界のソーシャルビジネス」(57号)から オランダは政府主導で、2050年までに「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」の完全実現を目指している。これに従い、自治体も大企業も次々に環境対応を進め、ス […]...続きを読む »

NEWS

2019/06/19

日本人として食品廃棄物問題を考える(細田衛士)

◆オルタナ56号 連載「論考・サーキュラーエコノミ」から 私ごとで恐縮だが、私の生まれは昭和28年(1953年)、日本経済が高度経済成長期に入ろうかという頃で、戦争の混乱は急速に収束しつつあった。それでも、幼い頃の記憶に […]...続きを読む »

NEWS

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑