2019/10

2019/10/31

邦銀に石炭火力の融資拒否求め2万人以上が署名

国際環境NGOの350.org Japan(東京・新宿)は、邦銀4行にベトナム石炭火力発電事業への融資をしないよう求めるオンライン署名に2万200人以上(10月31日現在)が賛同したことを明らかにした。今回のオンライン署 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/30

地球温暖化とスポーツの社会的責任

〜「よくもそんなことを」にスポーツ界はどう応えるべきか〜 先月末の国連気候行動サミット登壇したスウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリさんの怒りの言葉が世界を騒がせてから、一か月も経たないうちに、日本は未曽有の巨 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/30

台風と地球温暖化 ~危機の根本原因に目を向ける~

近年の台風や豪雨は、日本各地に甚大な被害をもたらしています。今月のスーパー台風・台風19号では、交通網、住宅、工場、農業などビジネスに破滅的な被害がありました。農林水産関係だけでも、被害総額は1000億円以上。86人にの […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/30

気付かれにくい障害、災害時に配慮すべきこととは

先日台風19号が各地に大きな被害をもたらしました。大雨による河川の氾濫の可能性から早めの避難をした方も多くいましたが、障害があることで、避難が難しかった方もいらっしゃったことでしょう。今回は特に気付かれにくい障害として、 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/30

なぜアマゾンの森は燃えているのか?

私たちエムズシステムは創業以来19年間、アマゾンの森を守るNGOレインフォレスト・ジャパンを支援させて頂いています。 連日報道されているアマゾンの森の火災と焼失に、怒り、憤り、という感情よりもなぜか「悲しさ」が心に広がっ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/29

人間の安全保障に生きた「小さな巨人」緒方さん

確か1993年だったと思う。日本経済新聞の国連担当だった私はニューヨークの国連ビルの前を歩いていた。ふと前を見ると緒方さんがいる。 防弾チョッキ姿でサラエボ空港に降り立った勇姿とは違い物腰の柔らかい古風な日本女性といった […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/29

くら寿司、未利用部位をエサに

■オルタナ本誌58号「漁業トピックス」から 回転寿司チェーンの「くら寿司」は、寿司ネタにならない部位のすり身を練り天やコロッケに加工する従来の事業に加えて、2018年には、年間約600トン発生していた骨やアラを魚粉にする […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/29

7年目を迎えた伊藤忠建材のブナの森づくり

日本初の建材専門商社の伊藤忠建材株式会社は、2013年に長野県下高井郡木島平村と「森林(もり)里親」協定を締結し、カヤの平高原でブナ森づくり活動を続けている。2019年9月には3期目の協定を締結し、7年目の森づくり活動に […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/28

「経団連の気候危機対策は後ろ向き」NGO指摘

経団連が発表した「サステナブル・ファイナンスをめぐる動向に対する課題認識」を受けて、国際環境NGO350.orgは10月24日、「後ろ向き」との声明を出した。特に化石燃料の利用に関して経団連がダイベストメントの動きなどを […]...続きを読む »

FEATURE STORIES SPECIAL CONTENTS

2019/10/25

化粧品のゲラン「2028年までにCO2排出量ゼロ」

化粧品大手ゲラン(本社フランス)がサステナビリティの取り組みを本格化させる。ローラン・ボワロ社長がこのほど来日し、都内で発表した。「2028年までにCO2排出量ゼロ」を掲げたほか、ユネスコと養蜂家を育成・支援するパートナ […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/25

盗伐がむしばむ日本林業の価値(田中 淳夫)

「森を守れ」が森を殺す 42 ここ数年、宮崎県では「無断伐採」が頻発している。他人の山を所有者の了解なしに伐採してしまう行為だ。 地籍調査を終えた杭が明確にある山でも発生しているから誤伐ではない。 伐採届の記載は30坪の […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/24

食ロス削減、自治体と大手小売り・外食が共同宣言

イオン、セブン&アイ・フードシステムズ、ワタミの3社は10月23日、食品ロスの削減を目指し、全国408の自治体が参加する「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」と共同宣言を出した。10月1日には「食品ロス削減の推進 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/24

自然なカロリーゼロ、羅漢果で甘味料――サラヤ

「衛生」「環境」「健康」を軸に事業を展開するサラヤ(大阪市)は1995年、日本で初めてカロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」を発売した。経済成長とともに生活習慣病患者が増えるなか、糖尿病を防ぐために「砂糖に代わる」甘味料 […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/10/23

原田勝広の視点焦点:「妊婦さん、私が席を譲ります」

性悪説は、中国の筍子が「人の性は悪なり」と唱えたことによるとか。紀元前3世紀ころのお話です。 一方の性善説は孟子です。どちらが正しいのでしょうか。私自身は善人と悪人がいるのではなくひとりの人間の中に善と悪が内在しているの […]...続きを読む »

SPECIAL CONTENTS

2019/10/23

2019/10/23

ソニーが新たに「パーパス」(存在意義)を掲げた理由

■ソニーCSR担当常務ロングインタビュー㊤ ソニーがESG経営に大きく舵を切った。「環境」「社会」「企業統治」それぞれの分野において、長期的な視点で社会的価値の創出を目指すとともに、社員や株主の期待にも応える戦略だ。同社 […]...続きを読む »

FEATURE STORIES

2019/10/23

地元材・自然素材にこだわるビオホテル

日本で初めてBIO HOTEL認証を受けた長野県安曇野にある八寿恵荘では、地元池田町や長野県で取れた8種類の木材を使っている。床材には、池田町産のアカマツを、外壁・天井材には長野県産のスギを使用している。小さな木材を接着 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/21

ホワイト物流、家電・食品業界など277社が賛同

輸送の生産性と働きやすさの改善を目指す「ホワイト物流」推進運動が、2019年4月のスタート以来、広がりを見せている。物流業界だけでなく、荷主の家電、食品業界など277社が賛同し、物流の構造的改革・改善に着手した。(編集委 […]...続きを読む »

NEWS

2019/10/21

ラグビー日本、「ダイバーシティ精神」見せてくれた

第9回ラグビー・ワールドカップ準々決勝で、日本は南アフリカに3-26で敗れたものの、1次リーグは4連勝で突破した。10年前に日本開催が決まり、「開催国としてせめての1勝ができるだろうか」と心配していた時に比べると、日本代 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/10/19

東京港で営巣中のヒアリを発見駆除(坂本 優)

私たちに身近な生物多様性(34) [坂本 優] 2年ほど前、テレビなどでも大きく取り上げられ、その危険性が報道喧伝された、南米原産で世界各地に広がっている特定外来生物、ヒアリについて、水際での調査防除等は、現在も継続して […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

Page 1 of 3123

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑