サステナビリティ

This tag is associated with 19 posts

2019/11/13

ソニー、収益性とサステナビリティを両立へ

■ソニーCSR担当常務ロングインタビュー㊦ 2018年4月に就任したソニーの吉田憲一郎社長は、新しい中期経営計画の中で「持続的な社会価値と高収益の創出」を経営方針として掲げた。CSR(企業の社会的責任)を価値創造の一貫と […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/10/25

化粧品のゲラン「2028年までにCO2排出量ゼロ」

化粧品大手ゲラン(本社フランス)がサステナビリティの取り組みを本格化させる。ローラン・ボワロ社長がこのほど来日し、都内で発表した。「2028年までにCO2排出量ゼロ」を掲げたほか、ユネスコと養蜂家を育成・支援するパートナ […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/11

KDDI、9つのテーマで SDGsを推進

KDDIは10月10日、初めてのSDGs説明会を開き、村本伸一専務が「SDGsと合致する企業理念」を紹介した。同社が取り組む社会課題としては「通信」「グローバル」「地方創生」「教育」「金融」「人財育成」「女性活躍推進」「 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/09

竹クラフトで持続可能な社会構築を目指す

2019年9月10日から18日まで、ハノイ市内の「国立ハノイ建築工科大学(NUCE)」と、タイン・ホア省の「LASUCO社」とベルギーのKU-Leuven大学との共同主催による、「竹に関する国際ワークショップ」が無事終了 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/09

持続可能経営の先駆者 米インターフェイス物語(下)

インターフェイスがサステナビリティ経営に邁進する中、環境に対する世間の意識も変化していった。その象徴の一つが、国連が2015年に採択したSDGs(持続可能な開発目標)だ。(オルタナ編集委員・岩下慶一) まさに、アンダーソ […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/10/07

「日越協働型のサスティナビリティ」とは

去る8月11日から17日まで、ベトナムのハノイ(日越大学)とタインホア省の企業(LASUCO-ラスコ社)で、持続可能な地域開発と企業の役割に関するフィールドワークが実施され、法政大学から6名、日越大学から11名の学生及び […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/01

持続可能経営の先駆者 米インターフェイス物語 (上)

米国アトランタに本拠を置くタイルカーペットメーカー、インターフェイス。1994年に地球に与える影響をゼロにする目標「ミッション・ゼロ」を掲げるなど、米国のサステナビリティ経営のトップランナーの一つだ。同社のエリン・ミーザ […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/09/27

水素閣僚会議2019、「Ten,Ten,Ten」 を議長声明

「水素閣僚会議2019」が9月25日、都内で開催され、各国政府代表者らが水素社会実現に向けての国際連携の強化を図った。会議は、水素の利活用をグローバルな規模で推進し、関係各国が連携を図るプラットフォームで、昨年世界で初め […]...続きを読む »

NEWS

2018/08/23

アナン元国連事務総長が世界に遺した二つの贈り物

コフィ・アナン元国連事務総長が8月18日、死去した。80歳だった。1997~2006年まで国連事務総長を務め、2001年には国連とともにノーベル平和賞を受賞した。そのアナン氏が世界に遺した大きな贈りものが二つある。(オル […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS

2018/03/08

サステナビリティとCSR/CSVの関係性を考える

《オルタナ編集長コラム》 最近、企業のCSR担当部署が「サステナビリティ(推進)部」などと名称変更するケースが増えてきました。もちろんそれ自体は悪いことではないのですが、サステナビリティとCSR/CSVの位置づけをしっか […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS

2018/02/21

永続企業の三大噺(さんだいばなし)~企業理念×CSR×サステナビリティ

[Sustainablebrands.comから転載] 【CSRブランディング最前線! 第22回】熱心なCSR部門の方から、「やっぱり、CSRは企業理念と関係が深いですね」「CSRをどう企業理念に紐づけるか」などという、 […]...続きを読む »

NEWS

2018/02/20

グリーンからソーシャルへ:持続可能な消費が企業に問うこと

[Sustainablebrands.comから転載] 【サステナビリティ 新潮流に学ぶ 第16回】大量生産・消費の社会は、地球環境問題を契機に、大きな変革を迫られています。成長第一主義で進んできた生産システムですが、消 […]...続きを読む »

NEWS

2017/11/24

サステナブルな水産起業家育成事業、第2期募集

Hub Tokyo(東京・目黒区、槌屋詩野代表取締役)とWWFジャパンは、持続可能な水産業を目指す起業家を支援する「OCEANチャレンジ」プログラムの第2期生を募集している。今回はメンターを増員し、第1期生との交流も図り […]...続きを読む »

NEWS

2017/03/15

編集長コラム)CSRとサステナビリティを巡る一考察

先日、ある雑誌のウェブサイトで、ある企業経営者への取材を元にした記事が掲載されました。内容は、CSRやサステナビリティについてです。ただ、読むと違和感があり、残念ながら昨今のCSRやサステナビリティの潮流とはかけ離れたも […]...続きを読む »

FEATURE STORIES Opinion SPECIAL CONTENTS

2016/12/08

トヨタ、次世代事業開発でオープンイノベーション開始

トヨタ自動車は7日、少子高齢化や過疎化など国内の社会課題に対応する次世代に向けたオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」を発表した。人を中心にしたモビリティーサービスの共同開発を目的に、事業規模に関わら […]...続きを読む »

NEWS

2016/12/05

お客様・従業員・株主・社会の「4S」への責任を果たす ――JT執行役員

Interviewee 永田亮子・日本たばこ産業執行役員CSR担当 Interviewer 森 摂・オルタナ編集長 JTグループはこの3年間で、サステナビリティ戦略を着実に進めてきた。サステナビリティレポートの改革に始ま […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/02

育児中・時短勤務の薬剤師だけが働く薬局、川崎に

  首都圏を中心に保険薬局を運営する薬樹(神奈川県大和市)は、同社で育児の短時間勤務制度を利用している薬剤師専用の薬局を神奈川県川崎市内にオープンした。子育てをしながら働きやすい職場環境をつくると同時に、薬剤師 […]...続きを読む »

NEWS

2016/10/25

女子の理工系進学に支援を―国際NPOが日本に呼びかけ

【ベルギー】 世界中で女子の理工系進学を奨励するNPOがある。その名は、「グリーンライト・フォー・ガールズ」(略称G4G、本部ブリュッセル)。2010年に設立され、P&G、シスコシステムズなど有数の企業が支援して […]...続きを読む »

NEWS

2016/10/07

サステナビリティをどうマーケティングに融合すべきか

―「顧客」の先にある「社会」と対話するブランディングとは何か。     サステナブル・ブランド ジャパン セミナー in 東京 開催! マーケティングは企業戦略の中核を担っているといえます。ただ、近年はマス広告の効果に陰 […]...続きを読む »

CSR News Release

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑