サステナビリティ

This tag is associated with 33 posts

2020/05/15

自然電力、北九州市に国内最大級の陸上風力発電所

自然電力(福岡市、磯野謙共同代表)は5月2日、北九州市の響灘沿岸部で出力5MW(メガワット)の風力発電所の商業運転を開始した。同社によると、事業用として陸上に建設される単独の風力発電設備としては、国内最大級という。(オル […]...続きを読む »

NEWS

2020/05/14

「SUS部員塾」「SDGs1日5分」を動画配信

このたび株式会社オルタナ(代表取締役社長・森 摂)とサステナブル・ラボ株式会社(代表取締役社長・平瀬錬司)は共同で、サステナビリティ(持続可能性)やSDGs(持続可能な開発目標)などに関するオンライン学習事業を始めました […]...続きを読む »

FEATURE STORIES SPECIAL CONTENTS

2020/05/11

「傘を捨てない」システム、ビニ傘の廃棄削減へ

東京都内や福岡市で傘のシェアリングサービス「アイカサ」を展開するネイチャー・イノベーション・グループ(東京・渋谷)は5月11日、雨具メーカーのサエラ(東京・港)と協働し、壊れにくく修理可能な傘にリニューアルすることを発表 […]...続きを読む »

NEWS

2020/05/06

新型コロナで注目されるプロスポーツの社会貢献

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、多くのプロスポーツ選手やチームが独自の手法でファンやコミュニティをエンパワーメント(力を与える)している。プロ野球団の横浜DeNAベイスターズが行った「ベイマグロ皿」のフー […]...続きを読む »

NEWS

2020/05/06

新型コロナ、医療・介護機関に夜食を無償提供

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、法人向け弁当宅配サービス「シャショクラブ」を運営するRETRY(東京・港)は5月1日から10日まで、医療・介護従事者に夜食を無償で提供する。対象は、2020年3月までにシャショクラ […]...続きを読む »

NEWS

2020/04/27

離島の水際対策に奮闘「いまは来ないで」

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、十分な医療設備が整備されていない離島の水際対策は必死だ。長崎県の壱岐島や 北海道の利尻島など、離島でも感染が広まりつつある。そうしたなか、瀬戸内海東部に位置する豊島(てしま、香川県 […]...続きを読む »

NEWS

2020/04/20

韓国、「2050年までにカーボン実質ゼロ」表明

韓国が東アジアで初めて2050年までに温室効果ガスの「ネット・ゼロ」(カーボン排出量実質ゼロ)を目指すことを表明した。気候変動問題の専門ニュースサイト「クライメート・ホーム・ニュース」(本社ロンドン)が報じた。日本では東 […]...続きを読む »

NEWS

2020/04/16

ジボダン、新型コロナで手指消毒剤60トン寄付へ

世界的な香料メーカーのジボダン(本社スイス)は、新型コロナウイルス対策のため、手指消毒剤60トン(標準的な容器70万本に相当)以上を今後2週間で生産し、各国で寄付する。そのための専用生産ラインをスイス・ジュネーブ郊外のヴ […]...続きを読む »

NEWS

2020/04/08

聴覚障がい者ら「コロナ会見で手話通訳を放映して」

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が7日、7都道府県を対象に発令された。状況が刻々と変化するなか、政府や各都道府県が実施する会見の内容が、聴覚障がい者を含むコミュニケーションに困難を抱える人に行き […]...続きを読む »

NEWS

2020/03/11

「サステナビリティ部員塾」これまでの受講者の感想

株式会社オルタナが主催する「サステナビリティ部員塾」(CSR部員塾から改称)は4月22日、第16期を開講します。2011年の第1期以来、300社600人の方に受講して頂いています。 なぜサステナビリティ経営が大事なのか。 […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS

2020/02/12

自動車産業が挑むサステナビリティ

■オルタナ本誌59号 モビリティの未来から あるドイツメーカーの日本法人社長と懇談したとき、欧州ではどのくらい熱心に気候変動に取り組んでいるのか議論した。 彼曰く、企業としてはパリ協定の気候変動課題とSDGsで定めた貧困 […]...続きを読む »

NEWS

2020/01/08

変化が必要な現在、社史は価値創造へ(中畑 陽一)

これまで社史の役割の重要性や、社史を重視する資生堂の事例に触れてきましたが。最後にさらに踏み込み、社史とサステナビリティーとのつながり、その向こうに見える社史の新たなる地平について、可能性を探ってみたいと思います。 「価 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2020/01/07

文明論としてのSDGs (笹谷 秀光)

2020年はいよいよSDGs五輪イヤー。「文明論としてのSDGs」を考えたい。令和では「持続可能性」が企業経営にとって最も重要な価値観になった。持続可能性の世界共通言語がSDGsである。SDGsは突き詰めると文明論である […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/12/27

フォルクスワーゲン、持続可能性とパーパスが両輪

■オルタナ本誌59号 トップインタビューから 9月の独フランクフルトモーターショーでは、大手各社はこぞってEV(電気自動車)化への意欲を鮮明にした。新型EV「ID.3」を主力車に育てたい独フォルクスワーゲン(VW)グルー […]...続きを読む »

NEWS

2019/11/13

ソニー、収益性とサステナビリティを両立へ

■ソニーCSR担当常務ロングインタビュー㊦ 2018年4月に就任したソニーの吉田憲一郎社長は、新しい中期経営計画の中で「持続的な社会価値と高収益の創出」を経営方針として掲げた。CSR(企業の社会的責任)を価値創造の一貫と […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/10/25

化粧品のゲラン「2028年までにCO2排出量ゼロ」

化粧品大手ゲラン(本社フランス)がサステナビリティの取り組みを本格化させる。ローラン・ボワロ社長がこのほど来日し、都内で発表した。「2028年までにCO2排出量ゼロ」を掲げたほか、ユネスコと養蜂家を育成・支援するパートナ […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/11

KDDI、9つのテーマで SDGsを推進

KDDIは10月10日、初めてのSDGs説明会を開き、村本伸一専務が「SDGsと合致する企業理念」を紹介した。同社が取り組む社会課題としては「通信」「グローバル」「地方創生」「教育」「金融」「人財育成」「女性活躍推進」「 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/09

竹クラフトで持続可能な社会構築を目指す

2019年9月10日から18日まで、ハノイ市内の「国立ハノイ建築工科大学(NUCE)」と、タイン・ホア省の「LASUCO社」とベルギーのKU-Leuven大学との共同主催による、「竹に関する国際ワークショップ」が無事終了 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/09

持続可能経営の先駆者 米インターフェイス物語(下)

インターフェイスがサステナビリティ経営に邁進する中、環境に対する世間の意識も変化していった。その象徴の一つが、国連が2015年に採択したSDGs(持続可能な開発目標)だ。(オルタナ編集委員・岩下慶一) まさに、アンダーソ […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/10/07

「日越協働型のサスティナビリティ」とは

去る8月11日から17日まで、ベトナムのハノイ(日越大学)とタインホア省の企業(LASUCO-ラスコ社)で、持続可能な地域開発と企業の役割に関するフィールドワークが実施され、法政大学から6名、日越大学から11名の学生及び […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

Page 1 of 212

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑