サステナブル・ビジネス・マガジン

月: 2011年4月

記事一覧

no image

温暖化ガス排出、1990年度を下回る

日本の温室効果ガスの排出量が、初めて1990年度実績を下回った。環境省が4月26日に発表した2009年度の温室効果ガス排出量の確定値は、京都議定書の基準年となる90年度の12億6100万トンよりも52

FEATURE STORIES
no image

規制改革171項目要望‐日本経団連

日本経団連は28日、東日本大震災からの復興を円滑に進めるための規制改革をまとめた要望書を政府に提出した。建築申請や審査手続き、クレーン車走行基準の緩和をはじめとする運輸・物流や労働など11分野にわたっ

NEWS
no image

町の復興には現場が意思決定を

東北復興をテーマとした「まちづくり展」が、4月12日から22日まで日本建築学会で開催された。3.11 以降の国土のあり方について建築や都市の専門家が討議する連続ワークショップが好評を博した。白熱する議

NEWS
no image

「原発がないと停電する」はウソ

フィンランドの地下深くに建設中の放射性廃棄物の埋蔵施設「オンカロ」を初めてカメラが追ったドキュメンタリー映画「100000年後の安全」の上映に合わせ、チェルノブイリと福島原発の両方を取材したジャーナリ

NEWS
no image

政府目標の2倍、電力30%を削減へ

ユニ・チャームは、本社の消費電力の削減目標を、政府目標の2倍に当たる30%に引き上げることを28日に決めた。5月から実施する。空調や照明の使用を抑え、5月2日からは「サマータイム」制度も導入するなどで

NEWS
no image

脱原発のエネパレに5000人集結

24日、東京・渋谷で「脱原発、自然エネルギーへのシフト」を求めるパレードが行われた。アースデイ東京会場の代々木公園を起点に、渋谷から原宿までの道のり約2.5kmを約5000人の市民がねり歩いた。震災後

NEWS
no image

【原発震災】妊婦の避難を阻む呪縛

「20人の妊婦さん、全員来れませんでした」――。事故を起こした東京電力福島第一原発から半径100キロメートル圏内に避難する妊婦らを沖縄で受け入れる活動を行う「つなぐ光」(沖縄県恩納村、金城睦代表)のブ

FEATURE STORIES
no image

東電は上場維持し賠償 野田財務相

野田佳彦財務相は26日午前の閣議後会見で、原発事故に伴う多額の賠償を行う見込みの東京電力について「上場しながら万全の補償ができるようにすることが大事だ」と述べ、解体論まで出る東京電力の維持について存続

NEWS
no image

独で躍進する緑の党

持続可能な社会を目指して政策提言をするエコロジャパンの今本秀爾代表が、3月にドイツで行われた地方議員選挙のキャンペーンに参加され、その様子をオルタナに寄稿いただきました。(編集部) 筆者が招待を受けた

NEWS
no image

震災後「伝統的生活重視」過半数に

民間調査会社が東日本大震災から1カ月後に首都圏住民を対象に実施したアンケート調査で、便利な現代的生活を求める意識が後退し、伝統的な暮らしを重視する傾向が過半数を占めたことが25日に明らかとなった。 調

NEWS
no image

日弁連会長「児童被曝許容増は問題」

東京電力福島第一原発事故による放射性物質の漏えいを受けて、文部科学省が福島県内の学校等の校舎や校庭における児童の年間被曝線量の許容限度を20ミリシーベルトに緩和したことに対し、日本弁護士連合会の宇都宮

NEWS
no image

NZ、自然エネルギー90%を目標に

【ニュージーランド クローディアー真理】ニュージーランド政府は、オークランド北西に横たわるカイパラ湾に、200メガワットの出力が可能となる潮力発電所を建設する計画を承認した。 実現すれば、25万世帯の

NEWS