サステナブル・ビジネス・マガジン

月: 2010年11月

no image

日本農業、復活のカギは「有機」に

有機農家には経済的な不満が少なく、後継者も育っている――。NPO「IFOAMジャパン」は、2006年の有機農業推進法の制定以来初となるオーガニック・マーケット(有機農産物の市場)の実態調査を行い、今年

NEWS
no image

環境活動、寄付でもポイント獲得

地上デジタル放送開始に伴い話題に上ることが多いエコポイント。対象商品は省エネ型の冷蔵庫、エアコン、テレビである。エコポイントとは別に、「エコ・アクション・ポイント」があるのはご存じだろうか。飲食料品、

NEWS
no image

日本財団が「CSR格付け」発表

日本財団は10月27日、企業のCSR(企業の社会的責任)活動を格付けする2010年の「世界に誇る日本のCSR先進企業実態調査」の結果を発表した。日本企業のCSR活動の推進をうながすことが目的で、昨年に

NEWS
no image

CO2を6割減のスマートオフィス

清水建設は10月27日、同社の技術研究所(東京都江東区)内に、CO2削減と快適性を追求した、次世代型超環境オフィスを作ったと発表した。同社の開発したエネルギー制御システム「シミズ・スマートBEMS」で

NEWS
no image

日本がベトナム原発受注 安全性は

ベトナムのハノイで10月31日、菅直人首相とベトナムのズン首相が会談し、発電用原子炉2基の建設を日本が受注することで合意した。ロシアや韓国など各国との競争が厳しい原発輸出市場で、初の受注獲得に自信を深

NEWS
no image

中間選挙結果、環境政策にも影響か

米国で中間選挙が11月2日に行われ、オバマ政権を支える民主党が下院で歴史的敗北を喫する一方、野党の共和党が改選前から議席を60以上増やして過半数を獲得した。オバマ政権が掲げる改革路線は修正を迫られ、環

NEWS
no image

日本初、横浜市がスマートシティ実験へ

横浜市は11月2日、地域全体や一般家庭、業務用ビルなど向けの各種エネルギー管理システムの運用を通じて二酸化炭素(CO2)の大幅な排出削減を目指す「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」の実証展示

NEWS
no image

COP10、議定書採択し閉幕

国連生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10=名古屋会議)は10月30日、微生物など遺伝資源の利用と利益配分を定めた「名古屋議定書」、生態系保全の国際目標「愛知ターゲット」の採択、生態系保全基金

NEWS
no image

事業仕分け、環境関連10事業圧縮

政府の行政刷新会議は10月29日、特別会計(特会)を対象にした「事業仕分け第3弾」の3日目で「エネルギー」「環境分野」の作業を行った。エネルギー対策特会では原子力関連事業を含む12事業を討議。10事業

NEWS
no image

「グリーン挙式」を支援するサイト

環境情報サイト「環境goo」を運営するNTTレゾナントは11月1日、エン・ジャパンとの共同で、環境負荷の低い結婚式を支援するサイト「gooグリーンウエディング」をオープンした。結婚式場の情報サイトを運

NEWS
no image

丸紅、チリで2度目の水事業買収

丸紅は11月1日、官民出資ファンドの産業革新機構と共同で、南米チリの水事業大手、アグアス・ヌエヴァ社を買収すると発表した。同社は水ビジネスでチリ第3位の規模を有し、買収総額は約400億円。 アグアス・

NEWS
no image

総務省、「環境自動車税」構想示す

総務省は11月2日、現在の自動車重量税と自動車税を一本化する新たな「環境自動車税」の構想を示した。自動車が排出するCO2と税額を連動させるのが狙いだが、小型自動車は減税となる一方で軽自動車は増税される

NEWS
no image

「脱・使い捨て」テーマにパネル展

2002年に「脱・使い捨て社会」プロジェクトを開始した国際環境NGO「FoE Japan」は、11月11日までパネル展「しくみを作れば、ごみは減る!~脱・使い捨て社会をめざそう」を東京・丸の内の「丸の

NEWS
no image

充電型電池「エネループ」が5周年

三洋電機の充電型電池「エネループ」が、今月で発売5周年を迎えた。エネループは充電して繰り返し使えるニッケル水素電池。1500回使える従来品に加えて、6月には2000回使える低容量の「エネループ ライト

NEWS