2015/04

2015/04/30

企業経営における持続可能性を考える(1)【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 今回は、2014年9月18日(木)から19 日(金)に「持続可能性と戦略」を統一テーマとして開催されるJFBS 第4回年次大会についてご案内いたします(於:早稲田大 […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/30

トリプル・ボトム・ラインを実践する世界のリーダー、ノボノルディスク――下田屋毅の欧州CSR最前線(44)

ノボノルディスクは、糖尿病ケアを90年以上にわたって研究開発をしてきた、糖尿病分野の世界的リーダーで、デンマーク・コペンハーゲンに本社を置く。製品は5大陸180か国以上で販売され、従業員は世界75カ国に現在4万1900人 […]...続きを読む »

CSR today SPECIAL CONTENTS FEATURE STORIES Opinion

2015/04/30

エネルギーミックス議論で「意見箱」 専門家委員「国民の声、まだまだ少ない」

2030年に向けた国のエネルギー需給見通し(エネルギーミックス)をめぐる議論で、資源エネルギー庁は国民からの意見を募集する「意見箱」を1月末より設けている。(オルタナ編集委員=斉藤円華) 28日に開かれたエネルギーミック […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/30

[映画評・赤浜Rock’n Roll]防潮堤を拒否した住民の思いとは

東日本大震災の大津波で、壊滅的な被害を受けた東北の三陸沿岸。国や県による防潮堤計画が進む中、岩手県大槌町の赤浜地区は巨大防潮堤によらない復興を選んだ。住民の姿を三陸の風景の中に記録したドキュメンタリー映画「赤浜Rock’ […]...続きを読む »

2011年東北地方太平洋沖地震関連 NEWS

2015/04/30

インド・ウェイとインフォシス【世界を変えるCSV 戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) インドは、世界で唯一CSRを法制化している国です。企業に対し、CSR 委員会の設置、CSR 方針の策定、CSR 活動のモニタリング、そして、CSR 活動に利益の2% を利用することを、法律 […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/29

社会における企業のあり方に関する国際的議論の動向【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 今号では、社会における企業のあり方をテーマとする学界動向として、2014年後半に開催される国際会議の中から、JFBSが連携しているものを中心にご紹介します。 フンボ […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/28

自民党内からも「自然エネ3割以上を」 都内で緊急集会

「経済産業省の自然エネルギー導入目標は消極的だ」。国が進める2030年に向けたエネルギー需給見通しの議論で、経産省は28日、自然エネルギーを最大24%、原発を同22%とする骨子案を示した。これに対して自民党内からも「自然 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/28

姿を消した縁日の人気者イシガメ――私たちに身近な生物多様性(7)[坂本 優]

環境省は先月末、亜種ヤエヤマイシガメを含む、ミナミイシガメについて、輸出を禁止する方針を固め、パブリックコメントの募集を開始した。ヤエヤマイシガメは、八重山諸島などに分布する日本固有亜種で、食用、ペット用として中国で人気 […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/04/28

水族館のイルカが国際社会で問題に--「追い込み猟での調達は残酷」

世界動物園水族館協会(WAZA)は4月22日、日本動物園水族館協会(JAZA)を会員資格停止にしたと発表した。国際的に非難が高まっている「追い込み猟」によって捕獲したイルカを日本の水族館が購入し続けていることについて、是 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/28

ステークホルダーの優先順位【世界を変えるCSV 戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) CSVと言えば、マイケル・ポーターですが、ポーターは、戦略とは、「何をして何をしないかを明確にして、選択すること」「何をやらないかを決めることだ」と言っています。企業経営においては、優先順 […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/27

オーガニックシンポで「地産企消」を議論

一般社団法人グリーン経営者フォーラムは4月25日、「地産企消」をテーマにしたパネルディスカッションを行った。有機農業の拡大には、企業による買い支えが重要とし、その可能性を探った。(オルタナ編集部=佐藤 理来) 同パネルデ […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/27

[書評:議会は踊る、されど進む]地方自治再生のヒントとなる「失敗事例」

統一地方選挙が終わった。市民にとって地方自治は、国政以上に生活に関わる身近なものであるはずだ。ところが今回、投票率が軒並み過去最低を記録したように、身近さに見合った関心を持たれていないのが実情と言える。『議会は踊る、され […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/27

ダイキン工業、タイの空調冷媒を低環境負荷にするため、経済産業省プロジェクトに参画

リリース) ダイキン、経済産業省の国際協力の方針のもと、 タイ冷媒転換支援プロジェクトへ参画 タイの空調メーカーへ次世代冷媒HFC32に関する技術支援を開始 ダイキン工業株式会社は、タイ国内において空調機の冷媒転換を支援 […]...続きを読む »

CSR News Release

2015/04/27

持続可能性と戦略【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 企業と社会フォーラム(JFBS)は、2014年9月18日(木)~19日(金)の2日間、早稲田大学にて「持続可能性と戦略」を統一テーマとした第4 回年次大会を開催しま […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/26

「辺野古に基地はいらない」東京・渋谷でサウンドパレード

「基地建設が唯一の解決策ではない。暴力の対極は音楽だ」。沖縄・名護の辺野古で国が進める米軍新基地の建設に反対する「サウンドパレード」が26日午後、東京・渋谷で開催された。デモの先頭にはDJが乗った「サウンドカー」が登場。 […]...続きを読む »

NEWS

2015/04/25

社会貢献活動の棚卸し【世界を変えるCSV 戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) 私の前職の経営コンサルティング会社は、技術/イノベーション・マネジメント関連の仕事が多い職場でした。私が在職中は、特許の戦略的活用がちょっとしたブームになっていたこともあり、特許マネジメン […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/24

企業における人権教育のあり方【企業と社会の関係】

齊藤 紀子(企業と社会フォーラム(JFBS)事務局長) 人権課題への取り組みを企業活動に組み込んでいくことが求められている一方で、企業のCSR担当者はいま、経営層・中間管理職・新入社員など様々な役職員に対してそれをどのよ […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/23

「教育CSV」、キーワードは「途上国」と「ICT」【世界を変えるCSV 戦略】

水上 武彦(株式会社クレアン) 「教育」は、CSVの取り組みにおいて、ホットな社会的課題の一つです。現在の「教育CSV」においては、「ICT」と「途上国」が重要キーワードで、「ICT」関連では、製品・サービスのCSVがホ […]...続きを読む »

CSR monthly

2015/04/23

[映画評:うみ やま あひだ] 森から響くメッセージを受け止めた。 [三浦光仁]

映画「うみ やま あひだ」のプレミア上映会に参加してきました。この映画は写真家の宮澤正明さんの初映画作品で、1000年に及ぶ森と人との関係を伊勢神宮の式年遷宮を通して描き出すドキュメンタリーです。写真家としての目、アング […]...続きを読む »

alterna columnist

2015/04/23

エコキャップ寄付問題でワクチン支援団体「事業報告行なった」

「事業報告がなかった」「いや事業報告は行なった」。使用済みペットボトルのキャップをリサイクルした売却益が、主な目的であるワクチン寄付に使われなかった問題で、当事者である2つのNPO法人の主張は真っ向から対立している。(オ […]...続きを読む »

NEWS

Page 1 of 41234
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑