サステナブル・ビジネス・マガジン「オルタナ」

月: 2012年9月

記事一覧

no image

原発ゼロ「後退」、19分の会議で決まる

政府のエネルギー・環境会議で、2030年代の原発ゼロを目指すなどとする新たなエネルギー戦略を決定した14日の会議の議事録が、このほど公開された。形式的な意味合いが強いとされる同会議だが、国民的議論で大

NEWS
no image

オスプレイ報告書、安全対策は米国頼み

米海兵隊の新型輸送機オスプレイが、早ければ28日にも普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されそうな気配だが、事故への不安は払しょくされていない。 沖縄県の仲井真弘多知事は25日、藤村修官房長官と会談し

NEWS
no image

未就学児の母親「内部被ばく心配」約9割

パルシステム生活協同組合連合会は25日、20代から50代の主婦1千人を対象に実施した家族の食卓に関するアンケート調査の結果を発表した。未就学児を持つ母親で、国の基準値を下回る放射性物質が検出された食品

NEWS
no image

災害時電源にEV 京都府、三菱自ほかと協定

京都府と三菱自動車工業ほか4社はこのほど、府内で大規模災害が発生した際の応急対応などに使用する電源として、府が4社にEV(電気自動車)と給電装置の無償貸与を要請できる協定を締結した。 無償貸与の対象と

NEWS
no image

ワタミグループ集中労働相談、30日に

ワタミグループで働く正社員、アルバイト、管理職ら約5千7百人を対象に、労働問題全般を受け付ける集中相談が9月30日(日)に都内で実施される。全国一般東京東部労組ら3団体による共催。 ワタミグループ傘下

NEWS
no image

米SEC、鉱物資源使用の報告義務化

米証券取引委員会(SEC)は8月、紛争地域で産出された鉱物資源の使用を企業が報告するルールを正式に決めた。米国に株式を上場する企業は2014年からルールにのっとった報告が求められる。産業界の反発もあっ

NEWS
no image

風呂文化研究会「運動疲れ解消に入浴を」

東京ガス、パナソニックなど10社が加盟する風呂文化研究会は20日、入浴について学ぶことを通して生涯にわたる健康増進を図る「浴育」の取り組みとして、小冊子「浴育のすすめ」の最新号「運動とお風呂のいい関係

NEWS
no image

30年原発比率、ゼロから15%に「後退」

国民的議論で示された「原発ゼロ」は、反故にされたのか。14日に新しいエネルギー戦略=「革新的エネルギー・環境戦略」が決定してから初めて開かれた、18日夜の政府の総合資源エネルギー調査会・基本問題委員会

NEWS
no image

日米共同でスマートグリッドの実証運転へ

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と東芝、京セラなど11社は18日、米ニューメキシコ州政府らと共同で行う日米スマートグリッド実証プロジェクトの内、ロスアラモス群の実証設備がこのほど完成し、

NEWS
no image

ISEP「脱原発の立法と工程策定を」

ISEP(NPO環境エネルギー政策研究所)は17日、政府が14日に示した新たなエネルギー戦略について「核燃料サイクルの議論を先送りしたまま、明確に『原発ゼロ』の実現時期や方法を示していないのは大きな問

NEWS
no image

阿部市長へ意見、今週360件 抗議大半

川崎市の阿部孝夫市長が4日の会見で、放射性セシウムが検出された食材を同市の小学校給食で使うことについて「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事」と発言したが、これに対して同市窓口に寄せ

NEWS
no image

「学校給食の食材は放射能検査を」9割に

パルシステム生活協同組合連合会は13日、小学校に通う子供がいる30才から49才までの母親1千人を対象に行った、学校給食に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、学校給食の食材は放射能検査を

NEWS