2010/12

2010/12/29

政府、国内排出量取引の導入先送り

政府は12月28日、地球温暖化問題に関する閣僚委員会を開き、温暖化対策のための主要3施策に対する基本方針を了承した。その中で、導入の是非が注目されていた国内排出量取引制度については「国際的な枠組みの成否を見極める」として […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/28

沖縄・高江でヘリパッド工事再開

沖縄県北部の東村高江地区で12月22日、国は米軍北部訓練場の返還に伴うヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事を再開した。同工事を巡っては地元住民が反対しており、それを押し切る形だ。翌23日夜には米軍と思われるヘリコ […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/27

あなたのケータイ、「紛争鉱物」ではありませんか

「紛争鉱物」という概念をご存知だろうか。生態系の破壊や児童労働による採掘の恐れがある鉱物、特にレアメタルを指し、アフリカのコンゴ共和国周辺のタンタルなどが最近、よく話題になっている。携帯電話の部品から紛争鉱物を無くす「エ […]...続きを読む »

FEATURE STORIES Feature Story

2010/12/27

オルタナ22号読者プレゼントのご案内

オルタナ22号(2010年12月号)読者プレゼントのご案内です。 環境に配慮しながら設計され、かつデザインも優れている、編集部おすすめの逸品を紹介する「オルタナセレクト」発の読者プレゼントです。ぜひご応募ください。 ■オ […]...続きを読む »

Editor 編集部から

2010/12/27

表参道で「オーガニック化」が加速

東京の青山・表参道界隈で「オーガニック化」が進みつつある。もともと表参道界隈には、オーガニック(有機)の野菜、食材、素材などを扱う店舗が集中していたが、新たに国内外からオーガニック店舗やイベント参入しているためだ。 日本 […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/24

三菱重、印企業にCO2回収技術供与

三菱重工業は12月21日、インドの国営肥料会社NFLの工場に世界最大級のCO2回収技術(1日当たり450トン)を供与する。同国マディヤ・プラデーシュ州のビシャイプール尿素肥料工場に使われるもので、プラントの完成は2012 […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/24

国連総会「生物多様性の10年」採択

国連は12月20日の総会で、2011~20年を「生物多様性の10年」と位置付け、国際社会が協力して生態系保全に取り組むとの決議を採択した。10月に名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で総会へ […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/23

親元で暮らせない10代を古本で支援

親から児童への虐待が社会問題化する中、集めた古本の売上を親元で暮らせない10代の自立支援に活用する取り組みが始まった。一般社団法人ストリート・プロジェクト(福岡市)では、12月17日から「寄付本プロジェクト」を立ち上げ、 […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/23

FXの複合機が中国で低炭素認証

富士ゼロックスは12月21日、同社のデジタル複合機50機種が中国環境保護部より11月18日に「中国環境ラベル低炭素商品認証」を取得したと発表した。同認証は中国政府の調達基準に組み込まれる見込みで、認証取得は中国市場での展 […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/22

ある企業のCSR部長の悩み

先日、ある企業のCSR部長からメールを頂きました。 主には「地球は本当に温暖化しているのか」というご質問でした。しかし、今や日本の企業人は、地球温暖化だけではなく、環境問題や社会とどう向き合うか、が広く問われています。 […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2010/12/22

豪快なカツオ一本釣り、エコ漁法なのに苦戦

漁船に乗った漁師たちが釣ざおで豪快に一匹ずつ釣り上げる「カツオの一本釣り」は、日本の伝統漁業の1つだ。持続可能な漁業の証である「MSC認証」を取得するケースも出ている。だが市場では安い韓国産などのカツオに押されているとい […]...続きを読む »

FEATURE STORIES Feature Story

2010/12/22

多雪地域向け太陽光システムを発売

京セラソーラーコーポレーション(KSC)は1月11日から、多雪地帯向けの住宅用太陽光発電システムを販売する。太陽光パネルにかかる荷重を分散させる新開発のラックを取り付け、1.5メートルの積雪にも耐えられる見込みという。 […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/22

凸版「CSR報告書はウェブ重視」

凸版印刷はこのほど、2010年の日本企業の環境報告書やCSRリポートの調査分析を発表した。それによると、この種の報告ではウェブと冊子の併用が定着しているという。 国内企業50社の2010年度の広報活動を調べた。ウェブだけ […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/21

iPhoneアプリで社会貢献、続々

iPhone などスマートフォン技術を利用して、社会貢献活動への参加を呼びかけるNPOが増えている。高齢者や障がい者向けの多機能トイレの情報を登録・検索できるアプリや、アフリカのエイズ孤児支援活動に寄付できるアプリがこの […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/21

省資源容器採用、サントリー天然水

サントリー食品は12月20日、軽量化と省資源化を実現した新開発の「P-ecot(ペコッと)ボトル」(写真)を採用した「サントリー天然水」550ミリリットル詰ペットボトルを、2011年3月8日から発売すると発表した。 「P […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/21

国内初 ツイッターでCO2を削減

カーボンオフセット事業などを手掛けるジーコンシャスは12月21日、国内で初めて、ツイッターのつぶやき数に応じてCO2の削減に貢献できる「Twitterグリーンキャンペーンシステム」の提供を開始したと発表した。 同システム […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/21

米国で「緑の聖書」が静かなブーム

2008年に米国で出版された「緑の聖書」をきっかけに、聖書を環境の視点から読み直そうとする試みが静かに広がっている。「ノアの方舟」のエピソードから環境問題を論じるなど、今までにない発想が受けているようだ。京都議定書を巡る […]...続きを読む »

FEATURE STORIES Feature Story

2010/12/20

「森を守る」国産材割り箸に再評価

環境に配慮して割り箸の使用を控える人が多い。しかし今、割り箸の使用が森を守るとして、その役割を見直す動きが広がりつつある。割り箸は森林破壊に直結しないばかりか、むしろ木材資源の有効活用であり、特に国産材を使った割り箸につ […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/17

生長の家、ISO取得で環境配慮へ

世界で180万人の信徒を擁する巨大宗教団体「生長の家」は、環境貢献を活動の柱にする。環境規格ISO14001の認証を2001年に宗教団体として世界で初めて取得するなど、先駆的な取り組みを進める。なぜ宗教が環境に熱意を向け […]...続きを読む »

NEWS

2010/12/17

GM、PHV車「ボルト」を出荷

米自動車大手のゼネラルモーターズ(GM)は12月15日、プラグインハイブリッド車(PHV)の「シボレー・ボルト」の販売を開始した。PHVは電池とガソリンの二つの動力を使用し、家庭用電源でも充電が可能。GMは2008年に経 […]...続きを読む »

NEWS

Page 1 of 3123
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑