2012/04

2012/04/30

チェルノブイリから26年、原発再稼働に反対する市民らが経産省に抗議

チェルノブイリの原発事故発生から4月26日で26年が経った。原発ゼロを目指す市民グループ「東電前アクション!」は、27日に経済産業省の正門前で「チェルノブイリ―福島キャンドルナイト」を実施。冷たい小雨が降る中、約90人が […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/29

EU新CSR戦略(和訳)を無料でダウンロード

「欧州が牽引するグローバルCSRの潮流、ISO26000は必須」――EU新CSR戦略(和訳)無料ダウンロード 英国ロンドンをベースに活動をしているCSRコンサルティング会社「サステイナビジョン株式会社」が欧州の新CSR戦 […]...続きを読む »

編集部から

2012/04/27

建物ごと自動で電力ピークカット制御――鹿島が自社ビルにシステム導入

夏の電力需要期を前に節電対策への関心が高まる中、大手ゼネコンの鹿島は26日、電力ピーク時に自動で建物内の電力消費を抑制して節電を実現する「鹿島スマート電力マネジメントシステム」を開発し、3月から自社の鹿島赤坂別館(延べ床 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/27

「いいね!」で社会貢献、寄付や植林活動も

日本での利用者数が1000万人を超えるフェイスブックを活用した企業の社会貢献活動が増えてきた。アメリカン・エキスプレスの被災地支援プロジェクト「フレンズ・オブ・ジャパン」をはじめ、「いいね!」の数に応じた寄付や植林活動も […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/27

内部被爆の実態追った仏ドキュメンタリー映画「核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝」

ドキュメンタリー映画「核の傷」は、軍医として被爆治療にあたった肥田舜太郎医師が内部被爆の実態を訴える姿を追った作品だ。 本作は、存命の被爆者が治療をうける様子や、『低レベル放射能』の著者であるスターングラス博士が低線量被 […]...続きを読む »

NEWS 未分類

2012/04/26

木質バイオマス発電でハゲ山が増える?――自然エネ財団が「買い取り価格の抑制を」

今年7月に「自然(再生可能)エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)」がスタートするのを前に、経産省の「調達価格等算定委員会」で審議が山場を迎えている。太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマスの5分野についてそれぞれ業界 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/26

自然エネ買取価格案、太陽光は42円――1キロワット時、家庭負担は月100円未満か

自然エネルギーの全量買取制度が7月から始まるのを控え、経済産業省の調達価格等算定委員会は25日、自然エネルギーの買取価格案を示した。太陽光発電は1キロワット時当たり42円などとしており、業界団体らも好意的に受け止めている […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/26

ラッシュジャパン、動物実験の禁止求めて署名1万7000筆集める

自然派石けんや入浴剤などの販売を手がけるラッシュジャパン(東京・港)は25日、化粧品のための動物実験禁止を求め、1月10日から4月22日の期間に集めた厚労相あての署名16994筆と要望書を藤田一枝厚生労働大臣政務官に提出 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/26

ソニー 電子書籍売り上げをスマトラ島の植林活動に寄付

ソニーは、電子書籍の売り上げをインドネシア・スマトラ島の世界遺産の森の保全活動に寄付する「本を読んで、木を増やそう!」プロジェクトを開始した。電子書籍ストア「Reader Store」の売り上げの一部をWWFジャパンが行 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/25

「関電エリアも余力生まれる」――ISEPが今夏の電力需給で独自予測と提言

環境エネルギー政策研究所(ISEP、飯田哲也所長)は23日、今夏の電力需給の独自予測をまとめ、「原発を再稼働しなくても夏の電力は足りる」とする見解と提言を明らかにした。 今夏の電力需給について政府は、8月のピーク時に関西 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/25

ネオニコ系農薬の中止求め、総額800万円の助成も

自然環境と人間生活の調和を目的とした市民やNPO・NGOの活動を支援する民間基金、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(東京・文京)は、「ネオニコチノイド系農薬に関する企画」の公募を開始した。ネオニコチノイド系農薬は、 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/25

「見える化」しないとCSRは伝わらない~欧州委員会の新戦略とは――下田屋毅の欧州CSR最前線(11)

欧州委員会が打ち出した新CSR戦略の重要テーマに、「CSRの見える化」と「模範事例の共有」がある。いずれも、欧州委員会コミュニケーション欧州連合の「新CSR戦略2011-2014」(2011年10月発行)で大きく取り上げ […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS 未分類

2012/04/25

パソナ、都内オフィスに野菜の出張販売サービス

人材サービス大手のパソナグループは、自社生産の農作物を都内のオフィスで出張販売するサービス「オフィス de マルシェ」を始めた。 第一弾は21、22の両日、モバイルサービス会社のサイバード(東京・渋谷)による野菜市「マル […]...続きを読む »

NEWS 未分類

2012/04/24

食品放射性物質基準「強制しない」――鹿野農水相、自主検査に対して

食品に含まれる放射性物質の検査をめぐり、自主検査を実施している食品業者らに対しても国が4月から定めた新たな基準値を使用するよう求める通知を農林水産省が20日に業界団体に行ったことについて、鹿野道彦農水相は23日に「強制で […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/24

バングラで労働者の生活向上支援――H&Mがサステナビリティ・レポート

H&Mはこのほど「サステナビリティ・レポート2011」を発表し、オーガニックコットンの使用量や水の削減量、バングラデシュでの就労訓練などについて報告した。 ファストファッションブランドとして認識されているH&am […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/24

地域力弱い東京では生き残れない――陸前高田の被災者が都内で警鐘

「東京で大地震が発生したら、私は生き延びる自信がない。恐らく『人』が最大の敵となる。地方に逃げる方がいい」 岩手県陸前高田市のNPO法人「陸前たがだ八起プロジェクト」事務局長の蒲生哲(がもう・さとる)さんが20日、都内で […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/23

震災がれきは焼却せずに活用を――「みどりの未来」が見解

環境政党「緑の党」の結党に向け準備を進める政治団体「みどりの未来」(共同代表:すぐろ奈緒)はこのほど、「『震災がれき』問題に関する暫定見解」を発表した。 この中で、「『放射能は拡散させない』というのが原則だ。がれきは焼却 […]...続きを読む »

NEWS 未分類

2012/04/23

東電株主有志、「脱原発」を再提案へ――ほふり(証券保管振替機構)の煩雑手続きが壁に

株価が暴落している東京電力の株主総会が、6月に開催される。市民団体「脱原発・東電株主運動」(以下、同会)は、株を手放さずに脱原発を目指す株主らと共同で、今年も議案提出の準備を進めている。 提案するのは、送電・変電・配電設 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/20

「農業経営は横のつながりが大切」――農家50人で農産物マッチング展示会

「農業経営に大事なのは、客の取り合いではなく横のつながりが大事」という考えを持つ関西圏の農家が24日、農産物マッチング展示会「農家の主張」をホテル日航大阪(中央区)で開催する。 農家自身がステージ上でスピーチをし、飲食店 […]...続きを読む »

NEWS

2012/04/20

大林組が障がい者雇用を推進――広島にも特例子会社事務所

ゼネコン(総合建設会社)大手の大林組が知的・精神障がい者雇用のために設立した特例子会社オーク・フレンドリーサービスはこのほど、広島事務所を開設し、新入社員1名を迎えた。 大林組では、特例子会社を設立することで、障がい者が […]...続きを読む »

NEWS 未分類

Page 1 of 41234

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑